金子元三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 元三郎(かねこ もとさぶろう、1869年5月19日(明治2年4月8日[1] - 1952年昭和27年)4月11日[2])は、日本の実業家政治家衆議院議員貴族院多額納税者議員、初代小樽区長

経歴[編集]

越後国三島郡寺泊町(現新潟県長岡市)で資産家の家に生まれる[3][4]。幼少時に北海道松前の富豪、先代・金子元三郎の養嗣子となり、その後、養父と共に小樽に移る[4]

東京に遊学し、頭山満井上角五郎らと交わる[3][4]1891年中江兆民を迎えて『北門新報』を創刊し、自由民権を唱道した[3][4]1900年1月、小樽区の初代区長に就任し、道路、水道、港湾、学校施設の整備を推進した[4]1902年8月、石川県出身で元代議士の遠藤秀景に誘われ第7回衆議院議員総選挙金沢市選挙区から出馬したが落選[5]1904年3月、第9回総選挙では北海道庁小樽区から出馬し当選[6]。その後、第12回第13回総選挙で当選し、衆議院議員を通算三期務めた[6]1917年10月13日、衆議院議員選挙法違反事件について札幌地方裁判所での裁判確定により、三期目の途中で議員を退職した[7]。また、1925年9月29日、貴族院多額納税者議員に就任し[8]研究会に所属し1939年9月まで在任した[2]

実業界においては、水産業、海運業、農牧場などを経営し、豊山銀行頭取、丁酉銀行頭取、金子 (資)社長、北海道造林 (資) 社長、定山渓鉄道 (株) 社長などを務めた[2][6]

逸話[編集]

  • 生活は派手で、その邸宅は「御殿」と呼ばれた[3]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録』第4版、か86頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』195頁。
  3. ^ a b c d 『北海道歴史人物事典』103頁。
  4. ^ a b c d e 『北海道人名辞書』第二版、202-203頁。
  5. ^ 『石川県議会史 第一巻』664頁
  6. ^ a b c 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』179頁。
  7. ^ 『官報』第1565号、大正6年10月19日。
  8. ^ 『官報』第3931号、大正14年9月30日。

参考文献[編集]

  • 北海道新聞社編『北海道歴史人物事典』北海道新聞社、1993年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 金子信尚編『北海道人名辞書』第二版、北海民論社、1923年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第4版、1915年。
  • 石川県議会事務局編『石川県議会史 第一巻』1969年。