小平忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小平 忠(こだいら ただし、1915年8月1日 - 2000年12月3日[1])は、日本政治家衆議院議員(11期)。正三位勲一等北海道空知郡栗沢町(現・岩見沢市)出身。民主党衆議院議員で、野田内閣 (第3次改造)国家公安委員長を務めた小平忠正は実子。

来歴・人物[編集]

現在の岩見沢市栗沢町茂世丑地区で、戊辰戦争に敗れ北海道に開拓に入った貧しい家庭に生まれた。

1941年日本大学経済科を卒業後、出征し南方戦線より帰還した。その後、郷里の北海道へ戻り、北海道農協中央会専務理事を経て、1949年農民新党公認で第24回衆議院議員総選挙北海道第4区より立候補し初当選。以後通算当選11回。農民協同党協同党右派社会党日本社会党を経て民社党の結成に参加。この間、民社党副委員長、民社党国会議員団長、民社党常任顧問等を歴任し、民社党の金庫番と言われた。1986年第38回衆議院議員総選挙衆参同日選挙)で落選し、政界から引退(同区で自民党木曜クラブ新人で後に経世会旗揚げ参加し新党さきがけ結成する)鳩山由紀夫が初当選。息子の忠正に地盤を譲った。忠正は1990年第39回衆議院議員総選挙で民社党公認で初当選し1993年第40回衆議院議員総選挙で民社党公認で再選し党議拘束に基き総理大臣指名選挙支持した細川護熙を首班とする政治改革政権で鳩山は官房副長官就任。1994年6月自社さ連立政権発足し鳩山は与党幹事長で忠正は野党の一員となり12月民社党解党、新進党結党や民社協会結成参加し新進党北海道連副会長として党勢拡大に尽力していたが1995年9月離党し鳩山と協力関係に。

鳩山が北海道9区、忠正が北海道10区で2回連続小選挙区勝利して半年足らずの2000年12月3日急性肺炎のため85歳で死去。著書に『農業団体統合論』がある。

脚注[編集]