辛光洙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シン・グヮンス
辛 光洙
신광수
生誕 (1929-06-27) 1929年6月27日(92歳)
日本の旗 静岡県浜名郡新居町
別名坂本(さかもと)
立山 富蔵(たてやま とみぞう)
辛 洙光(シン・スグァン)
洪 万植(ホン・マンシク)
黄 万植(ファン・マンシク)
廬 在烈(ロ・ジェヨル)[1]
出身校ブカレスト工科大学機械学部
罪名日本人を拉致し、そのパスポートで韓国に入国し、韓国で工作活動
刑罰死刑。のち無期懲役に減刑。1999年に恩赦で釈放

辛 光洙(シン・グヮンス、1929年6月27日 - )は、韓国政治犯日本人拉致に関わった北朝鮮工作員。通称「坂本(さかもと)」[1]。1978年、福井県に住む若い男女地村保志と妻の富貴恵を拉致した実行犯で、1980年には原敕晁を拉致して彼の戸籍を横領し、「原敕晁」名義の運転免許証や旅券を取得して彼になりすまし、日本や韓国で工作活動をつづけた[1]

人物[編集]

1929年昭和4年)、静岡県浜名郡新居町(現・湖西市)生まれ[1]。幼少期の日本名は「立山 富蔵」(たてやま とみぞう)。父は土木作業員だった辛チョンダル、母は徐ミョンダムで、五男二女の五男として生まれた[1]。のちに兵庫県尼崎市に一家で移り、立花第一尋常小学校に入学、小学校3年生のとき富山県高岡市に移り、高岡市立下関国民学校に転校した[1]。国民学校から高等国民学校に進み、卒業後の1943年に高岡工芸学校(現在の高岡工芸高校)機械科に入学した[1]

1945年8月の太平洋戦争終結後、高岡工芸学校を中退して日本を離れ、慶尚北道浦項市鶴山洞に定住し、浦項中学校に編入された[1]。浦項中学では左翼運動にかかわったとして指名手配され、兄を頼ってソウルに逃走、ソウルでは旧制普成中学校への編入が許可された[1]1950年朝鮮戦争の勃発で北朝鮮義勇軍に志願入隊、前線の戦闘に参加した[1]。1952年には朝鮮労働党への入党が許可され、53年には勲功メダルを授与された[1]1954年ブカレスト工科大学予科入学、1960年には機械工学部を卒業して、機械技師資格を取得して北朝鮮に帰国した[1]日本語英語朝鮮語ロシア語の4ヶ国語を話す。1960年から1971年までエリートエンジニアとして朝鮮科学院で研究生活を送った[1]。その間、1度結婚したが、その妻とは死別し、その後、李元求(リ・ウォング)と結婚して一男三女をもうけた[1]。1971年、朝鮮労働党の命により工作員となった[1]

1973年元山港から工作船で能登半島に不法入国し、大阪方面、長野県、ついで東京在日朝鮮人で子連れの寡婦だった朴春仙(パク・チュンソン)の家で暮らし始めた[1][2]。この時の辛の生活は石高健次1994年頃、朴から聞いている。朴によると辛は2階の1室を借りて住みこんだ。しかし来客を嫌い、2階の部屋に閉じこもるほど、工作活動の漏洩には注意していた。外出して書籍を買ってくる時は決まって日本政府の白書(主に防衛軍事関係)だった。北朝鮮への郵送物は自分では行かず、朴が代わりに行くことが多かったが、絶対に「東京国際郵便局に行ってくれ。近所の郵便局ではだめだ」と話していたという。石高が朴からこれらのことを聞くことができたのは、朴からの依頼であり、「私がかつてスパイ(=辛)と暮らしていたから」と話を切り出したという。辛はのちに朴に対し自分が工作員である旨を話しているが、朴は土台人ではなく、本人は知らぬ間に協力させられていたのである。1974年秋、朴は辛の子どもも身ごもったが、最終的に出産を断念した[3]。傷心の朴を辛は北陸方面への旅行に誘った[3]。辛は滑川市の海岸で1時間半くらい調べごとをし、朴は東京に帰されたので日帰り旅行となった[3]。その2、3か月後、今度は九州旅行に誘われ、宮崎市の海岸まで出かけたが、いつもは受信ばかりなのに、今回は朝鮮語で発信もしていた[4]1975年も後半になると、辛光洙は出張の方が多くなって家を空けることが多くなった[5]1976年2月、辛光洙は家を出て北朝鮮に3年ほど帰ることを春仙に告げた[5]。そして、大阪での工作活動をおこない、それが一段落した1976年8月、以前春仙と行った滑川の海岸から北朝鮮に密出国した[1][5]。ここまでが第1回目の浸透であった[1]

平壌に召喚された彼は、1976年9月下旬から12月まで平壌直轄市龍城区域の龍城5号招待所に密閉収容されて政治学習などを行い、1977年1月からの半年間は工作員養成機関である金星政治軍事大学の外国語班で外国語習得を行った[1]。その後、万景台区域に移り、半年間、政治思想と通信技術、化学暗書法などの再教育を受け、さらに、78年から79年にかけては日本人化の再教育を受けた[1]。そして、1980年2月には2度目の浸透工作のため、日本に再派遣された[1]。再派遣に際して、金正日朝鮮労働党書記は、直接辛光洙に対し「日本人を拉致して北に連行し、日本人として完全に変身した後、対韓国工作活動を続けよ」との指示を下した[1][6]

辛光洙事件の被害者である原敕晁は、在日朝鮮人李三俊(星山俊夫)が経営する大阪市生野区鶴橋中華料理店「宝海楼」にコックとして働いていた[6][7]。辛光洙は、1973年(昭和48年)に日本に密入国して以来、何度も北朝鮮との間を往復し、在日朝鮮人を工作員として組織する一方、韓国についての情報を集めるなどの職務に就いていた[6]。辛は李三俊に、未婚で親類縁者がなく、日本のパスポートを一度も発給されたことがなく、前科もなくて顔写真や指紋が当局にとられていない、また、借金や銀行預金がなく、長期間行方不明になっても騒がれる心配がない、45歳から50歳くらいの日本人男性を探せという指示を出した[6]

李三俊は、自身が経営する鶴橋・千日前通の「宝海楼」の従業員原敕晁に目をつけた[6][7]。原が独身で身寄りがないと思われていたからであった[6]。李三俊は原に「いつまでもこの仕事ではきついだろう。知り合いに事務職を募集している会社があるから、そちらに行ってみてはどうか」と持ちかけ、貿易会社の社員になることを勧めた[6]。こうして「貿易会社」による原敕晁の面接がおこなわれることになったが、貿易会社の重役として辛光洙らとともに臨んだのが大阪朝鮮初級学校元校長の金吉旭であった[8]。金吉旭自身は、日本人で45歳から50歳くらいの男性と20歳くらいの女性の拉致を命じられていた。

そして、1980年6月、宮崎県青島海岸で、日本人原敕晁を李三俊・金吉旭らと共謀して拉致、同人になりすまして海外渡航を繰り返した。1985年ソウル特別市内で韓国当局に逮捕され、その取り調べによって辛は日本人を拉致したこと、その拉致した日本人に「背乗り」(はいのり)、つまり成りすまして工作活動を行ってきたことを自供した。韓国の裁判所はこれを事実として有罪判決を下した[9]

逮捕に至った手がかりは、辛光洙が日本で利用していた土台人のネットワークを構成する者が、辛光洙のことを日韓の公安当局に通報したことによる[注釈 1]。当初は死刑判決を受けたが、後に無期懲役に減刑。1999年12月31日金大中大統領によるミレニアム恩赦釈放され、2000年9月2日、「非転向長期囚」として北朝鮮に送還された[9]。北朝鮮では、英雄として辛の記念切手が販売されている。

2005年12月30日、先に述べた調理師以外にも、現在帰国している一部の被害者や、新潟県新潟市で拉致された13歳の横田めぐみ等の拉致に、辛光洙と「朴」と名乗っていたチェ・スンチョルが実行犯として関わっていたことが明らかにされた。警視庁公安部2006年2月23日福井県小浜市から地村保志と妻の富貴恵を北朝鮮に連れ去った(1978年7月)ほか、原敕晁(ただあき)を拉致した(1980年6月)として、国外移送目的略取国外移送の容疑で、再度逮捕状を取得、同3月3日、重ねて辛光洙をICPOを通じて国際指名手配し、北朝鮮に対し所在の確認と身柄の引き渡しを要求している。2016年7月25日に放送された朝鮮中央テレビの映像でおよそ8年ぶりに辛光洙とみられる人物の姿が確認された。

経歴[編集]

  • 1929年6月27日 5男2女の兄弟の5男として静岡県浜名郡新居町に生まれる
  • 1936年4月 尼崎市立立花第一尋常小学校に入学
  • 1938年12月 高岡市立下関国民学校に転校
  • 1942年4月 同校高等部に進学
  • 1943年4月 高岡工芸高校機械科に進学
  • 1945年10月 慶尚北道浦項市に転居
  • 1950年7月 朝鮮戦争の勃発で北朝鮮義勇軍に入隊(28年除隊)
  • 1952年5月 朝鮮労働党入党
  • 1954年9月 ルーマニア・ブカレスト工業大学予科に入学
  • 1955年9月 同大学機械学部に進学(35年8月卒業)
  • 1960年10月 北朝鮮に帰国、科学院機械工学研究所研究員
  • 1962年4月 李元求と結婚
  • 1971年2月頃 対南工作員に選抜、以後1973年6月下旬まで清津市内の招待状で政治思想学習・通信技術教育・工作実務教育を受ける
  • 1973年7月4日 石川県鳳至郡の海岸から日本に浸透、工作活動に従事
  • 1976年9月 富山県滑川市の海岸から脱出、北朝鮮に戻る
  • 1976年9月下旬 - 12月下旬 龍城5号招待所で政治思想学習などの教育を受ける
  • 1977年1月 - 6月 龍城区域にある金星政治軍事大学で外国語班課程で教育を受ける
  • 1977年7月 - 12月 平壌市万景台区域の万景台4号招待所で工作実務教育を受ける
  • 1978年1月 - 1980年2月 龍城5号招待所で日本人化のための教育を受ける
  • 1980年4月 宮崎県日向市から浸透、工作活動に従事
  • 1980年6月 宮崎県青島海岸から原敕晁を拉致、同行して北朝鮮に戻る
  • 1980年6月 - 11月 龍城区域の龍城1号招待所で政治思想、日本人化などの教育を受ける
  • 1980年11月 宮崎県青島海岸から浸透、工作活動に従事
  • 1982年3月 原敕晁として成田から出国、北朝鮮に戻る
  • 1982年3月 - 5月 工作活動に関する報告を行い、教育を受ける
  • 1982年5月 成田から入国、工作活動に従事
  • 1983年5月 成田から出国、北朝鮮に戻る
  • 1983年6月 - 11月 東北里3号招待所で教育を受ける
  • 1983年11月 成田から入国、工作活動に従事
  • 1984年3月 成田から出国、北朝鮮にもどる
  • 1984年4月 - 10月 工作活動に関する報告を行い、教育を受ける
  • 1984年10月 成田から入国、工作活動に従事
  • 1985年2月 成田から韓国に入国。逮捕。
  • 1985年11月 ソウル地裁で死刑判決
  • 1999年12月 恩赦で釈放
  • 2000年9月 北朝鮮に送還

在日韓国人政治犯釈放の要望書について[編集]

1989年7月、韓国の民主化運動で逮捕された在日韓国人政治犯29名の釈放を嘆願するという趣旨の要望書が、当時の日本社会党公明党社会民主連合無所属の議員有志133名の署名とともに韓国政府へ提出された。このとき釈放要望対象となった政治犯29名の中に辛光洙や拉致共犯者とされる金吉旭など北朝鮮スパイの名が複数含まれていたことが判明し、金正日北朝鮮による日本人拉致実行を認めた2002年9月以降、同年10月19日に当時官房副長官であった安倍晋三土井たか子菅直人を名指しで「極めてマヌケな議員」と評するなど、署名した国会議員保守政治家日本共産党から激しく批判された。こうした批判に対して、菅直人は「釈放を要望した人物の中に辛光洙がいるとは知りませんでした。 そんな嘆願書に署名したのは私の不注意ですので、今は率直にお詫びしたい」 と謝罪した[10]

これに対し公明党や社民党などから、当時の社会状況や一般的な認識を交えた、以下のような釈明があった。

  • 当時の日本国内での政治犯釈放要求運動の対象はもっぱら、「学園浸透スパイ団事件首謀者」とされた徐勝・徐俊植兄弟の救援であった。当時の日本国内における日本人拉致問題の認識は「北朝鮮工作員による拉致の疑いがある」という程度のものであり、警察庁捜査も進展していなかった。辛光洙をはじめとする実行犯の氏名や具体的な犯行内容については、国会議員だけでなく一般社会でも全く認知されておらず[11]、当時は辛光洙が拉致事件に関与していたことは、ほとんど明らかにはなっていなかった[12]

一方、共産党や自民党は以下のような反論・追及を行っている。

  • 要望書が提出される1年前、1988年3月26日参議院予算委員会において、日本共産党(橋本敦議員)が辛光洙事件について質疑・追及しており[13]、署名議員も予算委員として委員会に出席していた(社会党5名、公明党2名、無所属1名)。国会議員が事実を知らなかったこと自体が、まったくおかしな話だ[14][15]

また、共産党は自民党議員がこの件を取り上げた際、自民党に対して「自公連立の友党である公明党の議員が署名していたことについて、何の言及もしないのは二重基準だ」という指摘をすることが多い[16]。なお公明党で署名した議員は全員既に政界を引退している[注釈 2]

要望書に署名した国会議員[編集]

衆議院
阿部未喜男五十嵐広三池端清一石橋大吉石橋政嗣伊藤茂伊藤忠治稲葉誠一井上泉井上一成井上普方岩垂寿喜男上田哲上田利正上原康助大原亨大出俊緒方克陽岡田利春小川国彦奥野一雄小沢克介加藤万吉角屋堅次郎河上民雄河野正川崎寛治川俣健二郎木間章上坂昇小林恒人左近正男佐藤観樹佐藤敬治佐藤徳雄沢田広沢藤礼次郎渋沢利久嶋崎譲清水勇城地豊司新村勝雄新盛辰雄関山信之高沢寅男田口健二竹内猛田中恒利田邊誠田並胤明辻一彦土井たか子戸田菊雄永井孝信中沢健次中西績介中村茂中村正男野口幸一野坂浩賢馬場昇早川勝広瀬秀吉細谷治嘉堀昌雄前島秀行松前仰水田稔三野優美武藤山治村山喜一村山富市安田修三山口鶴男山下八洲夫山花貞夫吉原米治渡部行雄
参議院
青木薪次赤桐操穐山篤秋山長造一井淳治糸久八重子稲村稔夫及川一夫大木正吾大森昭小川仁一小野明梶原敬義、粕谷照美、久保亘久保田真苗小山一平、佐藤三吾、志苫裕菅野久光鈴木和美、高杉廸忠、千葉景子対馬孝且中村哲、野田哲、浜本万三福間知之渕上貞雄松前達郎松本英一丸谷金保村沢牧本岡昭次八百板正安恒良一、安永英雄、矢田部理山口哲夫山本正和渡辺四郎
  • 公明党
衆議院:小川新一郎鳥居一雄西中清
参議院:猪熊重二塩出啓典和田教美
  • 社会民主連合
衆議院:江田五月菅直人[注釈 4]
参議院:田英夫[注釈 5]
  • 無所属
衆議院:安井吉典(社会党系)
参議院:青島幸男宇都宮徳馬喜屋武真栄山田耕三郎

要望書の内容[編集]

私どもは貴国における最近の民主化の発展、とりわけ相当数の政治犯が自由を享受できるようになりつつあることを多とし、さらに残された政治犯の釈放のために貴下が一層の主導権を発揮されることを期待しています。在日関係のすべての「政治犯」とその家族が希望に満ちた報せを受け、彼らが韓国での社会生活におけるすぐれた人材として、また日韓両国民の友好のきづなとして働くことができる機会を与えて下さるよう、ここに心からお願いするものであります。

1989年
大韓民国盧泰愚大統領貴下
日本国国会議員一同

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 土台人とは、工作員の活動に協力する在日韓国・朝鮮人暴力団関係者のことである。辛が逮捕されて間もなく、朴の兄で北朝鮮でアナウンサーだった朴安復銃殺刑にされた。1970年代後半、東京に住む朴の元に辛から金の工面を求める書簡が届いた。しかしこれまでにも幾度か貸していた朴は、今回ばかりは自分の貯めたものだから自分の自由に使いたいと思い、北朝鮮にいる兄・安復の元に手紙を出し、兄を通して辛に断ってほしいと依頼した。しかしその手紙が兄の運命を変えてしまう。安復が宛先に書かれた場所に行ったところ、そこが工作員の拠点だった。一般人が工作員の拠点にやってきたことで、スパイ容疑の疑いをかけられた安復は直後から北朝鮮当局の監視対象になり、1980年3月に突然強制収容所送りにされた。5年後、辛が逮捕された時に北朝鮮では一時工作活動が混乱する事態になり、「朴兄妹が母国を売ったのだ」と嫌疑をかけられ、安復は銃殺刑に処されたのである。これについては後に工作員が妹・春仙に「兄の銃殺はどうしようもなかった」と冤罪だったことを暗に認めている。
  2. ^ 1984年4月25日の衆院外務委員会において、社会党の土井たか子が、韓国の在日韓国人政治犯の釈放に向け日本政府の尽力を求めたことに対し、安倍晋太郎外務大臣(当時)は、「私も外務大臣となって2年近く、韓国の外務大臣や要人と会うたびに、この政治犯の取り扱いについて人道的な配慮を加えてほしいということをしばしば申し入れて、今日に至っている」と述べ、「内政干渉にわたらない範囲内で人道的配慮を韓国政府に絶えず求めていきたい」「この7月に行われる外相会談でも、(土井)委員の要請を十分踏まえて対応する」と答弁している[17]
  3. ^ 日本社会党所属議員からは大多数が署名に参加しているが、衆議院の小野信一金子みつ串原義直坂上富男多賀谷真稔、参議院の上野雄文瀬谷英行田渕勲二は署名に参加しなかった。
  4. ^ 署名について、リストを確認せず不注意だったと詫びている[18]
  5. ^ 田英夫は、国会質疑において、複数回にわたって拉致問題が対朝外交において存在している事実を肯定している。「最近で言えば拉致問題とか行方不明問題とかいうようなことを含めていろいろ問題があって、今完全に何もない、約束事のない、秩序のない状態になっている。これはひとつ宿題として、大臣おっしゃるように民間しか当面あり得ないわけですから、それをどうしたらいいのかという問題がひとつ宿題だということは意識の中に政府の皆さんも含めてお互いに持っていた方がいいんじゃないかと思います[19]。」「拉致問題とかさまざまな日本にとっての重要な問題があることは事実であります[20]。」

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 『北の闇から来た男』巻末資料pp.235-245
  2. ^ 朴春仙『北の闇から来た男』(2003)pp.51-55
  3. ^ a b c 朴春仙『北の闇から来た男』(2003)pp.72-79
  4. ^ 朴春仙『北の闇から来た男』(2003)pp.80-85
  5. ^ a b c 朴春仙『北の闇から来た男』(2003)pp.98-104
  6. ^ a b c d e f g 西岡(1997)pp.10-12
  7. ^ a b 荒木(2005)p.194
  8. ^ 荒木編『拉致救出運動の2000日』(2002)「北朝鮮工作員・辛光洙に対するソウル地裁の判決文」pp.203-206
  9. ^ a b 救う会全国協議会ニュース(2005.5.22)
  10. ^ 「青島幸男も村山富市も「拉致犯釈放」署名のマヌケ仲間 (ワイド特集 悪い奴ほどよく眠る)」週刊新潮2002年11月7日号。
  11. ^ 『反射鏡』 拉致問題解決を妨害したのはどの党か “[ttps://web.archive.org/web/20040408182946/http://www.komei.or.jp/news/2003/02/16_04.htm 辛光洙問題 当時の人道的要求を悪口のネタにする共産]” (2003年2月16日). 2003年2月17日閲覧。
  12. ^ 千葉法相、署名を陳謝 拉致容疑者釈放求める嘆願書” (2009年9月29日). 2009年9月30日閲覧。
  13. ^ 第112回国会 予算委員会 第15号 参議院議事録(橋本敦委員)” (1988年3月26日). 2010年7月15日閲覧。
  14. ^ 公明党/拉致実行容疑者の辛光洙釈放要望/“知らなかった”ではすまない/署名の1年前に橋本議員追及/88年3月26日参院予算委 2公明議員が出席 しんぶん赤旗” (2003年2月20日). 2010年6月12日閲覧。
  15. ^ 第173回国会 予算委員会 第4号 衆議院議事録(稲田朋美委員)” (2009年11月5日). 2010年7月15日閲覧。
  16. ^ 郵政・年金・外交―何が問題か/NHK政党討論/市田書記局長が発言 しんぶん赤旗 2005年9月6日付
  17. ^ 第101回国会 外務委員会 第10号
  18. ^ 東京基督教大学教授・西岡力 拉致対応にみる菅首相の二面性 産経ニュース 2010年6月18日
  19. ^ 第144回国会平成10年12月3日参議院外交防衛委員会第1号(国会会議録検索システム)”. 2010年7月8日閲覧。
  20. ^ 第146回国会平成11年11月24日参議院国際問題に関する調査会第2号(国会会議録検索システム)”. 2010年7月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 荒木和博『拉致 異常な国家の本質』勉誠出版、2005年2月。ISBN 4-585-05322-0
  • 荒木和博編著『拉致救出運動の2000日』草思社、2002年12月。ISBN 4-7942-1180-5
  • 石高健次『これでもシラを切るのか北朝鮮』光文社〈カッパブックス〉、1997年11月。ISBN 978-4334006068
  • 西岡力『コリア・タブーを解く』亜紀書房、1997年2月。ISBN 4-7505-9703-1
  • 朴春仙『北の闇から来た男 - 私の愛した男は「北朝鮮の工作員」だった』ザ・マサダ、2003年2月。ISBN 4883970795

関連項目[編集]

外部リンク[編集]