宮原積

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮原 積(みやはら つもる[1] / せき[2]1823年文政6年)- 1884年明治17年)[1])は、幕末鳥取藩士歌人明治期の内政官僚高山県知事福島県権令。通称・大輔、号・海宇。

経歴[編集]

鳥取藩士の家に生まれる。儒者助役、学校文場吟味役、国学方、詩文方などを歴任。藩校・学館に国学局が設置された際、宮原に国学者の取立てが任され、飯田年平新貞老小谷古蔭などを起用した。幕末には国事に奔走[1]

慶応4年6月5日1868年7月24日)、維新政府により、徴士・越後府権判事に登用された[3]。その後、刑法官監察使、高山県知事を歴任[2]

明治5年1月20日1872年2月28日)、福島県権令に転任。大区小区制を推進した。同年6月2日(7月7日)に権令を罷免された[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『鳥取県大百科事典』929頁。
  2. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』208頁。
  3. ^ 「公文録・明治元年・第十四巻・戊辰一月~己巳六月・諸侯伺(池田因幡守慶徳)」

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『鳥取県大百科事典』新日本海新聞社、1984年。
  • 太政官「公文録・明治元年・第十四巻・戊辰一月~己巳六月・諸侯伺(池田因幡守慶徳)」。国立公文書館 請求番号:本館-2A-009-00・公00014100