遠藤現夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

遠藤 現夢(えんどう げんむ 1864年1月10日 - 1934年12月6日)は、本名を遠藤 十次郎(えんどう じゅうじろう)といい、福島県北部にある磐梯高原(裏磐梯)緑化の父と呼ばれる。

現夢の一生[編集]

遠藤の墓は五色沼のうち「青沼」(写真)のほとりにある。

1864年(元治元年)、会津藩のお膝元である会津若松市内の商家・瀧口太右衛門(醸造業)の12男として生まれ、 同じ醸造業で醤油製造をいとなむ遠藤家の養子となり、幼少より剣術を習って真一刀流を極めた。自宅にも道場をつくり、近所の子どもたちの習わせるなど、剣術の普及にも努めたという。

現夢による植林の始まりは、まず鶴ヶ城跡であった。現夢は城の近くに住んでいたので、松平家からその手入れを任せられる。当時の城跡には桜ヶ馬場以外にほとんど桜はなかったが、1908年(明治41年)城跡近くに陸軍歩兵連隊が設置された記念に、同志とともに1000本に及ぶソメイヨシノを植えたのが始まりである。後に会津若松市内の墓山と並ぶ松平家の霊廟、猪苗代町見禰山にもスギの植林を行っている。

その後、1888年(明治21年)の磐梯山噴火に伴う膨大な岩屑なだれに覆われて数十年間荒地のままだった裏磐梯を、もう一度野鳥のさえずる森に変えたいと願い、約2年をかけて気の遠くなるような1340haに及ぶ植林をなしとげ、ついにはこの地の払い下げを受けた。

20世紀初めといえば日本各地でようやく幹線鉄道が開通しだしたばかりである。遠藤現夢も1914年(大正4年)に全通したばかりの磐越西線(開通当時「岩越線」)で、アカマツ5万本・ウルシ2万本・スギ3万本、苗木合計10万本を新潟方面から運び、さらに猪苗代からは馬車で裏磐梯方面に運んだのであるが、当然岩屑なだれ地帯はかつての道路などは埋没したままであり至るところに大きながごろごろしており、あるいは泥濘と化した荒地に新たに道路を造りながらの前進は非常な困難を極めた。

また、植林に関する知識は中村弥六の協力を得て、豪雪に覆われる冬も柳沼近くに番小屋を立てて齋藤丹之丞が中心となって、その苗木の生長を見守っていた。そんな出費が重なりやがては本業も傾きだしたという。

さらに遠藤は森林組合を結成し、さらなる緑化活動に従事するが、その中で磐梯山の旧噴火口に注水して温泉にするいわゆる造成温泉の事業をはじめ、成功するもこれが組合の法規に触れて不評を買ってしまう。そうして苦悶の末に病に倒れ、1934年(昭和11年)、この世を去った。享年73。

現夢の思い[編集]

戊辰戦争会津戦争)当時、現夢は4歳位であり、戦乱で会津の街が一面焦土と化した記憶が焼き付いていたため、自分が裏磐梯を緑に変えようとしたとも言われている。裏磐梯を現在我々が緑豊かな磐梯高原として目の当たりにできるのは、この現夢ら多くの福島県民の思いと心血を注いだ努力があったからに他ならない。

なお現夢が生前に立てた墓碑と、磐梯山噴火で亡くなった犠牲者の慰霊碑が五色沼(柳沼)のほとりに残されている。墓碑は磐梯山噴火の折に落下した巨石の下にあり、そこに妻・イクと共に葬られ、辞世の句として「なかきよに(長き世に) みしかきいのち(短き命) 五十年 ふんかおもへば(噴火思えば) 夢の世の中」と刻まれている。

墓の傍には1961年(昭和36年)に、息子の遠藤義之助が亡き父の偉業を後世に遺すための石碑が建立され、碑の裏側には「とこしえに 来りつたへよ 時鳥 知る人ぞ知る 父の功を」と句が刻まれている。

参考文献[編集]

  • 会津大事典(国書刊行会)
  • ぼくたち、わたしたちの北塩原村(北塩原村教育委員会)

関連項目[編集]