武市恭信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

武市 恭信(たけいち やすのぶ、1917年(大正6年)1月17日 - 2005年(平成17年)7月28日)は、徳島県知事

人物[編集]

1917年1月17日徳島県美馬郡貞光町に生まれる。旧制池田中学校姫路高等学校を経て、京都帝国大学法学部卒業。

1947年より貞光町長を三期つとめた後、1963年衆議院議員に当選、1965年には徳島県知事に当選した。1965年10月9日から1981年10月4日の16年間、歴代の徳島県知事のなかで最も長く知事をつとめた。

就任当時の県政は財政再建団体から脱したばかりで大きく他府県から取り残されていたため、その打破をめざして、県民所得の向上、地場産業の育成、農林業の振興、社会福祉の充実、工業開発に積極的に取り組み、成果をあげた。大鳴門橋の開設など当時問題とされていた本州四国連絡橋の建設で多くの実績を残した。

参考文献[編集]