北原みのり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きたはら みのり
北原 みのり
生誕 1970年11月24日(43歳)
日本の旗 日本神奈川県
出身校 津田塾大学卒業
日本女子大学大学院中退
職業 実業家文筆家
テンプレートを表示

北原 みのり(きたはら みのり、1970年(昭和45年)11月24日 - )は、日本著作家実業家。アダルトグッズショップ『ラブピースクラブ』の経営者。

人物[編集]

経歴[編集]

神奈川県生まれ。3歳まで横浜市鶴見区で育ち、その後は千葉県に転居した。津田塾大学国際関係学科を卒業後に日本女子大学大学院で教育心理学を専攻し[1]性教育を研究した。

同大学院は中退し、出版社でのアルバイト、雑誌編集フリーライター職などを経験[1]1995年平成7年)、友人とともに、ホームページ製作会社を設立した。同職を通してインターネット情報に触れるうちに、海外製女性向け大人のおもちゃに開眼する[1]

1996年(平成8年)、女性向けのアダルトグッズショップ 『ラブピースクラブ』を設立するが、これは日本において女性が経営するアダルトグッズショップの第一号であったともされる[1]。同年には、「指にはめるバイブレーター」、『Pラビア』を発売している。

2006年(平成18年)、1996年(平成8年)よりレズビアン商業雑誌「アニース(anise)」にて掲載されている、天宮沙江の漫画の映画化作品『プリカちゃん』をプロデュースしている。

2011年 (平成23年)、靖国神社にて全裸パフォーマンス[2]

主義・主張[編集]

北原にはセクシュアリティジェンダーに関する書籍や発言が多く、インタビュアーとしては雑誌 『アエラ』(朝日新聞社)への寄稿もある。また、『週刊金曜日』の書評委員も務める。週刊朝日・週刊金曜日で連載。

著書[編集]

共著[編集]

  • 『毒婦たち 東電OLと木嶋佳苗のあいだ』上野千鶴子,信田さよ子共著 河出書房新社 2013
  • 『奥さまは愛国』朴順梨共著 河出書房新社 2014

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 北原みのりプロフィール インターネットラジオ 『婆星(ばばぼし)』 公式ウェブサイト、2010年7月24日閲覧
  2. ^ 北原みのり コラム "靖国神社で撮られた写真ばかりが取り上げられているけれど、写真は東京の様々な場所で撮影され私はモデルとして参加してる。"

関連項目[編集]

外部リンク[編集]