朝日杯将棋オープン戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝日杯将棋オープン戦
棋戦の分類 一般棋戦
旧イベント名 朝日オープン将棋選手権(前身)
開催概要
開催時期 2月(決勝)
初回開催 2007年度(第1回)
持ち時間 40分
番勝負 一番勝負
優勝賞金 1000万円(第10回まで)
750万円(第11回から)
主催 朝日新聞社
公式サイト 朝日杯将棋オープン戦:日本将棋連盟
記録
現朝日杯 藤井聡太
最多優勝 羽生善治(5回)
最長連覇 羽生善治(3連覇)
テンプレートを表示

朝日杯将棋オープン戦(あさひはいしょうぎオープンせん)は朝日新聞社主催の将棋棋戦。2006年度で終了した朝日オープン将棋選手権の後継棋戦として2007年に創設され、回次も第1回と改められた。優勝賞金は750万円[注釈 1]

方式[編集]

一次予選、二次予選、本戦を行って優勝者を決定する。全棋士(全棋士参加棋戦に該当する)とアマチュア選手10人(前期の朝日アマ名人、挑戦者を含む朝日アマ名人戦のベスト8、学生名人)、女流棋士3人(主催者の推薦による)[注釈 2]が参加する。

持ち時間は各40分(対局時計使用)で、テレビ棋戦とは異なり、持ち時間を使い切った後は1手1分未満で指す。

本戦シードは8人、二次予選シードは16人で、シード順位は以下のように定められている。第1回(2007年度)の「前回ベスト4」「前回本戦出場者」には、2006年度の朝日オープン将棋選手権の成績が適用された。下記のシードで枠が埋まらない場合順位戦の順位の高い棋士でA級1位から順番にシード枠が埋められる。

  1. 前回ベスト4
  2. タイトル保持者
  3. 永世称号者
  4. 全棋士参加棋戦[注釈 3]優勝者
  5. 前回本戦出場者[注釈 4]

前身の朝日オープン将棋選手権ではタイトル戦と同じく挑戦手合制の五番勝負、さらに前身の全日本プロ将棋トーナメントでは決勝五番勝負(初期は三番勝負)が採用されたが、本棋戦は決勝戦も含めてすべて一番勝負でのトーナメント棋戦である。持ち時間は短く、1人が1日に2局対局することが多い[注釈 5]。本戦は基本的にすべて1日2局であり、準決勝と決勝でさえ同じ日に行われる。

一次予選[編集]

16ブロックに分かれ、トーナメント方式で二次予選への進出者16名を決定する。アマチュア選手と女流棋士は一次予選の各ブロックに1人ずつ割り振られ、1回戦から出場する。

朝日オープンの一斉対局を引き継ぎ、アマチュア選手の対局は10局とも同日に開催。関東では朝日新聞東京本社、関西では大阪本社もしくは関西将棋会館で午前と午後に分けて5局ずつ、公開対局で行われる[注釈 6][注釈 7]

なお2015年度現在で、アマチュア枠・女流枠から一次予選を突破したのは、アマチュアは第3回(2009年度)の清水上徹(二次予選1回戦で敗退)と第9回(2015年度)の森下裕也(同)の2人[注釈 8]である。女流で突破した者はいない。

アマチュア枠に対するプロの対局者は、新人即ち棋士番号の大きい方から10人(シード者は除く)[注釈 9]が選ばれる。1年に誕生する新四段(新人プロ棋士)は通常4人であるため、プロ入り1年目の新人は、必ずアマチュア選手と対局することになる。

畠山鎮は、プロから見たプロアマ一斉対局について、「棋士としてのスタートの時期に〔負けられない闘い〕です。負けた新四段の姿は痛々しいものです」と述べている[1]

二次予選[編集]

一次予選からの勝ち抜き者(16名)と二次予選からのシード者(16名)が8ブロックに分かれ、トーナメントで本戦出場者8名を決定する。トーナメント表は二次予選進出者とシード者が1回戦で対戦するように組まれる。

本戦[編集]

二次予選の勝ち抜き者(8名)と本戦シード者(8名)がトーナメント方式で優勝を争う。本戦進出者とシード者は1回戦で対戦する。準決勝・決勝は2月の第3土曜日(2016年度までは第2土曜日)に東京・有楽町マリオン有楽町朝日ホールにて公開対局で行われる。

2016年度からは本戦1回戦・2回戦の半分(1回戦4局、2回戦2局)も公開対局で開催している。開催日時と会場は以下の通り。

歴代結果[編集]

結果[編集]

ベスト4以上の結果は以下の通り。称号、段位は対局当時のもの。

年度 準決勝・決勝対局日 優勝 準優勝 ベスト4
1 2007 2008年2月9日 行方尚史八段 丸山忠久九段 阿久津主税六段 羽生善治二冠
2 2008 2009年2月14日 阿久津主税六段[注釈 10] 久保利明八段 佐藤和俊五段 渡辺明竜王
3 2009 2010年2月13日 羽生善治名人 久保利明棋王 谷川浩司九段 佐藤和俊五段
4 2010 2011年2月12日 木村一基八段 羽生善治名人 渡辺明竜王 郷田真隆九段
5 2011 2012年2月11日 羽生善治二冠 広瀬章人七段 菅井竜也五段 郷田真隆九段
6 2012 2013年2月9日 渡辺明竜王 菅井竜也五段 羽生善治三冠 谷川浩司九段
7 2013 2014年2月8日 羽生善治三冠 渡辺明二冠 豊島将之七段 森内俊之竜王・名人
8 2014 2015年2月14日 羽生善治名人 渡辺明二冠 伊藤真吾五段 豊島将之七段
9 2015 2016年2月13日 羽生善治名人 森内俊之九段 村山慈明七段 戸辺誠六段
10[注釈 11] 2016 2017年2月11日 八代弥五段[注釈 12] 村山慈明七段 広瀬章人八段 澤田真吾六段
11 2017 2018年2月17日 藤井聡太五段[注釈 13] 広瀬章人八段 羽生善治竜王 久保利明王将
12 2018 2019年2月16日 藤井聡太七段 渡辺明棋王 行方尚史八段 千田翔太六段

棋士別成績[編集]

棋士 優勝 準優 優勝年度 準優勝年度
羽生善治 5 1 2009,2011,2013,2014,2015 2010
藤井聡太 2 - 2017,2018
渡辺明 1 3 2012 2013,2014,2018
行方尚史 1 - 2007
阿久津主税 1 - 2008
木村一基 1 - 2010
八代弥 1 - 2016
久保利明 - 2 2008,2009
広瀬章人 - 2 2011,2017
丸山忠久 - 1 2007
菅井竜也 - 1 2012
森内俊之 - 1 2015
村山慈明 - 1 2016

プロアマ一斉対局[編集]

年度 対局日 結果
1 2007 2007年7月7日 プロ7勝 R50.pngR10.pngR10.pngG30.png アマ3勝
2 2008 2008年7月12日 プロ7勝 R50.pngR10.pngR10.pngG30.png アマ3勝
3 2009 2009年7月4日 プロ7勝 R50.pngR10.pngR10.pngG30.png アマ3勝
4 2010 2010年7月3日 プロ10勝 R50.pngR10.pngR10.pngR30.png アマ0勝
5 2011 2011年7月2日 プロ9勝 R50.pngR30.pngR10.pngG10.png アマ1勝
6 2012 2012年7月7日[注釈 14] プロ5勝 R50.pngAzul.pngG30.pngG10.png アマ4勝
7 2013 2013年7月6日 プロ9勝 R50.pngR30.pngR10.pngG10.png アマ1勝
8 2014 2014年7月5日 プロ8勝 R50.pngR30.pngG10.pngG10.png アマ2勝
9 2015 2015年7月4日 プロ6勝 R50.pngR10.pngG30.pngG10.png アマ4勝
10 2016 2016年6月18日 プロ6勝 R50.pngR10.pngG30.pngG10.png アマ4勝
11 2017 2017年6月17日 プロ9勝 R50.pngR30.pngR10.pngG10.png アマ1勝
12 2018 2018年7月29日 プロ9勝 R50.pngR30.pngR10.pngG10.png アマ1勝
13 2019 2019年6月29日 プロ5勝 R50.pngG50.png アマ5勝
(前身棋戦である朝日オープン将棋選手権のプロ対アマの対戦成績 も参照。)

放送・配信[編集]

以下は2018年現在。

生中継[編集]

テレビ特別番組[編集]

  • 2018年3月10日に、NHK BS1にて、第11回の準決勝における対局を再現した特別番組『プレーバック2.17 羽生善治VS.藤井聡太 最強の極意』を放送(23:00 - 23:50)[8]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年の第11回より。それ以前は1000万円
  2. ^ 2016年の第10回まではタイトル保持者・棋戦優勝者・タイトル戦出場者の順に6人。
  3. ^ 朝日杯のほかに、NHK杯銀河戦が該当する。
  4. ^ 予選から本戦トーナメントへの出場者が該当。
  5. ^ 本棋戦のほかに1日に2局以上の対局が組まれるものとしては、NHK杯予選や銀河戦棋聖戦一次予選(第81期以降)、叡王戦(段位別予選及び七番勝負の一部)、マイナビ女子オープン予選などがある。
  6. ^ プロアマ一斉対局と本戦準決勝・決勝は、将棋の公式戦では珍しく椅子に着席する形で行われる。本棋戦以外での椅子対局は、マイナビ女子オープン予選など一部のみである。
  7. ^ ただし、第11回(2017年度)のプロアマ一斉対局(2017年6月17日)は、当初関西将棋会館開催の大阪会場の対局は公開対局を予定していたが、対局当時デビュー戦から26連勝を飾っていた藤井聡太がプロ側のひとりとして出場。藤井の過熱する人気による混乱を避けるため、一転して非公開となった。
  8. ^ 新進棋士奨励会を経験していない、純粋なアマチュアでは、清水上が唯一。
  9. ^ 2018年度(第12回)の場合、本来棋士番号314の池永天志から順番に10人が選ばれるが、棋士番号307番の藤井聡太は前回の優勝者のため本戦からの出場となるので代わりに棋士番号304の都成竜馬が選ばれた。
  10. ^ 本優勝により、類まれなる成績を収めたとして理事会で審議となり、結果昇段が認められ、2009年4月1日付けで七段に昇段した。
  11. ^ 将棋ソフト不正使用疑惑。渡辺竜王が挑戦者に決まっていた三浦九段を告発した。この告発により、三浦九段は出場停止になり、第10回朝日杯に参加できなかった。
  12. ^ 本優勝により、七段以下の昇段条件のひとつ「全棋士参加棋戦優勝」を満たし、同日付で六段に昇段した。
  13. ^ 初出場初優勝、史上最年少の当棋戦及び全棋士参加棋戦優勝。そして本優勝により、七段以下の昇段条件のひとつ「全棋士参加棋戦優勝」を満たし、同日付で六段に昇段した。
  14. ^ 1局が同年8月8日に延期となったため、全9局での一斉対局となった。なお、残り1局はアマの勝ちで通算5勝5敗。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]