新潟日報報道部長ツイッター中傷投稿事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新潟日報報道部長ツイッター中傷投稿事件
標的 自分と意見・価値観の異なる人
日付 2013年 - 2015年11月
攻撃手段 Twitterを用いた誹謗中傷脅迫
攻撃側人数 1人
他の被害者 高島章水俣病訴訟弁護団長の弁護士)など
動機 飲酒による判断能力の低下・職場のストレス
対処 懲戒休職処分(無期限無給)→諭旨退職
謝罪 あり
テンプレートを表示

新潟日報報道部長ツイッター中傷投稿事件(にいがたにっぽうほうどうぶちょうツイッターちゅうしょうとうこうじけん)は、2015年11月23日に発覚した対レイシスト行動集団[1]構成員である新潟日報社の支社報道部長(所属支社名は伏せ、以下からは「報道部長」と記述する。)による、政治家[1][2]新潟水俣病訴訟弁護団長の高島章弁護士[3][4][5][6][7]や一般ユーザー[2][3][8][9][10][11][12][13]へのTwitter(ツイッター)での誹謗中傷脅迫事件[2][14]

概要[編集]

2011年3月に報道部長は新潟日報社の社内規定に反して無届けのまま匿名のツイッターアカウントを作成、投稿を開始した[9][10][14][15]。2013年から意見の異なる人々に対して人権侵害につながる表現や差別的な内容を含む投稿を繰り返すようになった[9][14][15][16]。プロフィールに『レイシストファシスト排除!戦争法をぶっ潰せ!安倍はやめろ!自民党は民主主義の敵!日本に本当の民主主義を!』と明記していた[17]

報道部長は、2015年から水俣病訴訟弁護団長の高島章弁護士を中傷するようになった[18]。中傷された高島弁護士は、報道部長がツイッター上で好意をよせていた学生団体SEALDsの活動に批判的な人物であった。報道部長が所属する対レイシスト行動集団についても、「反対派を暴力で叩きのめすという手法は民主主義の原則に反する」として、かねてより批判していた[1]。この他にも、自由民主党衆議院議員である高市早苗(当時総務大臣)に対して「所属政党 ナチス」、稲田朋美(当時同党政務調査会長)に対して「英霊の慰安婦」など、現職の閣僚や政党幹部に対しても中傷を行った。

11月1日、報道部長と同じく対レイシスト行動集団メンバーであった情報セキュリティ会社F-Secureの社員がFacebookで漫画家のはすみとしこが公開した作品に『いいね』を押したユーザーの個人情報を収集して、400人以上の氏名や勤務先をまとめた『はすみリスト』と呼ばれる文書を作成し、ネット上で公開するという事件が起きた[4][8][18][19]。この行為について弁護士が、適法であっても将来的にはプライバシーの侵害に抵触する可能性を有するとしてツイッターで否定的な発言をした所、報道部長が適法なので許容する立場であることを譲らなかった。この際、将来性を考慮した発言によって弁護士が報道部長を論駁したため、逆恨みされるようになったのではないかと高島弁護士は推測している[8][18]

投稿者の特定と事件表面化[編集]

ネット上において本件投稿者が新潟日報社幹部ではないかとの指摘があり、高島弁護士が新潟日報社に問い合わせ、教示された肩書きと電話番号の一部をTwitterでつぶやいたところ、報道部長本人から11月23日13時頃に高島弁護士あて電話があり、投稿者が特定された[7][20]。報道部長はこの電話で謝罪し[4]、これに対して高島弁護士は、「貴方は新潟日報の役職者であり、公人である。あなたの言動はパブリックフォーラムにおける非難をまぬかれない。」と述べた。これを受け報道部長は匿名アカウントに謝罪文を投稿した[9]。11月25日に「これまで、私の誹謗中傷や汚いツイートで傷つかれたすべての方に心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。」などとツイートした[2][9]。11月27日にこの謝罪投稿以外の報道部長のツイートの多くが削除された[9]

Twitter社およびFacebook社に対する開示請求で日本第1号事案を担当した清水陽平弁護士は、本件の特定方法について高島弁護士の勘と行動力に基づくもので、一歩間違えると名誉棄損になりかねない方法なので一般化はできないと指摘している[20]

事件表面化後の高島章弁護士の対処[編集]

被害を受けた高島弁護士は共同通信の取材に対して、「言論人として言ってはいけないことだ」と表明するとともに[21]、毎日新聞社の取材に対して「許される範囲を超えている。匿名投稿は自身の言動へのチェックを失うので恐ろしいことである」という旨を述べ[7][22]、地元のニュースサイト「上越タウンジャーナル」の取材に対し「単なる揶揄や罵倒の域をはるか超える人間性そのものを否定するような言葉が、メディアに携わる公人から発せられていたことに衝撃を受けた」と事件について語っている[23]

被害に遭った原因については、J-CASTニュースの取材に対し、直接のきっかけは不明としつつも2015年11月3日Facebook上で漫画家のはすみとしこのイラストを評価した人物に関する氏名、居住地等の個人情報をF-Secureの職員がインターネット上に公開した事件について、自身のTwitterから「批判的な内容の投稿をしたからではないか」と述べている[24]

事件発覚後の新潟日報社の対応[編集]

新潟日報社は11月24日、編集局幹部が当該報道部長を伴って中傷された高島弁護士の事務所にて「酒に酔っていた、仕事のストレスがあった[25]」と説明した上で謝罪した[5][7][10][14][15][22]

11月25日に新潟日報社ホームページ上で報道部長が高島弁護士への中傷の書きこみを行った事実を公表した[26]。同社は「報道部長の言動に対して新聞人としてあってはならない行為である」と定義した上で、報道部長の役職を解任して11月25日付で懲戒休職処分(無期限無給)とし、経営管理本部付とする人事発表を行った[14][15][27][28]

11月27日に新潟日報朝刊や公式ウェブページに桑山稔取締役経営管理本部長によるお詫びのコメントと報道部長の処分を発表し[16][28][29]。当該報道部長一個人ではなく全社員を対象としたSNS運用に関する研修をすると表明した[9][30]

同年12月1日、新潟日報代表取締役社長小田敏三名で日報政経懇話会会員へ謝罪の手紙を送り「新聞人としてあってはならない行為であり、関係の皆様に大変なご心配をおかけすることになり、深くおわび申し上げます」「この不祥事に関連してご懸念や不快に思われる事案などがありましたらご指摘いただければ幸いです」となどと綴った[29]。しかし社長名による一般読者向けの謝罪はなされなかった[29]

この報道部長は翌2016年3月31日付で新潟日報社を退職した[31]

事件への批評[編集]

メディアの反応[編集]

産経新聞は、原因は飲酒ではなく政治思想であると報じている[17]

財界にいがたは新潟県民に大きな衝撃を与えたと報じ[8]、報道部長の個人的な思想を問題とすることよりも「「社会の木鐸」を標榜する新聞社の幹部であったという点にこそ検証のメスが入れられるべきではないか」と批評している[8]

個人の反応[編集]

健康社会学者の河合薫も、報道部長が釈明として飲酒による判断能力の低下や職場のストレスを理由としたことについて、ストレスの専門家として「ストレスをナメンナよ!」「何よりも致命的なのは、活字の王様といわれる新聞社の50代の管理職ということ」だと批判している[11]評論家古谷経衡も報道部長による釈明について「「酔っていた」と陳謝したが、過去のつぶやきを総覧すると、その釈明も怪しくなる。」と評するとともに、ツイッターにおける誹謗中傷を抑制することに画期的な解決方法はないが巻き込まれないようにするための自衛策として話題を限定することやツイッターを辞めるなどの対策を提起している[32]

福岡県行橋市議会の小坪慎也議員はiRONNAへの寄稿で、新潟日報社の対応について、異動程度で世論が納得するのであろうか[33]、身内びいきで処分が甘すぎると評価している[12]。特に問題なのは新聞社としての報道方針を決め得る立場である報道部長という職にあったことであるとしている[12]

ノンフィクションライター降旗学も事件の一番の問題は報道部長がメディアを生業としてきたジャーナリストであり、ある組織に所属して活動した瞬間からジャーナリストではなく活動家として組織のスポークスマンになることであると指摘している[34]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “ツイッターで暴言三昧、新潟日報報道部長の因果応報(下)”. ダイヤモンド・オンライン: p. 1. (2015年11月28日). http://diamond.jp/articles/-/82307 
  2. ^ a b c d “「赤ん坊を、豚のエサに」「安倍はヒトラーかスターリンのコスプレ」…弁護士以外にも多数書き込み(1/2ページ)”. 産経新聞. (2015年11月26日). http://www.sankei.com/affairs/news/151126/afr1511260016-n1.html 
  3. ^ a b “ツイッターで暴言三昧、新潟日報報道部長の因果応報(下)”. ダイヤモンド・オンライン: p. 3. (2015年11月28日). http://diamond.jp/articles/-/82307?page=3 
  4. ^ a b c “「死ね」「うぜーよ!」新潟日報幹部が「壇宿六」の名で連発した暴言 地元弁護士批判してネットでバレて謝罪”. J-CAST. (2015年11月24日). http://www.j-cast.com/2015/11/24251364.html?p=all 
  5. ^ a b “新潟日報の支社部長、新潟水俣病弁護団長に暴言ツイート”. 朝日新聞. (2015年11月25日). http://www.asahi.com/articles/ASHCS7T92HCSUOHB00W.html 
  6. ^ “新潟日報支社部長、ツイッターで中傷 水俣病弁護団長を「こんな弁護士」「クソ」”. 朝日新聞. (2015年11月25日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12084452.html 
  7. ^ a b c d 真野敏幸 (2015年11月24日). “支社報道部長がツイッターで弁護士に暴言、謝罪”. 毎日新聞. オリジナルの2015年12月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151215092905/http://mainichi.jp/articles/20151125/k00/00m/040/068000c 
  8. ^ a b c d e “壇宿六=新潟日報元幹部=「転落の軌跡」”. 財界にいがた. (2015年12月28日). http://www.zaikainiigata.com/?p=6042 
  9. ^ a b c d e f g Shusuke Murai (2015年11月27日). “Niigata editor suspended after pseudonymous, slanderous tweets come to light” ((英語)). ジャパン・タイムズ. http://www.japantimes.co.jp/news/2015/11/27/national/niigata-editor-suspended-pseudonymous-slanderous-tweets-come-light/#.VmbuHmbouUl 
  10. ^ a b c “【衝撃事件の核心】壇宿六(闇のキャンディーズ)=新潟日報報道部長がツイッターで繰り広げた罵詈雑言…酒の上の不埒で許されるのか?(2/3ページ)”. 産経新聞. (2015年12月7日). http://www.sankei.com/premium/news/151205/prm1512050027-n2.html 
  11. ^ a b 河合薫 (2015年12月1日). “「罵倒ツイッター」が映す地位に溺れる人々 毎日、真面目に働くことが自分のカタチを作る”. 日経ビジネス. http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/200475/112700023/?rt=nocnt 
  12. ^ a b c 小坪慎也. “身内びいきの新潟日報よ、中傷ツイート記者の処分が甘すぎる”. iRONNA. p. 2. 2015年12月13日閲覧。
  13. ^ “新潟日報部長、匿名ツイッターで弁護士に誹謗中傷繰り返す”. 夕刊フジ. (2015年11月25日). http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151125/dms1511251203007-n1.htm 
  14. ^ a b c d e “新潟日報、中傷ツイート社員を懲戒休職処分”. 朝日新聞. (2015年11月27日). http://www.asahi.com/articles/ASHCW3R2MHCWUOHB00C.html 
  15. ^ a b c d 真野敏幸 (2015年11月27日). “新潟日報 元支社部長を懲戒休職 暴言ツイート13年から”. 毎日新聞. オリジナルの2015年12月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151222123701/http://mainichi.jp/articles/20151127/k00/00e/040/199000c 
  16. ^ a b “暴言繰り返し投稿 新潟日報元部長 無期限休職に”. NHK. (2015年11月27日). オリジナルの2015年11月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151127062516/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151127/k10010321421000.html 
  17. ^ a b “【衝撃事件の核心】壇宿六(闇のキャンディーズ)=新潟日報報道部長がツイッターで繰り広げた罵詈雑言…酒の上の不埒で許されるのか?(3/3ページ)”. 産経新聞. (2015年12月7日). http://www.sankei.com/premium/news/151205/prm1512050027-n3.html 
  18. ^ a b c 溝川好男. “高島弁護士「心の闇が出た」”. iRONNA. 2015年12月4日閲覧。
  19. ^ “ツイッターに400人以上の個人情報晒す 勤務先のセキュリティ会社が調査、謝罪”. J-CAST. (2015年11月5日). http://www.j-cast.com/2015/11/05249883.html?p=all 
  20. ^ a b 清水陽平 (2015年11月29日). “新潟日報元部長「暴言ツイート」問題「匿名アカウント」の誹謗中傷をやめさせるには?”. 弁護士ドットコムNEWS. https://www.bengo4.com/internet/n_4003/ 
  21. ^ 共同通信 (2015年11月25日). “報道部長が暴言ツイート 新潟日報、弁護士に謝罪”. 東京新聞. オリジナルの2015年12月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151222124358/http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015112501001648.html 2016年3月9日閲覧。 
  22. ^ a b “Local paper exec admits to insulting lawyer on Twitter” ((英語)). The Mainichi (毎日新聞社). (2015年11月25日). http://mainichi.jp/english/articles/20151125/p2a/00m/0na/005000c 
  23. ^ “「クソ馬鹿ハゲ野郎」新潟日報○○支社報道部長がTwitterで罵詈雑言”. 上越タウンジャーナル. (2015年11月24日). https://www.joetsutj.com/articles/85734166 。支社名は伏せる。
  24. ^ 春山修司 (2015年11月24日). “「死ね」「うぜーよ!」新潟日報幹部が「壇宿六」の名で連発した暴言 地元弁護士批判してネットでバレて謝罪”. J-CASTニュース. http://dailynewsonline.jp/article/1037214/?page=all 2016年9月22日閲覧。 
  25. ^ 新潟日報の支社部長、新潟水俣病弁護団長に暴言ツイート”. www.asahi.com (2015年11月25日). 2019年2月12日閲覧。
  26. ^ “「赤ん坊を、豚のエサに」「安倍はヒトラーかスターリンのコスプレ」…弁護士以外にも多数書き込み(2/2ページ)”. 産経新聞. (2015年11月26日). http://www.sankei.com/affairs/news/151126/afr1511260016-n2.html 
  27. ^ “「お気の毒な人だ」と高島弁護士 匿名Twitterで中傷投稿した新潟日報部長 不適切な書き込みは以前から? (2/2)”. 産経新聞. (2015年11月26日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1511/26/news051_2.html 
  28. ^ a b “新潟日報前部長を懲戒休職”. 朝日新聞. (2015年11月28日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12090277.html 
  29. ^ a b c “「不快に思う事案あれば指摘して」新潟日報が社長名でおわびの手紙”. 上越タウンジャーナル. (2015年12月3日). https://www.joetsutj.com/articles/99239349 
  30. ^ “ツイッターで暴言投稿の新潟日報元部長 無期限懲戒休職に”. J-CAST. (2015年11月27日). http://www.j-cast.com/2015/11/27251673.html 
  31. ^ 新潟日報(2016年3月31日2面)
  32. ^ 古谷経衡. “ツイッターで自滅する人間をどうすればよいのか”. iRONNA. 2015年12月1日閲覧。
  33. ^ 小坪慎也. “身内びいきの新潟日報よ、中傷ツイート記者の処分が甘すぎる”. iRONNA. p. 3. 2015年12月13日閲覧。
  34. ^ “ツイッターで暴言三昧、新潟日報報道部長の因果応報(下)”. ダイヤモンド・オンライン: p. 4. (2015年11月28日). http://diamond.jp/articles/-/82307?page=4 

関連項目[編集]