原保太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
原保太郎

原 保太郎(はら やすたろう、1847年8月11日弘化4年7月1日[1]) - 1936年昭和11年)11月2日)は、幕末園部藩士明治官僚政治家貴族院議員錦鶏間祗候神道無念流練兵館塾頭を務めた剣客としても知られた。

経歴[編集]

園部藩士・原官次の三男として生まれる。江戸の練兵館で剣術を修行し、練兵館塾頭になったが、園部藩を脱藩して京都に上り、岩倉具視の食客となる。戊辰戦争では、東山道総督随行、上野国巡察使兼軍監として従軍した。その際、江戸幕府の元勘定奉行小栗忠順と家来を罪状も無いまま捕らえ、取り調べもせず、一方的に斬首に処した(なお、後に小栗忠順は大隈重信東郷平八郎にその近代化政策の功績を称えられている)。 明治4年(1871年)にアメリカ合衆国へ命により留学しラトガース大学で学ぶ。1874年頃にイギリスに渡り、原六郎と共にキングス・カレッジ・ロンドンで経済学などを学ぶ。1876年に帰国。

帰国後、兵庫県少書記、同県大書記官、山口県令などを歴任し、1886年に初代山口県知事に就任。1895年3月、日清戦争下関講和会議に出席していた清国大使李鴻章が狙撃される事件が起こり、その責めを負い知事を辞任した。同年7月、福島県知事に任命され復帰。さらに、北海道庁長官、農商務省山林局長兼林野整理局長を務めた。

1903年7月15日、貴族院議員に勅選され[2]同和会に属し死去するまで在任した。1905年9月1日に錦鶏間祗候となる[3]。また、維新史料編纂会員なども務めた。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『貴族院議員氏名表』貴族院彙報附録、昭和2年12月20日、30頁。
  2. ^ 『官報』第6011号、明治36年7月16日。
  3. ^ 『官報』第6654号、明治38年9月2日。
  4. ^ 『官報』第2207号「叙任及辞令」1890年11月6日。
  5. ^ 『官報』第4347号「叙任及辞令」1897年12月25日。
  6. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  7. ^ 『官報』第2853号「叙任及辞令」1893年1月4日。
  8. ^ 『官報』第4949号「叙任及辞令」1899年12月28日。
  9. ^ 『官報』第588号「賞勲叙任」1885年6月18日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『新訂増補 海を越えた日本人名事典』日外アソシエーツ、2005年。
  • 『日本の歴代知事 第1巻』歴代知事編纂会、1980年。
  • 『明治人名辞典 下巻』日本図書センター、1987年(『現代人名辞典』第2版、中央通信社、大正元年刊の改題複製)。
  • 『大正人名辞典3 下巻』日本図書センター、1994年(『明治大正史 第15巻』明治大正史刊行会、昭和5年刊の改題複製)。

外部リンク[編集]