鹿熊久安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鹿熊 久安(かくま ひさやす、1882年明治15年)8月17日[1] - 1944年昭和19年)3月1日[1])は、日本実業家政治家富山県会議員、同議長。富山県下新川郡山崎村長[2]新小川温泉社長[2]。泊銀行頭取[3]高岡銀行監査役[2]。富山県農会長[2]農業[4]。参議院議員や富山県議会議長を務めた鹿熊安正の父。富山県議会議長を務めた鹿熊正一の祖父。

人物[編集]

富山県下新川郡山崎村(現・朝日町)出身[1]。鹿熊勘右衛門の三男[2][3]1898年家督を相続した[2]日露戦役に出征し功七級金鵄勲章を賜った[3]

県森林組合連合会長、県農会長などを務めた[1]。村長として機械の導入や用水発電、産業組合の結成など近代化策を進めた[5]。宗教は真宗[2]

家族・親族[編集]

鹿熊家

富山県下新川郡山崎村[2]

  • 父・勘右衛門[2]
  • 妻・ともい(富山、野崎吉郎の二女)[2]
1889年 -
  • 男・安正[2](政治家)
1927年 -
  • 二女・しか(富山、森丘一雄の妻)[2]
1902年 -
  • 三女・まつゑ(富山、細川政之助の妻)[2][6]
1907年 -
1912年 -
1914年 -
  • 七女・登代(富山、長勢甚正の妻)[2]
1919年 - 2008年
1923年 -
1925年 -
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 鹿熊 久安とはコトバンク。2017年2月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『人事興信録 第14版 上』カ42頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年2月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録 第11版 上』カ52頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年2月3日閲覧。
  4. ^ 『富山県壱万円以上実業家資産名鑑と銀行会社便覧 大正11年7月現在』71頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年2月6日閲覧。
  5. ^ 『富山大百科事典』北日本新聞社、1994年。
  6. ^ a b 『人事興信録 第13版 下』ホ6頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 北日本実業奨励会編『富山県壱万円以上実業家資産名鑑と銀行会社便覧 大正11年7月現在』若越書院、1922年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 上』人事興信所、1937-1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。