朝日新聞社員2ちゃんねる差別表現書込事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

朝日新聞社員2ちゃんねる差別表現書込事件(あさひしんぶんしゃいんにちゃんねるさべつひょうげんかきこみじけん)は、2009年3月朝日新聞社の社員が社内のパソコンからネット掲示板2ちゃんねる上で部落差別や経済的弱者および精神疾患への差別を助長するような内容を書き込んでいたことが判明し[1]、問題になった事件。

概要[編集]

2009年3月31日、前日から2ちゃんねる側が朝日新聞社のドメイン(asahi-np.co.jp)からの書き込みを規制していた事が発覚した[2]

朝日新聞社側の対応[編集]

この事件について朝日新聞社が調査を行い、東京本社編集局の校閲センター員(当時49歳)が行ったことを突き止め、厳正な処分を行うと発表した[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]