伊藤伝兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 伝兵衛

伊藤 伝兵衛(伊藤 傳兵衛、いとう でんべえ、明治元年1月20日1868年2月13日[1][2] - 1944年昭和19年)[3])は、明治時代後期から昭和時代前期の政治家実業家長野県上田市長。前名は啓次郎[2]

経歴・人物[編集]

先代・伝兵衛の長男として信濃国上田城下に生まれ、前名を改め襲名する[2]

1900年(明治33年)5月に上田商業会議所議員に当選[1]。ついで、同常議員、伊藤商店取締役社長、上田銀行監査役を経て、1919年(大正8年)7月に上田市会議員に当選する[1]。さらに翌月、上田瓦斯取締役社長に就任し、所得税調査委員などを経て、1921年(大正10年)上田商業会議所副会頭に選任される[1]

その後、1927年(昭和2年)7月17日に上田市会議員に再選され、1929年(昭和4年)4月、上田商業会議所会頭となり、1930年(昭和5年)5月8日に上田市会議員に3度目の当選[1]。翌年の1931年(昭和6年)9月28日に長野県会議員となり、1938年(昭和13年)6月24日、推挙され上田市長に就任した[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 帝国自治協会 1938, 31頁.
  2. ^ a b c 帝国秘密探偵社 1943, 長野2頁.
  3. ^ 『長野県歴史人物大事典』72頁。

参考文献[編集]