鹿熊安正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鹿熊 安正(かくま やすまさ、1927年昭和2年)1月9日 - )は、日本政治家。元・富山県議会議員、同議長[1]。元・自由民主党参議院議員(2期)。安倍派[1]。元・県スキー連盟会長[1]。元・小川温泉社長[1]

人物[編集]

富山県下新川郡山崎村(現・朝日町)出身[2]東京農業大学卒業[1]

政治履歴[編集]

家族・親族[編集]

父は富山県会議長を務めた鹿熊久安[2][3]。富山県議会議員の鹿熊正一や、小川温泉社長の鹿熊裕二は息子。魚津市議会議員を務めた長勢甚正は姉の夫[2]。衆議院議員で元法務大臣長勢甚遠は甥。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『政治家人名事典』130頁。
  2. ^ a b c 『人事興信録 第14版 上』カ42頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年2月5日閲覧。
  3. ^ 鹿熊 久安とはコトバンク。2017年2月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第14版上』人事興信所、1943年。
  • 『政治家人名事典』日外アソシエーツ、1990年。
議会
先代:
新設
日本の旗 参議院労働・社会政策委員長
1998年
次代:
吉岡吉典