中山久四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中山久四郎(なかやま きゅうしろう、1874年2月10日-1961年9月7日)は、東洋史学者。

長野県北佐久郡馬瀬口村(現御代田町)出身。長野縣尋常中學校官立第一高等中学校を経て東京帝国大学文科史学科卒。ドイツ留学、広島高等師範学校教授、東京高等師範学校教授、1929年東京文理科大学教授。戦後は明治大学講師。1925年文学博士

著書[編集]

  • 東洋史講座 第1巻 総論及史籍問題 雄山閣、1929
  • 支那史籍上の日本史 大日本史講座 雄山閣 1930
  • 東洋史講座 第4巻 東洋文化渾成時代 雄山閣、1930 
  • 第5巻 北方民族躍動時代
  • 歴史及歴史教育 共立社書店 1930
  • 支那の人文思想 春秋社 1931
  • 読史広記 章華社 1933
  • 史学及東洋史の研究 賢文館 1934
  • 日本文化と儒教 刀江書院 1935 (歴史教育叢書)
  • 山鹿素行 北海出版社 1937 (日本教育家文庫)
  • 支那の今戦場を語る 日本外交協会 1938
  • 満洲大豆考 満洲富山房 1944
  • 新東洋史 富士書店 1949

共著編[編集]

  • 十八史略新釈 塩野新次郎共著 弘道館、1930
  • 世界印刷通史 龍粛共著 三秀舎 1930
  • 参考東洋歴史 佐藤恵共編 立川書店 1931
  • 和英併用ペン字草書入新式実用辞典 編 郁文舎 1932
  • 和英併用新式辞典 編 河野成光館 1932
  • 日本現存文廟 編 斯文会 1935
  • 東洋史辞典 編 雄山閣 1935
  • 日本先哲叢書 第1 聖教要録・配所残筆・武教小学・武教本論 山鹿素行(校註)広文堂書店 1936 
  • 戦陣訓本義 井上哲次郎共著 広文堂書店 1941
  • 模範辞典 編 金鈴社 1951
  • 神武天皇と日本の歴史 編 小川書店 1961
  • 国語辞典 金園社 1963

参考[編集]