上野淳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上野 淳一(うえの じゅんいち、1909年11月1日 - 1997年10月19日)は元朝日新聞社社主

来歴・人物[編集]

朝日新聞社社長・上野精一の息子であり、朝日新聞社初代社主の上野理一の孫。

北野中学校広島高等学校 (旧制)京都帝国大学卒業。1937年に朝日新聞社に入社。戦後の1945年に戦争責任を明らかにするために退社。神戸商科大学事務局長、田中耕太郎最高裁判所長官の秘書官を務めた後、1952年に朝日新聞社に復帰した。1970年から社主となった。

京都国立博物館評議員、仏教美術研究上野記念財団理事。息子は、4代目朝日新聞社社主・上野尚一

系譜[編集]

上野理一(祖父、初代社主) - 上野精一(父、2代目社主) - 上野淳一(3代目社主) - 上野尚一(長男、4代目社主)