荒木義夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

荒木 義夫(あらき よしお、1894年6月17日 - 1984年2月5日[1])は、日本の内務官僚県知事台湾総督府警務局長。

経歴[編集]

兵庫県出身。荒木矩の長男として生まれる。第三高等学校を経て、1919年京都帝国大学法学部法律学科を卒業。伊藤忠に入り、1921年内務省特殊財産管理局嘱託となる。1922年11月、文官高等試験行政科試験に合格し内務属となる。

以後、福井県警視鹿児島県福井県の各地方事務官三重県工場監督官、山梨県書記官・警察部長、長野県書記官・警察部長、神奈川県書記官・警察部長、大阪府書記官・警察部長、警視庁警務部長などを歴任。

1939年9月、徳島県知事に就任。1940年12月に退任し、台湾総督府に転じ警務局長となる。1942年7月、福島県知事となり、1943年4月まで在任。以後、愛知県参事官などを務め、1943年に退官。戦後に公職追放となった。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 1984年2月6日『朝日新聞』(東京本社発行)朝刊、23面の訃報より。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。


公職
先代:
二見直三
日本の旗 台湾総督府警務局長
1940 - 1942
次代:
山内逸造