全日本バレーボール大学男女選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全日本バレーボール大学男女選手権大会
開始年 1948
主催 日本バレーボール協会
全日本大学バレーボール連盟
朝日新聞社
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 男子:中央大学(15回目)
女子:鹿屋体育大学(3回目)
最多優勝 男子:中央大学(15回)
女子:日本体育大学(29回)
サイト 全日本大学バレーボール連盟
テンプレートを表示

全日本バレーボール大学男女選手権大会(ぜんにほんバレーボールだいがくだんじょせんしゅけんたいかい)は、毎年12月頃に開催される大学バレーボールの大会である。通称全日本インカレ

三基商事特別協賛により、ミキプルーン スーパーカレッジバレーと言う通称を持つ。男子優勝チームには秩父宮賜杯、女子優勝チームには秩父宮妃賜杯が贈られる。主催は、日本バレーボール協会全日本大学バレーボール連盟朝日新聞社日刊スポーツ新聞社ジェイ・スポーツ

開催方法[編集]

かつては、男女別の1次大会を行い、その後、決勝大会を行った。その際の1次大会の開催地は、仙台、東京、名古屋、大阪の各都市であった。 1998年にバレーボール世界選手権が開催された際、日程の調整がつかず、初めて、月曜日から日曜日までの1週間開催(東京での開催)を行った。 1999年には、再び1次大会(男子:名古屋、女子:東京)を経て決勝大会(大阪)を行う方式で実施したが、翌2000年からは1週間開催方式(東京での開催)で行うようになった。 2013年からは男女別開催(A方式:関東固定、B方式:関東以外での開催)となる。2017年大会からは完全な選抜方式となる予定[1]

2011年度・2012年度の試合形式[編集]

大会スリム化のため、日程を1日短縮した新競技方法が採られた。

2013年度以降の試合形式[編集]

次の試合形式を隔年で行うことが発表された[2]

  • A方式:出場手続きさえ踏めばどの大学も出場できるオープン大会(約120チームが参加)
  • B方式:東日本インカレ、西日本インカレ上位各8チームに各学連推薦48チームを加えた64チームが参加する。

2013年度は男子A方式、女子がB方式。2014年度は男子がB方式、女子がA方式を行う。 それ以降、A方式、B方式が隔年交互開催となる。

試合会場(2000年度以降)[編集]

大会日程[編集]

<2013年インカレの日程(次年度以降は未定)>

A方式(関東での開催)

  • 第1日 12月第2週(月) 開会式
  • 第2日 12月第2週(火) 予選グループ戦
  • 第3日 12月第2週(水) 予選グループ戦・トーナメント戦 1回戦
  • 第4日 12月第2週(木) トーナメント戦 2・3回戦
  • 第5日 12月第2週(金) トーナメント戦 4回戦・準々決勝
  • 第6日 12月第2週(土) 準決勝
  • 第7日 12月第2週(日) 3位決定戦・決勝・表彰式・閉会式

B方式(地方での開催)

  • 第1日 12月第2週(月) 開会式
  • 第2日 12月第2週(火) トーナメント戦 1回戦
  • 第3日 12月第2週(水) トーナメント戦 2・3回戦
  • 第4日 12月第2週(木) トーナメント戦 準々決勝
  • 第5日 12月第2週(金) 準決勝
  • 第6日 12月第2週(土) 3位決定戦・決勝・表彰式・閉会式

歴代優勝校[編集]

年度 男子 女子
優勝校 準優勝校 優勝校 準優勝校
1948年 1 早稲田大学 関西学院大学
1949年 2 明治大学 京都大学
1950年 3 早稲田大学 同志社大学
1951年 4 慶應義塾大学 早稲田大学
1952年 5 早稲田大学 慶應義塾大学
1953年 6 立教大学 慶應義塾大学
1954年 7 慶應義塾大学 法政大学 1 日本体育大学 日本女子体育大学
1955年 8 明治大学 神戸市外国語大学 2 京都学芸大学 東京学芸大学
1956年 9 関西学院大学 東京教育大学 3 武庫川学院女子大学 日本体育大学
1957年 10 立教大学 日本大学 4 日本体育大学 東京教育大学
1958年 11 関西学院大学 明治大学 5 日本体育大学 日本女子体育大学
1959年 12 中央大学 早稲田大学 6 日本体育大学 武庫川女子大学
1960年 13 関西学院大学 日本大学 7 日本体育大学 東京学芸大学
1961年 14 立教大学 日本大学 8 日本体育大学 武庫川女子大学
1962年 15 関西大学 法政大学 9 日本体育大学 東京教育大学
1963年 16 中央大学 明治大学 10 日本体育大学 武庫川女子大学
1964年 17 慶應義塾大学 中央大学 11 日本体育大学 東京教育大学
1965年 18 中央大学 日本大学 12 日本体育大学 武庫川女子大学
1966年 19 中央大学 日本大学 13 日本体育大学 武庫川女子大学
1967年 20 中央大学 日本体育大学 14 日本体育大学 武庫川女子大学
1968年 21 中央大学 日本体育大学 15 日本体育大学 中京大学
1969年 22 中央大学 法政大学 16 日本体育大学 東京女子体育大学
1970年 23 日本体育大学 中央大学 17 東京女子体育大学 日本体育大学
1971年 24 中央大学 法政大学 18 日本体育大学 東京女子体育大学
1972年 25 法政大学 中央大学 19 日本体育大学 中京女子大学
1973年 26 大阪商業大学 早稲田大学 20 日本体育大学 池坊短期大学
1974年 27 中央大学 大阪商業大学 21 中京大学 東京女子体育大学
1975年 28 大阪商業大学 法政大学 22 日本体育大学 中京大学
1976年 29 中央大学 東海大学 23 日本体育大学 東京女子体育大学
1977年 30 大阪商業大学 東海大学 24 日本体育大学 武庫川女子大学
1978年 31 大阪商業大学 中央大学 25 日本体育大学 筑波大学
1979年 32 中央大学 法政大学 26 日本体育大学 中京大学
1980年 33 法政大学 日本体育大学 27 日本体育大学 池坊短期大学
1981年 34 日本体育大学 法政大学 28 日本女子体育大学 池坊短期大学
1982年 35 順天堂大学 東海大学 29 日本体育大学 筑波大学
1983年 36 法政大学 順天堂大学 30 日本体育大学 青山学院大学
1984年 37 法政大学 東海大学 31 日本体育大学 東海大学
1985年 38 法政大学 東海大学 32 筑波大学 青山学院大学
1986年 39 東海大学 日本体育大学 33 筑波大学 東北福祉大学
1987年 40 法政大学 東海大学 34 筑波大学 日本体育大学
1988年 41 法政大学 東海大学 35 青山学院大学 日本体育大学
1989年 42 法政大学 東海大学 36 東海大学 筑波大学
1990年 43 日本体育大学 東海大学 37 日本体育大学 筑波大学
1991年 44 法政大学 東海大学 38 東海大学 筑波大学
1992年 45 日本体育大学 法政大学 39 嘉悦女子短期大学 日本女子体育大学
1993年 46 東海大学 法政大学 40 日本体育大学 筑波大学
1994年 47 東海大学 亜細亜大学 41 東海大学 筑波大学
1995年 48 法政大学 亜細亜大学 42 東海大学 筑波大学
1996年 49 中央大学 東海大学 43 東北福祉大学 福岡大学
1997年 50 筑波大学 法政大学 44 東京学芸大学 東海大学
1998年 51 筑波大学 大阪商業大学 45 東海大学 日本女子体育大学
1999年 52 筑波大学 近畿大学 46 日本女子体育大学 鹿屋体育大学
2000年 53 筑波大学 大阪商業大学 47 嘉悦女子短期大学 鹿屋体育大学
2001年 54 筑波大学 大阪商業大学 48 嘉悦大学 第一幼児教育短期大学
2002年 55 筑波大学 東海大学 49 筑波大学 東北福祉大学
2003年 56 東海大学 筑波大学 50 筑波大学 嘉悦大学
2004年 57 筑波大学 東海大学 51 嘉悦大学 福岡大学
2005年 58 筑波大学 東海大学 52 青山学院大学 筑波大学
2006年 59 東海大学 筑波大学 53 青山学院大学 嘉悦大学
2007年 60 日本体育大学 東海大学 54 嘉悦大学 筑波大学
2008年 61 日本体育大学 東海大学 55 青山学院大学 東海大学
2009年 62 東海大学 順天堂大学 56 筑波大学 嘉悦大学
2010年 63 順天堂大学 中央大学 57 鹿屋体育大学 東海大学
2011年 64 東海大学 日本体育大学 58 東海大学 日本体育大学
2012年 65 筑波大学 慶應義塾大学 59 嘉悦大学 日本体育大学
2013年 66 早稲田大学 日本体育大学 60 鹿屋体育大学 青山学院大学
2014年 67 中央大学 日本体育大学 61 日本体育大学 福岡大学
2015年 68 中央大学 筑波大学 62 東海大学 日本体育大学
2016年 69[1] 中央大学 東海大学 63[2] 鹿屋体育大学 筑波大学

参考文献[編集]

  • ミキプルーンスーパーカレッジバレー2010 公式プログラム

脚注[編集]

  1. ^ 大学日本一決定戦・全日本大学男女選手権大会が東京と名古屋で開幕!”. 日本バレーボール協会. 2016年12月4日閲覧。
  2. ^ 全日本大学バレーボール連盟. “全日本インカレ<2013年以降>開催方法”. 2012年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]