バレーボール全日本女子ジュニアの歴代選手・スタッフ一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バレーボール全日本女子ジュニアの歴代選手・スタッフ一覧は、バレーボール全日本女子ジュニアのアジアジュニア選手権及び世界ジュニア選手権大会ごとの選手・スタッフ一覧である。

目次

1977年世界ジュニア選手権[編集]

1977年9月に開催された第1回世界ジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[1]。出場資格は誕生日が1957年1月1日以降であること[2]

総監督 日本の旗 稲山壬子
監督 日本の旗 佐藤忠明四天王寺高等学校
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
須藤佳代子 1957/4/1 178cm 富士フイルム 主将
佐藤裕子 1957/1/12 182cm 東洋紡
綿貫志穂美 1957/3/8 158cm ユニチカ
江上由美 1957/11/30 175cm 日立
池知晶代 1958/1/15 178cm 富士フイルム
奥嶋桂子 1957/7/12 171cm カネボウ
金子佐知子 1958/3/27 174cm 日立
森田喜美枝 1958/2/27 171cm 日立
橋口英子 1933/1/9 172cm カネボウ
岡村美代子 1957/4/22 169cm 富士フイルム
結城てり江 1958/10/30 178cm ユニチカ
川原千鶴 1958/11/3 172cm 日立

1980年アジアジュニア選手権[編集]

1980年に開催された第1回アジアジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[3]

監督 日本の旗 佐藤忠明四天王寺高等学校
コーチ 日本の旗 徳丸順庶博多女子高等学校
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 小森悦子 1962/3/31 176cm カネボウ センター 主将
2 加藤広子 1962/9/6 171cm 山形学院高等学校
3 国好敏子 165cm 三田尻女子高等学校
4 山口奈緒美 170cm 千葉明徳高等学校
5 渡辺郁子 174cm 香川県立志度商業高等学校
6 高木美貞子 180cm 就実高等学校
7 遠藤美恵子 180cm 八王子実践高等学校
8 影山静枝 177cm 宇都宮女子商業高等学校
9 置田佳子 1963/12/9 170cm 四天王寺高等学校
10 鈴木隆子 172cm 宇都宮女子商業高等学校
11 中田久美 1965/9/3 174cm 小平市立小平第四中学校
12 大谷佐知代 1965/8/3 178cm 大阪市立蒲生中学校

1981年世界ジュニア選手権[編集]

1981年10月に開催された第2回世界ジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[4]

監督 日本の旗 佐藤忠明四天王寺高等学校
コーチ 日本の旗 徳丸順庶博多女子高等学校
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 小高笑子 1962/12/14 179cm 日立 補助 主将
2 柏瀬佳子 1961/1/5 174cm 三洋電機 セッター
3 林春子 1961/3/23 175cm ユニチカ 補助
4 原哉祐己 1961/4/6 177cm 日立 エース
5 林弘子 1961/10/7 177cm 日立 補助
6 武内広子 1961/11/1 170cm 日立 センター
7 杉本里香 1962/6/6 173cm 東洋紡 センター
8 加藤広子 1962/9/6 170cm 日立 補助
9 置田佳子 1963/12/9 170cm 四天王寺高等学校 エース
10 中田久美 1965/9/3 174cm 日立 セッター
11 大谷佐知代 1965/8/3 178cm 四天王寺高等学校 エース
12 宮島恵子 1965/9/12 八王子実践高等学校 エース

1982年環太平洋ジュニア選手権(参考)[編集]

1982年8月に開催された第9回環太平洋ジュニア選手権(U-20)の出場メンバーは次の通り[5]

監督 日本の旗 米田一典
コーチ 日本の旗 生沼スミエ
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 林弘子 1961/10/7 177cm 日立
2 杉山加代子 1961/10/31 180cm 日立 主将
3 武内広子 1961/11/1 170cm 日立
4 鈴木浩子 1962/3/27 176cm 日立茂原
5 加藤広子 1962/9/6 170cm 日立
6 中村利恵 1962/11/29 185cm 日立
7 小高笑子 1962/12/14 179cm 日立
8 鈴木ひろみ 1962/12/25 173cm ユニチカ
9 金岡美貞子 1963/5/27 180cm 日立
10 小林貴代 1964/1/15 172cm 日立
11 渕上環 1963/6/23 172cm 東洋紡
12 中田久美 1965/9/3 176cm 日立

1984年アジアジュニア選手権[編集]

1984年9月に開催された第2回アジアジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[6]

監督 日本の旗 吉田国昭ユニチカ
コーチ 日本の旗 米田一典ダイエー
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 堀美和子 1965/1/9 176cm ダイエー レフト 主将
2 松沢緑 1965/1/6 178cm ダイエー センター
3 小野弘美 1965/1/18 172cm ダイエー ライト
4 梅津一美 1965/2/9 180cm ダイエー レフト
5 大竹正美 1965/2/12 177cm ユニチカ レフト
6 池田奈緖 1965/3/15 175cm 日立 ライト
7 森奈穂子 1965/3/25 175cm ダイエー セッター
9 大谷佐知子 1965/8/3 178cm 大阪吹田クラブ レフト ベストスパイカー賞を獲得
10 中田久美 1965/9/3 176cm 日立 セッター MVPを獲得
11 宮島恵子 1965/9/24 178cm 日立 レフト
12 石掛美知代 1966/3/17 176cm イトーヨーカドー センター

1985年世界ジュニア選手権[編集]

1985年9月に開催された第3回世界ジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[7]

監督 日本の旗 小島孝治
コーチ 日本の旗 山田重雄日本の旗 福原祐三筑波大学
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 中田久美 1965/9/3 176cm 日立 セッター 主将
4 廣紀江 1965/7/26 183cm 筑波大学 センター
5 大谷佐知子 1965/8/3 177cm カネボウ レフト
6 神代純子 1965/9/17 178cm ユニチカ レフト
7 宮島恵子 1965/9/24 178cm 日立 レフト
9 石掛美知代 1966/3/17 173cm イトーヨーカドー レフト
10 益子直美 1966/5/20 173cm イトーヨーカドー レフト
11 中西千枝子 1966/8/24 163cm ユニチカ セッター
12 川瀬ゆかり 1967/3/2 182cm 日立 センター
13 堀順子 1967/2/21 178cm イトーヨーカドー センター/ライト
14 大林素子 1967/6/15 182cm 八王子実践高等学校 ライト
15 武藤美佐子 1967/6/11 185cm 習志野市立習志野高等学校 センター

1986年アジアジュニア選手権[編集]

1986年10月に開催された第3回アジアジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[8]

監督 日本の旗 徳丸順庶博多女子高等学校
コーチ 日本の旗 大塚正則東芝シーガルズ
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 菊池くみ子 1967/2/19 180cm 日立 レフト
2 堀順子 1967/2/21 179cm イトーヨーカドー センター/ライト
3 川瀬ゆかり 1967/3/2 182cm 日立 センター 主将
4 武藤美佐子 1967/6/11 185cm 日立 センター
5 大林素子 1967/6/15 182cm 日立 ライト
6 田島恵美子 1967/9/13 181cm 日立 レフト
7 塩田かおり 1967/10/8 178cm ユニチカ センター/ライト
8 高橋有紀子 1967/11/12 170cm 日立 セッター
9 高城薫 1967/12/28 178cm ユニチカ レフト
10 水澤由美子 1968/1/8 170cm カネボウ セッター
11 藤田幸子 1968/1/9 173cm 日立 レフト
12 堀江陽子 1969/3/24 177cm 中村高等学校

1987年世界ジュニア選手権[編集]

1987年9月に開催された第4回世界ジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[9]

監督 日本の旗 菊間崇祠八王子実践高等学校
コーチ 日本の旗 大塚正則東芝シーガルズ
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 菊池くみ子 1967/2/19 180cm 日立 レフト
2 川瀬ゆかり 1967/3/2 182cm 日立 センター 主将
3 武藤美佐子 1967/6/11 186cm 日立 センター
4 大林素子 1967/6/15 182cm 日立 ライト
5 田島恵美子 1967/9/13 181cm 日立 レフト
6 塩田かおり 1967/10/8 178cm ユニチカ センター/ライト
7 高橋有紀子 1967/11/12 170cm 日立 セッター
8 藤田幸子 1968/1/9 173cm 日立 レフト
9 桑田雅美 1968/9/6 177cm イトーヨーカドー センター
10 松田友子 1968/10/2 168cm 日本電気 レフト
11 佐藤照美 1969/2/13 160cm 日立佐和 セッター
12 堀江陽子 1969/3/24 177cm 早稲田大学

1988年アジアジュニア選手権[編集]

1988年8月に開催された第4回アジアジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[10]

監督 日本の旗 小島孝治
コーチ 日本の旗 西田守大阪女子短期大学高等学校
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 佐藤照美 1969/2/13 160cm 日立佐和 セッター
2 苗村郁代 1969/5/13 166cm イトーヨーカドー レフト
3 嶺本睦美 1969/6/30 180cm ダイエー レフト
4 夏田由美 1969/7/12 162cm ダイエー レシーバー
5 永富有紀 1969/7/15 172cm 日立 ライト
6 三木恵 1969/7/25 178cm 日立 レフト
7 林とし江 1969/8/24 175cm 小田急 センター
8 富田律子 1969/9/13 180cm 青山学院大学
9 坂本清美 1969/10/12 175cm 東洋紡 レフト
10 遠藤たかね 1969/10/22 180cm 東北福祉大学 主将
11 原知恵子 1969/10/26 177cm 小田急 センター
12 斎藤真由美 1971/2/27 176cm イトーヨーカドー レフト

1989年世界ジュニア選手権[編集]

1989年8月に開催された第5回世界ジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[11]

監督 日本の旗 小島孝治
コーチ 日本の旗 山本章雄
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 佐藤照美 1969/2/13 160cm 日立佐和 セッター 主将
2 苗村郁代 1969/5/13 167cm イトーヨーカドー レフト
4 夏田由美 1969/7/12 160cm ダイエー レシーバー
6 三木恵 1969/7/25 177cm 日立 レフト
7 富田律子 1969/9/13 180cm 青山学院大学
8 原知恵子 1969/10/26 178cm 小田急 センター
10 大庭こずえ 1969/11/25 182cm ユニチカ センター
11 吉原知子 1970/2/4 180cm 日立 センター
12 福田記代子 1970/8/4 178cm 日立 レフト
13 村上まり 1970/11/27 173cm カネボウ ライト
14 中村和美 1971/2/24 170cm ユニチカ ライト
15 斎藤真由美 1971/2/27 177cm イトーヨーカドー レフト

1990年アジアジュニア選手権[編集]

1990年度の全日本ジュニアの登録メンバーは次の通り[12]

監督 日本の旗 西本哲雄日本たばこ産業
コーチ 日本の旗 一柳昇旭川実業高等学校
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 中村和美 1971/2/24 170cm ユニチカ ライト
2 中野宏子 1971/6/15 174cm 日立 センター
3 山口東亜子 1971/6/24 165cm 筑波大学 セッター
4 小林櫻子 1972/3/8 167cm 明治学院大学 ライト 主将
5 小野恭子 1972/4/2 179cm 山梨県立韮崎高等学校 センター
6 丸山早苗 1972/5/30 178cm 東京農業大学第二高等学校 センター
7 伊藤敬子 1972/6/19 180cm 秋田県立角館南高等学校 レフト
8 多治見麻子 1972/6/26 180cm 八王子実践高等学校 レフト
9 江藤直美 1972/7/12 186cm 扇城高等学校 センター
10 中尾潤子 1972/8/1 168cm 八王子実践高等学校 セッター
11 星野賀代 1972/9/12 176cm 沖縄県立中部商業高等学校 レフト
12 金子美由紀 1972/9/30 173cm 共栄学園高等学校 レフト/ライト
13 大貫美奈子 1972/10/15 173cm 共栄学園高等学校 ライト
14 坂本久美子 1972/12/13 177cm 博多女子高等学校 レフト
15 末国愛里 1972/12/17 174cm 進徳女子高等学校 ライト
16 小林あい子 1973/8/8 184cm 大阪女子短期大学高等学校 センター

1992年アジアジュニア選手権[編集]

1992年8月に開催された第6回アジアジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[13]

監督 日本の旗 西本哲雄日本たばこ産業
コーチ 日本の旗 鶴徹朗
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
中尾具代 1973/2/20 163cm 日本体育大学 セッター 主将
山村智子 1973/2/7 178cm 日本体育大学 レフト
富塚和美 1973/7/30 168cm 富士フイルム レフト
広田恭子 1973/4/24 180cm 小田急 センター
伊藤百合子 1973/6/23 178cm 日立 レフト
舟倉一美 1973/7/2 178cm 日本電気 センター
酒井千恵 1973/9/10 178cm ダイエー ライト
黒坂美紀 1973/11/18 176cm ダイエー レフト
高倉紀緒 1973/10/5 160cm 小田急 セッター
松木麻貴子 1974/10/5 171cm イトーヨーカドー セッター
大田美保 1973/10/27 179cm 日立 レフト/ライト
土田しのぶ 1974/3/3 175cm 小田急 レフト

1993年世界ジュニア選手権[編集]

1993年8月に開催された第7回世界ジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[14]

監督 日本の旗 西本哲雄日本たばこ産業
コーチ 日本の旗 一柳昇旭川実業高等学校
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 土田しのぶ 1974/3/3 175cm 小田急 主将
4 平美由紀 1973/9/24 170cm 日立
5 高倉紀緒 1973/10/5 163cm 小田急 セッター
6 大田美保 1973/10/27 180cm 日立
7 先野久美子 1975/9/23 179cm 三田尻女子高等学校 センター
8 木村由紀子 1974/4/15 175cm 小田急
9 椿美穂 1974/8/18 176cm イトーヨーカドー
11 島崎みゆき 1974/10/13 178cm 日立
12 江越由佳 1974/1/17 183cm ユニチカ センター
13 小幡倫子 1975/1/17 171cm 小田急 ライト
14 山口倫世 1973/6/1 165cm NEC関西 セッター
15 榎谷佳奈 1974/12/30 173cm NEC センター

1994年アジアジュニア選手権[編集]

1994年8月に開催された第7回アジアジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[15]

監督 日本の旗 西本哲雄日本たばこ産業
コーチ 日本の旗 吉田信之日本電気
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
2 山下直子 1975/4/20 1cm 小田急
3 東川愛子 1975/5/14 182cm 小田急
4 鶴田桂子 1975/7/12 168cm ダイエー セッター
5 小谷弘美 1975/7/18 180cm イトーヨーカドー センター
6 田中姿子 1975/7/28 173cm 日立
7 備前夕子 1975/8/19 183cm 日立
8 高橋幸子 1975/9/3 165cm ダイエー
10 先野久美子 1975/9/23 179cm ダイエー センター
11 大懸郁久美 1976/1/1 172cm NEC 主将
16 谷口雅美 1976/9/17 175cm 小田急
17 佐々木みき 1976/12/15 181cm 登別大谷高等学校
18 大村加奈子 1976/12/15 184cm 京都府立北嵯峨高等学校

1995年世界ジュニア選手権[編集]

1995年7月に開催された第8回世界ジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[16]

監督 日本の旗 西本哲雄日本たばこ産業
コーチ 日本の旗 仁和直大
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 東川愛子 1975/5/14 182cm 小田急
2 鶴田桂子 1975/7/12 168cm ダイエー セッター
3 備前夕子 1975/8/19 182cm 日立
4 先野久美子 1975/9/23 178cm ダイエー センター
5 大懸郁久美 1976/1/1 172cm NEC 主将
6 岩田めぐみ 1976/4/27 172cm 小田急
7 満永ひとみ 1976/6/3 178cm ダイエー
8 谷口雅美 1976/9/17 176cm 小田急
10 佐々木みき 1976/12/15 181cm ダイエー
11 大村加奈子 1976/12/15 184cm ダイエー
12 遠藤睦美 1977/1/6 186cm NEC
14 田中姿子 1975/7/28 172cm 日立

1996年アジアジュニア選手権[編集]

1996年9月に開催された第8回アジアジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[17]

監督 日本の旗 西本哲雄日本たばこ産業
コーチ 日本の旗 佐藤稔小田急)、日本の旗 福田康弘日立
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 森みゆき 1978/1/21 174cm 日立 レフト 主将
2 向井久子 1978/3/1 175cm 石川島播磨重工呉 レフト
3 美田麻衣 1978/3/28 172cm NEC センター
4 坪根淳子 1978/5/10 174cm 福岡県立北九州高等学校 セッター
5 小田幸 1978/10/30 180cm 高知市立高知商業高等学校
6 鈴木洋美 1978/11/14 183cm 春日部共栄高等学校
7 菅山かおる 1978/12/26 170cm 古川商業高等学校
8 宝来麻紀子 1979/1/6 186cm 三田尻女子高等学校
9 大沼綾子 1979/4/17 180cm 古川商業高等学校
10 高橋めぐみ 1979/6/11 189cm 古川商業高等学校
11 板垣紘子 1979/8/10 184cm 古川商業高等学校 レフト
12 高橋翠 1980/3/10 175cm 古川商業高等学校

1997年世界ジュニア選手権[編集]

1997年9月に開催された第9回世界ジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[18]

監督 日本の旗 鈴木定イトーヨーカドー
コーチ 日本の旗 佐藤浩明
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 向井久子 1978/3/1 175cm 石川島播磨重工呉
2 丹山美沙緒 1978/3/14 175cm NEC
3 竹下佳江 1978/3/18 159cm NEC セッター 主将
4 美田麻衣 1978/3/28 173cm NEC
5 山下祐美子 1978/4/20 175cm イトーヨーカドー
6 坪根淳子 1978/5/10 174cm 小田急 セッター
7 小金澤弘江 1978/7/6 178cm 日立
9 西村光代 1978/9/8 177cm 東芝 センター
10 鈴木洋美 1978/11/14 183cm イトーヨーカドー センター
11 高橋みゆき 1978/12/25 172cm NEC
12 宝来麻紀子 1979/1/6 186cm 日立
16 杉山祥子 1979/10/19 183cm 富士見高等学校

1998年アジアジュニア選手権[編集]

1998年9月に開催された第9回アジアジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[19]

監督 日本の旗 鈴木定イトーヨーカドー
コーチ 日本の旗 太田豊彦共栄学園高等学校
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 高橋翠 1980/3/10 172cm 日本体育大学 主将
2 青木絢子 1980/5/13 181cm 國學院大學栃木高等学校
3 松崎聖子 1980/5/14 178cm 成徳学園高等学校
4 岸早苗 1980/5/27 177cm 兵庫県立氷上高等学校
5 平井真栄 1980/6/7 166cm 東九州龍谷高等学校
6 五十川葉子 1980/7/1 176cm 四天王寺高等学校
7 内藤香菜子 1980/11/4 183cm 甲府市立甲府商業高等学校
8 浦田聖子 1980/12/22 175cm 共栄学園高等学校
9 松田賢枝 1981/2/23 181cm 土浦日本大学高等学校
10 桑村綾子 1981/3/24 177cm 四天王寺高等学校
11 三澤由佳 1981/3/24 178cm 松商学園高等学校
12 落合真理 1982/1/4 178cm 成徳学園高等学校 サーブレシーブ賞を受賞

1999年世界ジュニア選手権アジア予選[編集]

1999年5月に開催された第10回世界ジュニア選手権アジア予選の出場メンバーは次の通り[20]

監督 日本の旗 鈴木定イトーヨーカドー
コーチ 日本の旗 太田豊彦共栄学園高等学校
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
岡田理恵 1980/4/2 174cm NEC レフト
青木絢子 1980/5/13 181cm 久光製薬鳥栖スプリングス センター
松崎聖子 1980/5/14 178cm イトーヨーカドー レフト
岸早苗 1980/5/27 177cm イトーヨーカドー レフト
平井真栄 1980/6/7 166cm 東北パイオニア セッター
五十川葉子 1980/7/1 176cm ユニチカ レフト 主将
中田美和 1980/9/22 167cm ユニチカ セッター
内藤香菜子 1980/11/4 183cm イトーヨーカドー センター
浦田聖子 1980/12/22 175cm NEC レフト アジア予選ではリベロ
松田賢枝 1981/2/23 181cm NEC センター
桑村綾子 1981/3/24 177cm デンソー センター
三澤由佳 1981/3/24 178cm イトーヨーカドー ライト

2000年アジアジュニア選手権[編集]

2000年9月に開催された第10回アジアジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[21]

監督 日本の旗 西田守大阪女子短期大学高等学校
コーチ 日本の旗 太田豊彦共栄学園高等学校
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 落合真理 1982/1/4 178cm 日立ベルフィーユ レフト 主将
2 小川絵梨佳 1982/1/10 175cm 東洋紡オーキス ライト アタック賞を受賞
3 宇都宮真希子 1982/3/1 172cm 東洋紡オーキス セッター
4 水野早苗 1982/3/1 176cm デンソー・エアリービーズ センター
5 大友愛 1982/3/24 183cm NECレッドロケッツ センター サーブ賞を受賞
6 川島恵 1982/4/30 161cm 四天王寺高等学校 リベロ リベロ賞・サーブレシーブ賞を受賞
7 佐田樹理 1982/6/18 173cm 熊本信愛女学院高等学校 レフト
9 神麻衣子 1982/7/20 163cm 川越市立川越商業高等学校 セッター セッター賞を受賞
11 横田真奈美 1982/9/14 163cm 共栄学園高等学校 セッター
13 中村多絵子 1982/11/29 177cm 九州文化学園高等学校 センター
14 嶋田美樹 1983/3/29 187cm 四天王寺高等学校 センター
15 吉澤智恵 1983/7/9 172cm 共栄学園高等学校 レフト
河村めぐみ 1983/7/12 東九州龍谷高等学校 研修のため、帯同
大山加奈 1984/6/19 成徳学園高等学校 研修のため、帯同

2001年世界ジュニア選手権アジア予選[編集]

2001年4月に開催された第11回世界ジュニア選手権アジア予選の出場メンバーは次の通り[22]本大会はアジア予選敗退で不出場[23]

監督 日本の旗 西田守日本バレーボール協会
コーチ 日本の旗 太田豊彦共栄学園高等学校
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 落合真理 1982/1/4 178cm 日立ベルフィーユ レフト 主将
2 小川絵梨佳 1982/1/10 175cm 東洋紡オーキス ライト ベストスコアラー賞を受賞
3 宇都宮真希子 1982/3/1 172cm 東洋紡オーキス セッター
6 川島恵 1982/4/30 161cm 中京大学 リベロ ベストレシーバー賞を受賞
7 佐田樹理 1982/6/18 173cm JTマーヴェラス レフト ベストサーブレシーバー賞を受賞
8 河村めぐみ 1983/7/12 193cm 東九州龍谷高等学校 センター
9 武笠麻衣子 1982/7/20 164cm 嘉悦大学 セッター
10 松崎さ代子 1982/8/23 181cm NECレッドロケッツ レフト
11 横田真奈美 1982/9/14 163cm NECレッドロケッツ セッター
13 中村多絵子 1982/11/29 177cm 日立ベルフィーユ センター
15 吉澤智恵 1983/7/9 172cm 共栄学園高等学校 レフト
18 冨田寧寧 1982/9/30 183cm 日立ベルフィーユ センター ベストブロッカー賞を受賞

2002年アジアジュニア選手権[編集]

2002年9月に開催された第11回アジアジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[24]

監督 日本の旗 伊藤博義川越市立川越高等学校
コーチ 日本の旗 松本幸熊本信愛女学院高等学校)、岸本太道東レ・アローズ
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 山田宏美 171cm 早稲田大学 センター
2 栗原恵 1984/7/31 185cm 三田尻女子高等学校 レフト
4 橋本直子 1984/7/11 170cm 就実高等学校 セッター
5 荒木絵里香 1984/8/3 186cm 成徳学園高等学校 センター
6 有田沙織 1984/7/10 180cm 熊本信愛女学院高等学校 ライト
7 眞恵子 1985/5/18 180cm 淑徳学園高等学校 センター
8 大山未希 1985/10/3 177cm 成徳学園高等学校 レフト
9 河村聖子 1984/5/23 174cm 三田尻女子高等学校 セッター
10 川上佳奈 1984/8/20 161cm 共栄学園高等学校 リベロ
11 宣美幸 1984/9/17 178cm 古川商業高等学校 センター
12 澤畠文子 1985/10/25 177cm 土浦日本大学高等学校 レフト
13 細田絵理 1984/5/15 175cm 人間環境大学岡崎学園高等学校 レフト

2003年世界ジュニア選手権アジア予選[編集]

2003年4月に開催予定の第12回世界ジュニア選手権(U-20)アジア予選の出場メンバー候補は次の通り[25]。実際の予選大会は出場辞退。

監督 日本の旗 伊藤博義川越市立川越高等学校
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 大山加奈 1984/6/19 187cm 成徳学園高等学校 レフト
2 栗原恵 1984/7/31 186cm 三田尻女子高等学校 レフト
3 橋本直子 1984/7/11 170cm 就実高等学校 セッター
4 荒木絵里香 1984/8/3 186cm 成徳学園高等学校 センター
5 有田沙織 1984/7/10 180cm 熊本信愛女学院高等学校 ライト
6 眞恵子 1985/5/18 181cm 淑徳学園高等学校 センター
7 大山未希 1985/10/3 177cm 成徳学園高等学校 レフト
8 河村聖子 1984/5/23 174cm 三田尻女子高等学校 セッター
9 川上佳奈 1984/8/20 161cm 共栄学園高等学校 リベロ
10 宣美幸 1984/9/17 180cm 古川商業高等学校 センター
11 澤畠文子 1985/10/25 177cm 土浦日本大学高等学校 レフト
12 細田絵理 1984/5/15 175cm 岡崎学園高等学校 レフト
13 木村沙織 1986/8/19 181cm 成徳学園高等学校 ライト
14 横山友美佳 1987/3/2 187cm 成徳学園高等学校 レフト
15 佐藤美耶 1986/10/23 176cm 成徳学園高等学校 レフト
16 松下友香 1984/5/19 172cm 三重県立津商業高等学校 セッター
17 平井香菜子 1984/4/15 180cm 三重県立津商業高等学校 センター
18 浅津ゆうこ 1985/8/27 180cm 開星高等学校 ライト

2004年アジアジュニア選手権[編集]

2004年9月に開催された第12回アジアジュニア選手権(U-19)の出場メンバーは次の通り[26]

監督 日本の旗 小川良樹下北沢成徳高等学校
コーチ 日本の旗 藤田幸光
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
2 内山みなみ 1986/5/16 172cm 共栄学園高等学校 WS
4 東山由香 1986/5/24 164cm 九州文化学園高等学校 S
5 杉本早希 1986/7/21 178cm 九州文化学園高等学校 WS
6 泉夏子 1987/8/1 177cm 誠英高等学校 S/WS ベストスコアラー・スパイク賞・サーブ賞を受賞
9 西山由樹 1986/6/4 185cm 京都橘高等学校 WS
10 木村沙織 1986/8/19 182cm 下北沢成徳高等学校 WS/MB
11 佐藤美耶 1986/10/23 176cm 下北沢成徳高等学校 WS 主将
12 水田祐未 1986/11/30 180cm 九州文化学園高等学校 MB
13 横山友美佳 1987/3/2 187cm 下北沢成徳高等学校 WS
14 高崎紗緒梨 1987/3/21 182cm 富山県立高岡商業高等学校 WS
16 井野亜季子 1986/9/28 167cm 誠英高等学校 L
18 高田ありさ 1987/2/17 176cm 九州文化学園高等学校 WS

2005年世界ジュニア選手権[編集]

2005年7月に開催された世界ジュニア選手権(U-20)の出場メンバーは次の通り[23]

監督 日本の旗 小川良樹下北沢成徳高等学校
コーチ 日本の旗 藤田幸光MSAプランニング)、福田康弘日本バレーボール協会
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 高橋潤子 1986/4/30 180cm デンソー・エアリービーズ WS
2 内山みなみ 1986/5/16 172cm NECレッドロケッツ S
4 東山由香 1986/5/24 164cm 茂原アルカス S
5 西山由樹 1986/6/4 183cm JTマーヴェラス WS
6 杉本早希 1986/7/21 178cm パイオニアレッドウィングス WS
7 木村沙織 1986/8/19 184cm 東レ・アローズ WS
9 井野亜季子 1986/9/28 168cm 日立佐和リヴァーレ L
10 佐藤美耶 1986/10/23 176cm 東レ・アローズ WS 主将
11 千野葉子 1986/11/24 179cm JTマーヴェラス MB
12 水田祐未 1986/11/30 181cm 筑波大学 MB
13 高田ありさ 1987/2/17 176cm 東レ・アローズ WS
14 高崎紗緒梨 1987/3/21 183cm NECレッドロケッツ WS

2006年アジアジュニア選手権[編集]

2006年10月に開催された第13回アジアジュニア選手権(U-19)の出場メンバーは次の通り[27]

監督 日本の旗 郭一彦和歌山信愛女子短期大学附属高等学校
コーチ 日本の旗 旭豊彦福岡県立直方高等学校
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 石田瑞穂 1988/1/22 173cm 武富士バンブー WS 主将
4 雨堤みなみ 1988/9/8 182cm 須磨ノ浦女子高等学校 WS
5 西山慶樹 1988/10/19 176cm 京都橘高等学校 WS
6 加藤千尋 1988/11/22 177cm 神奈川県立大和南高等学校 MB
7 高橋美帆 1988/11/29 180cm 川越市立川越高等学校 MB
8 渡邉美穂 1989/1/8 167cm 京都橘高等学校 S ベストセッター賞を受賞
9 新垣麻衣 1989/1/25 174cm 沖縄県立中部商業高等学校 MB
11 冨永こよみ 1989/5/1 175cm 下北沢成徳高等学校 WS/S
12 高橋那依 1989/5/2 176cm 八王子実践高等学校 MB
14 泉岡未来 1989/7/2 174cm 京都橘高等学校 WS
15 片下恭子 1989/7/13 158cm 東九州龍谷高等学校 L
16 鈴木裕子 1989/8/12 171cm 八王子実践高等学校 WS

2007年世界ジュニア選手権[編集]

2007年7月に開催された世界ジュニア選手権(U-20)の出場メンバーは次の通り[28]

監督 日本の旗 郭一彦和歌山信愛女子短期大学附属高等学校
コーチ 日本の旗 三輪欣之京都橘高等学校
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 石田瑞穂 1988/1/22 173cm 武富士バンブー WS 主将
2 冨永こよみ 1989/5/1 175cm 下北沢成徳高等学校 WS/S
3 渡邉美穂 1989/1/8 166cm 筑波大学 S ベストセッター賞を受賞
4 西山慶樹 1988/10/19 175cm JTマーヴェラス WS
6 泉岡未来 1989/7/2 174cm 京都橘高等学校 WS
7 雨堤みなみ 1988/9/8 182cm 久光製薬スプリングス WS
8 加藤千尋 1988/11/22 177cm JTマーヴェラス MB
9 服部鮎美 1988/7/28 170cm トヨタ車体クインシーズ WS
10 砂田遥 1988/4/18 181cm 武富士バンブー MB
11 高橋美帆 1988/11/29 180cm パイオニアレッドウィングス MB
12 片下恭子 1989/7/13 158cm 東九州龍谷高等学校 L
15 井上奈々朱 1989/6/19 178cm 下北沢成徳高等学校 WS

2008年アジアジュニア選手権[編集]

2008年9月に開催された第14回アジアジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[29]

監督 日本の旗 相原昇東九州龍谷高等学校
コーチ 日本の旗 安藤祐枝世田谷区立富士中学校
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 河合由貴 1990/1/22 168cm JTマーヴェラス S 主将、MVP・ベストセッター賞
2 井上琴絵 1990/2/15 161cm JTマーヴェラス L ベストリベロ賞
3 小平花織 1990/4/13 169cm 東海大学付属第三高等学校 WS
4 峯村沙紀 1990/4/18 176cm 九州文化学園高等学校 WS
5 岩坂名奈 1990/7/3 187cm 東九州龍谷高等学校 MB
6 松浦寛子 1990/7/15 180cm 東九州龍谷高等学校 WS
8 川原愛璃 1990/9/10 169cm 東九州龍谷高等学校 WS
9 卜部里菜 1991/1/22 170cm 大阪国際滝井高等学校 WS
10 芥川愛加 1991/4/3 178cm 東九州龍谷高等学校 MB
11 栄絵里香 1991/4/3 167cm 東九州龍谷高等学校 S
12 長岡望悠 1991/7/25 177cm 東九州龍谷高等学校 WS
13 田村紗有里 1991/5/15 172cm 東九州龍谷高等学校 WS

2010年アジアジュニア選手権[編集]

2012年10月に開催された第15回アジアジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[30]

監督 日本の旗 小川良樹下北沢成徳高等学校
コーチ 日本の旗 福田康弘東レ・アローズ
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 森谷史佳 1992/4/7 178cm 共栄学園高等学校 MB
2 堀川真理 1992/5/3 180cm 共栄学園高等学校 WS 主将
3 金子早織 1992/5/9 175cm 山梨県立増穂商業高等学校 WS
4 二見梓 1992/5/15 180cm 神奈川県立大和南高等学校 MB
6 大野果奈 1992/6/30 182cm 古川学園高等学校 WS
7 佐々木美麗 1992/7/19 177cm 古川学園高等学校 WS
8 栁谷祐貴子 1992/8/7 167cm 九州文化学園高等学校 S
8 持丸結美子 1992/9/16 175cm 八王子実践高等学校 WS
10 森寿実子 1992/10/26 155cm 鹿児島県立鹿児島南高等学校 L
12 大竹里歩 1993/12/23 183cm 下北沢成徳高等学校 MB
15 山上彩 1993/1/16 172cm 山形市立商業高等学校 WS
17 山田美花 1993/6/22 173cm 古川学園高等学校 WS

2011年世界ジュニア選手権[編集]

2011年7月に開催された世界ジュニア選手権の出場メンバーは次の通り[31]

監督 日本の旗 福田康弘東レ・アローズ
コーチ 日本の旗 山口祐之デンソー・エアリービーズ
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 森谷史佳 1992/4/7 179cm パイオニアレッドウィングス MB
2 堀川真理 1992/5/3 180cm 東レ・アローズ WS 主将
3 金子早織 1992/5/9 175cm NECレッドロケッツ WS
4 二見梓 1992/5/15 180cm 東レ・アローズ MB
6 大野果奈 1992/6/30 180cm NECレッドロケッツ MB
7 佐々木美麗 1992/7/19 176cm 日立リヴァーレ WS
8 栁谷祐貴子 1992/8/7 167cm 福岡大学 S
8 持丸結美子 1992/9/16 175cm パイオニアレッドウィングス WS
10 森寿実子 1992/10/26 156cm 鹿屋体育大学 L
11 山上彩 1993/1/16 172cm 筑波大学 WS
12 南美寿希 1993/2/19 175cm 久光製薬スプリングス S
14 村田しおり 1992/6/23 167cm 久光製薬スプリングス WS

2012年アジアジュニア選手権[編集]

2012年10月に開催された第16回アジアジュニア選手権(U-19)の出場メンバーは次の通り[32]

監督 日本の旗 福田康弘東レ・アローズ
コーチ 日本の旗 三枝大地日本バレーボール協会
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 小田桃香 1994/1/28 172cm 東海大学 WS 主将
2 佐藤円 1994/2/19 159cm パイオニアレッドウィングス L
3 本間真樹子 1994/2/26 178cm 筑波大学 MB
4 堀江彩 1994/12/16 174cm 建国高等学校 WS
5 上野香織 1995/1/6 180cm 文京学院大学女子高等学校 MB
6 赤星七星 1995/1/7 173cm 熊本市立必由館高等学校 S
7 山上有紀 1995/3/6 171cm 東海大学付属相模高等学校 S
8 山内美咲 1995/3/10 172cm 沖縄県立西原高等学校 WS
9 秋山愛海 1995/3/17 173cm 香川西高等学校 WS
10 土井さくら 1995/3/28 177cm 秋田県立秋田北高等学校 WS
11 佐川奈美 1995/8/1 179cm 共栄学園高等学校 MB
12 小川杏奈 1995/10/6 178cm 就実高等学校 MB

2013年世界ジュニア選手権[編集]

2013年6月に開催された世界ジュニア選手権(U-20)の出場メンバーは次の通り[33]。出場資格は誕生日が1994年1月1日以降であること。

監督 日本の旗 福田康弘東レ・アローズ
コーチ 日本の旗 三枝大地日本バレーボール協会
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 小田桃香 1994/1/28 173cm 東海大学 WS 主将
2 本間真樹子 1994/2/26 178cm 筑波大学 MB
3 山内美咲 1995/3/10 172cm 東海大学 MB
7 野村明日香 1994/7/23 180cm 東レ・アローズ MB
9 中屋夏澄 1994/10/8 176cm 日本体育大学 WS
10 小島満菜美 1994/11/7 158cm 青山学院大学 L ベストリベロ賞獲得
12 堀江彩 1994/12/16 174cm デンソー・エアリービーズ WS
13 細川絢加 1994/12/30 173cm 日立リヴァーレ S
14 伊藤望 1995/2/16 178cm 東レ・アローズ MB
15 山上有紀 1995/3/6 171cm 東海大学 S
16 土井さくら 1995/3/28 177cm 筑波大学 WS
17 井上愛里沙 1995/5/8 178cm 京都府立西舞鶴高等学校 WS

2014年アジアジュニア選手権[編集]

2014年7月に開催された第17回アジアジュニア選手権(U-19)の出場メンバーは次の通り[34]。出場資格は誕生日が1996年1月1日以降であること。

監督 日本の旗 安保澄日本バレーボール協会
コーチ 日本の旗 三枝大地日本バレーボール協会)、日本の旗 中谷宏大FC東京
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 柳田光綺 1996/3/26 168cm NECレッドロケッツ WS 主将
4 坂本奈々香 1996/9/6 175cm 福岡県立北九州高等学校 WS
5 古賀紗理那 1996/5/21 180cm 熊本信愛女学院高等学校 WS
6 白井美沙紀 1996/7/30 175cm 神奈川県立大和南高等学校 WS/S
7 小野寺友香 1997/3/22 173cm 春日部共栄高等学校 WS/S
8 間橋香織 1996/11/18 173cm 春日部共栄高等学校 WS ベストオポジットスパイカー賞獲得
9 丸尾遥香 1996/8/15 176cm 金蘭会高等学校 MB
10 小池杏菜 1996/12/16 162cm 金蘭会高等学校 L
11 宮本菜月 1996/8/30 177cm 神奈川県立大和南高等学校 MB
13 高野由里加 1996/4/8 180cm 大阪国際滝井高等学校 MB
14 中田紫乃 1997/7/15 178cm 秋田県立秋田北高等学校 WS
15 中元南 1997/5/14 177cm 千葉県立柏井高等学校 WS

2015年世界ジュニア選手権[編集]

2015年9月に開催された世界ジュニア選手権(U-20)の出場メンバーは次の通り[35]。出場資格は誕生日が1996年1月1日以降であること[36]

監督 日本の旗 安保澄日本バレーボール協会
コーチ 日本の旗 中谷宏大FC東京)、松田健太郎日立リヴァーレ
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
3 廣瀬七海 1997/5/12 177cm 旭川実業高等学校 WS
4 白井美沙紀 1996/7/30 175cm 東レ・アローズ WS/S ベストセッターを獲得
5 高野由里加 1996/4/8 177cm 岡山シーガルズ MB
8 橘井友香 1997/1/15 172cm JTマーヴェラス WS
9 丸尾遥香 1996/8/15 176cm 筑波大学 MB
11 金森晴香 1996/4/9 176cm 久光製薬スプリングス MB
12 花井萌里 1997/4/17 167cm 共栄学園高等学校 L
13 柳田光綺 1996/3/26 168cm NECレッドロケッツ WS 主将
14 小野寺友香 1997/3/22 173cm 日立リヴァーレ WS/S
15 中田紫乃 1997/7/15 178cm 秋田県立秋田北高等学校 WS
17 間橋香織 1996/11/18 173cm 日立リヴァーレ WS
19 小池杏菜 1996/12/16 162cm 日立リヴァーレ L

2016年アジアジュニア選手権[編集]

2016年7月に開催されたアジアジュニア選手権(U-19)の出場メンバーは次の通り[37]。出場資格は誕生日が1998年1月1日以降であること。

監督 日本の旗 安保澄日本バレーボール協会
コーチ 日本の旗 中谷宏大FC東京)、松田健太郎日立リヴァーレ
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 黒後愛 1998/6/14 180cm 下北沢成徳高等学校 WS
2 積山春花 1998/12/21 175cm 八王子実践高等学校 MB
3 松井珠己 1998/1/10 170cm 日本女子体育大学 S 主将
4 オクム大庭ハウィ冬美 1998/6/27 177cm 博多女子高等学校 WS
5 新井祥 1998/6/30 173cm 就実高等学校 WS
6 山口珠李 1998/9/2 173cm 下北沢成徳高等学校 MB
7 荒谷栞 1998/9/22 173cm 共栄学園高等学校 MB
8 堀江美志 1998/10/12 171cm 下北沢成徳高等学校 WS
10 安井由香子 1999/1/8 165cm 日ノ本学園高等学校 L
11 東谷玲衣奈 1999/4/8 176cm 八王子実践高等学校 WS
12 関菜々巳 1999/6/12 170cm 千葉県立柏井高等学校 S
15 上坂瑠子 1999/9/7 172cm 福井工業大学附属福井高等学校 WS

2017年世界ジュニア選手権[編集]

2017年7月に開催された世界ジュニア選手権(U-20)の出場メンバーは次の通り][38]。出場資格は誕生日が1998年1月1日以降であること。

監督 日本の旗 安保澄日本バレーボール協会
コーチ 日本の旗 中谷宏大FC東京
No. 選手名 生年月日 身長 所属チーム P 備考
1 黒後愛 1998/6/14 180cm 東レ・アローズ WS
2 荒谷栞 1998/9/22 173cm NECレッドロケッツ MB
3 松井珠己 1998/1/10 170cm 日本女子体育大学 S 主将、ベストセッター賞を受賞
4 小川愛里奈 1998/6/3 178cm 東レ・アローズ MB
5 兵頭由希 1998/10/19 174cm デンソー・エアリービーズ WS
6 山口珠李 1998/9/2 175cm 上尾メディックス MB
7 島田美紅 1998/10/11 174cm 順天堂大学 MB
8 堀江美志 1998/10/12 173cm 上尾メディックス WS
9 鎌田咲希 1999/1/6 165cm 日本体育大学 S
11 東谷玲衣奈 1999/4/8 176cm 八王子実践高等学校 WS
12 岩澤実育 1999/10/13 162cm 下北沢成徳高等学校 L
16 中川美柚 2000/1/8 182cm 八王子実践高等学校 WS

脚注[編集]

  1. ^ 『月刊バレーボール』1977年9月号 76ページ
  2. ^ 『月刊バレーボール』1977年1月号 62ページ
  3. ^ 『月刊バレーボール』1980年11月号 87ページ
  4. ^ 『月刊バレーボール』1981年9月号 156ページ
  5. ^ 『バレーボールマガジン』1982年10月号 198ページ
  6. ^ 『月刊バレーボール』1984年11月号 92ページ
  7. ^ 『月刊バレーボール』1985年11月号 157ページ
  8. ^ 『月刊バレーボール』1986年12月号 171ページ
  9. ^ 『月刊バレーボール』1987年11月号 189ページ
  10. ^ 『月刊バレーボール』1988年10月号 186ページ
  11. ^ 『月刊バレーボール』1989年10月号 167ページ
  12. ^ 『月刊バレーボール』1990年8月号 72-73ページ
  13. ^ 『月刊バレーボール』1992年7月号 57ページ
  14. ^ 『月刊バレーボール』1993年10月号 175ページ
  15. ^ 『月刊バレーボール』1994年10月号 146ページ
  16. ^ 『月刊バレーボール』1995年9月号 161ページ
  17. ^ 『月刊バレーボール』1996年11月号 137ページ
  18. ^ 『月刊バレーボール』1997年11月号 129ページ
  19. ^ 『月刊バレーボール』1998年11月号 120ページ
  20. ^ 『月刊バレーボール』1999年7月号 81ページ
  21. ^ 『月刊バレーボール』2000年11月号 71ページ
  22. ^ 『月刊バレーボール』2001年6月号 108ページ
  23. ^ a b 『月刊バレーボール』2005年8月号 105ページ
  24. ^ 『月刊バレーボール』2002年11月号 113ページ
  25. ^ 『月刊バレーボール』2003年4月号 100ページ
  26. ^ 『月刊バレーボール』2004年11月号 95ページ
  27. ^ 『月刊バレーボール』2006年12月号 85ページ
  28. ^ 『月刊バレーボール』2007年8月号 79ページ
  29. ^ 『月刊バレーボール』2008年11月号 91ページ
  30. ^ 『月刊バレーボール』2010年11月号 69ページ
  31. ^ 日本バレーボール協会. “2011年世界女子ジュニア選手権 - 全日本メンバー”. 2014年7月22日閲覧。
  32. ^ 日本バレーボール協会. “第16回アジアジュニア女子選手権大会 - 全日本メンバー”. 2014年7月22日閲覧。
  33. ^ 日本バレーボール協会. “第17回世界ジュニア女子選手権大会 - 全日本メンバー”. 2014年7月22日閲覧。
  34. ^ 日本バレーボール協会. “第17回アジアジュニア女子バレーボール選手権大会(U-19)- 全日本メンバー”. 2014年7月22日閲覧。
  35. ^ FIVB. “Players - Japan”. 2015年9月11日閲覧。
  36. ^ 日本バレーボール協会. “第18回世界ジュニア女子選手権大会(U-20) 概要”. 2015年9月11日閲覧。
  37. ^ 日本バレーボール協会. “全日本メンバー”. 2016年8月2日閲覧。
  38. ^ 日本バレーボール協会. “全日本メンバー”. 2017年7月15日閲覧。

関連項目[編集]