降旗元太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
降旗元太郎

降旗 元太郎(ふるはた もとたろう、元治元年5月7日[1]1864年6月10日) - 昭和6年(1931年9月15日[2])は、日本の衆議院議員憲政党憲政本党立憲同志会憲政会立憲民政党)。

経歴[編集]

信濃国筑摩郡本郷村(現在の長野県松本市)出身。郷里で漢学を学んだ後、慶應義塾に入学した。1882年明治15年)、東京専門学校(現在の早稲田大学)に転じ、政治経済科を卒業した[3]。卒業後は帰郷し、1886年(明治19年)に信陽日報(のち信濃日報)の社長となった[4]。さらに本郷蚕種業組合組長・信濃蚕業伝習所長などの役職を歴任して、養蚕業の発展に貢献した[5]。その他、出獄人保護院も設立している[6]

1888年(明治21年)、県会議員に選出され、1891年(明治24年)には信濃民党を組織した[3]1898年(明治31年)、第5回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。河野広中中村弥六花井卓蔵とともに普通選挙の実現に尽力した[5]加藤高明内閣鉄道政務次官陸軍政務次官、第1次若槻内閣海軍政務次官を歴任した。

親族[編集]

  • 長男 降旗徳弥(衆議院議員・逓信大臣)
  • 次男 高橋金弥(医学者、東筑摩郡朝日村の高橋家に養子入り)
  • 三男 降旗英弥(住友銀行副頭取)

脚注[編集]

  1. ^ 漆崎多四郎『貴衆両院議員名鑑』、1919年、p.14。
  2. ^ 『官報』第1426号、昭和6年9月29日
  3. ^ a b 『新選代議士列伝』p.343
  4. ^ 『代議士詳覧』p.323
  5. ^ a b 『新代議士名鑑』p.196
  6. ^ 『衆議院要覧』

参考文献[編集]

  • 『新選代議士列伝』 金港堂、1902年
  • 広幡明男 『大正十三年五月当選 代議士詳覧』 泰山堂、1924年
  • 加藤紫泉 『新代議士名鑑』 国民教育会、1924年
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和五年四月』 衆議院事務局1930年