銃夢ハンドル事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

銃夢ハンドル事件(がんむハンドルじけん)は、2000年に漫画『銃夢』の作者の弟が、「銃夢」という文字を含んだハンドルを偶然使用していた無関係の人物に対して、「作品名と類似している」としてハンドルの使用中止を要求したことに端を発した一連の騒動である。

2000年3月16日、漫画家木城ゆきとの公式サイト『ゆきとぴあ』を管理していた実弟が兄の意を体し、連載作品『銃夢』のタイトルが含まれた「××銃夢」(××は伏字)というハンドルを以前から使用していた無関係の人物に対して、著作権商標などを侵害している、混同の恐れがある、としてハンドルの使用中止を要求する電子メールを送った。この人物は要求を受け入れてハンドルを変更し、これに伴う修正のため自身のウェブサイト(内容はまったく無関係)を一時閉鎖した。また、この時『ほごのま』と称するガイドラインにおいて、この電子メールと、それに準じた内容の著作権に関する規約、各キャラクター名を商標登録する意思を『ゆきとぴあ』上に掲載した。

2ちゃんねるを中心にネット上で批判が噴出し、騒動は一般の雑誌(週刊宝島)でも取り上げられ[1]、問題点について検証するサイトも登場した[2]。『銃夢』の出版元である集英社のサイトにも抗議が殺到、同社サイトの運営に支障を来たす事態になった。この時『ゆきとぴあ』では荒らし行為が続いていたが、その後木城ゆきと及び関係者は方針を変更し、2000年5月謝意を表すため『ゆきとぴあ』を一時休止しハンドルを使用していた人物に対して面会して謝罪し和解を申し入れた。

また、事件当初掲載されていたガイドラインは撤回され[3]、『ゆきとぴあ』の商標をもっていた会社に使用許可を正式に申し入れ、同社もこれを受け入れ商標問題も解決したことから、事件は収束していった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 夏原武「ネット社会の実録事件簿 週刊ネットパトロール FILE.002「ネット著作権ヒステリー症候群」」『週刊宝島』第28巻第15号、宝島社、2000年5月24日、29ページ。
  2. ^ 「銃夢」ハンドルネーム使用問題について弁理士石井裕一郎ウェブサイト内、Archive)
  3. ^ 「ゆきとぴあ」上に掲載されていた謝罪文