島田孝之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
島田孝之

島田 孝之(しまだ たかゆき、嘉永3年5月3日1850年6月12日) - 明治40年(1907年1月15日)は、日本の衆議院議員立憲改進党)、実業家。字は維則、号は克堂・湘洲・鴎東など。

経歴[編集]

越中国礪波郡島新村(現在の富山県高岡市)出身。明治8年(1875年)に新川県教務監督となるが、翌年に新川県が石川県に吸収されて廃県になると、県令山田秀典の新たな赴任先の青森県に随行し、野辺地警察署長に就任した。明治14年(1881年)に辞任して郷里に帰り、自由民権運動に参加し、北辰社を結成した。翌年、北辰社は他の結社と合同して越中改進党となり、幹事の島田は石川県会議員に選出された。明治16年(1883年)に富山県が置かれると、富山県会議員となり、3期務めた。明治19年(1886年)には議長に就任し、改進党の機関紙『北辰雑誌』を発行している。

1890年第1回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、4期務めた。他に中越鉄道社長、農工銀行頭取、富山日報社長を歴任した[1]

著書[編集]

  • 薄游小稿
  • 湘洲詩鈔

脚注[編集]

  1. ^ 『新富山県』p.383

参考文献[編集]

  • 富山県統計課 『新富山県』、1931年
  • 三松隠士 『帝国議会衆議院議員列伝 第壱巻』 公同舘、1890年
  • 木戸照陽 『日本帝国国会議員正伝』 田中宋栄堂、1890年