渡辺雅隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡辺 雅隆
(わたなべ まさたか)
生誕 (1959-04-24) 1959年4月24日(59歳)
日本の旗 千葉県
教育 千葉大学人文学部卒業
職業 朝日新聞社代表取締役社長

渡辺 雅隆(わたなべ まさたか、1959年4月24日 - )は、日本の企業経営者。朝日新聞社代表取締役社長。公益財団法人日本対がん協会理事、日本高等学校野球連盟最高顧問。

経歴[編集]

  • 1959年 - 千葉県出身
  • 1982年 - 千葉大学人文学部卒業。朝日新聞入社(鳥取支局員)
  • 1989年 - 同社大阪本社・社会部員
  • 1998年 - 同社京都支局次長
  • 1999年 - 同社広報室幹事
  • 2001年 - 同社大阪本社・社会部次長
  • 2004年 - 同社大阪本社・生活文化部長
  • 2006年 - 同社大阪本社・社会部長
  • 2008年 - 同社管理・労務担当補佐
  • 2009年 - 同社社長室長補佐
  • 2010年 - 同社大阪本社・編集局長
  • 2012年 - 同社管理本部長
  • 2013年 - 同社取締役(管理・労務・年金改革・コンプライアンス担当)
  • 2014年 - 同社取締役(管理・労務・WLB・コンプライアンス担当)
  • 2014年 - 同社代表取締役社長[1]

人物[編集]

  • 同年12月5日に就任記者会見が行われた。この会見において、「慰安婦報道の最初は大阪社会部だと思いますが、渡辺社長はこのとき関わっていたか?」という記者からの質問に対しては、当時大阪社会部に所属していた渡辺は「関わっていない。」と回答をしている[2]
  • 雑誌のインタビューで、大阪本社時代に橋下徹 大阪府知事を目の当たりにし、「さすがテレビの世界にいただけのことはある。なかなかの人が出てきたな」という印象を受けたと述べている[3]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]


先代:
木村伊量
朝日新聞社社長(現職)
(2014年 - )
次代: