田中優子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たなか ゆうこ
田中 優子
生誕 (1952-01-30) 1952年1月30日(70歳)
神奈川県横浜市
国籍日本の旗 日本
出身校法政大学大学院人文科学研究科修士課程修了
職業江戸文化研究者
肩書き法政大学第19代総長
栄誉芸術選奨文部科学大臣賞
紫綬褒章

田中 優子(たなか ゆうこ、1952年1月30日 - )は、日本江戸文学江戸文化研究者エッセイスト法政大学第19代総長、同大学名誉教授

人物[編集]

相鉄線西横浜駅に近い商店街で生まれ育つ。父は東京出身の空調技師で、母は横浜生まれ。兄と同じく横浜市立本町小学校に越境入学し、バスで通学。読書好きで志賀直哉を愛読していた。清泉女学院中学校・高等学校に入学後、バスケットボール部に入り、読書のジャンルを天文学SFにも広げ、高校では構内雑誌の編集を始め、カメラにのめり込んで写真部を創設した。東京大学に入って全共闘に参加していた兄の影響で、世界の問題にも関心を持った。

1970年、法政大学文学部日本文学科に入学。語学を学ぶためにアテネ・フランセにも通い、全共闘にも参加し成田空港反対運動のあった三里塚にも行った。小田切秀雄ゼミで石川淳を読み始め、その小説や評論により、江戸文学にある「やつし」「見立て」を通して江戸文化の構造を感得した。大学院に進み廣末保の元で学び、江戸文学、特に上田秋成について研究。博士課程中に大学院の先輩と結婚し、休学して夫の留学先であるニューヨークで生活する。帰国後に専任講師となって多忙となり、3年後に離婚。

1983年に助教授となり、『平凡パンチ』『流行通信』でエッセイの連載を始める。筑摩書房の編集者に江戸文化の本の執筆を勧められ、平賀源内と上田秋成を中心に、専門の近世文学の枠にとらわれない『江戸の想像力』を執筆。その後北京大学交換研究員として赴任し、中国文学を学ぶとともに、各地を旅行して回る。1986年に帰国すると、『江戸の想像力』が大きな反響を呼んでおり、芸術選奨新人賞を受賞するとともに、取材依頼、執筆依頼も増え、「江戸ブームの仕掛け人」と呼ばれることもあった。

1993年にオックスフォード大学在外研究員として1年間赴任、主に16-19世紀の織物の生産と流通を研究し、これはガンジーインド独立運動において木綿生産の家内工業化を呼びかけたことに触発されていた。その後も日本各地の布の研究を続け、自身も母や祖母の着物に始まって和服を着るようになって、江戸文化の講演などでも着用した。イギリスでは大英博物館春画のワークショップにも参加して関心を持ち、1995年にはアメリカの春画学会で「エロティックな布」と題した発表を行った。

49歳の時に悪性リンパ腫の疑いで入院、半年休学するが、アレルギー疾患とわかり復帰。2009年から『週刊金曜日』の編集委員。論客として、保守派左翼、その他様々な方面から批判、攻撃を受けることも多く、TBSテレビサンデーモーニング』も不定期のコメンテーターとして出演していたが、一時期総長退任までの期間は出演を控えていた[1]

大学以外でも多彩な活動を行っており、サントリー美術館企画委員、サントリー芸術財団理事、放送文化基金評議員、大佛次郎賞選考委員、開高健ノンフィクション賞審査委員、サントリー地域文化賞選考委員、のりこえねっと(ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク)共同代表、先住民族アイヌの権利回復を求める署名呼びかけ人[2]なども務めている。

業績[編集]

  • 『江戸の想像力』では、それまで主に「暗く陰惨な時代」とされていた江戸時代をもっと明るい時代と考える「江戸ブーム」の一翼を担ったが、本人は、そのつもりはなかったと言っている[3]
  • 『近世アジア漂流』は、江戸時代の日本から当時のアジアがどう見えていたか、アジアから江戸がどう見えていたかを通し、国際都市としての江戸を描き出そうとしており、五木寛之は、「江戸というものを遠近法で見ようとせずに、遠近法を無視した形で、江戸を同時代としてとらえている」「コロンブスの卵」と称した[4]
  • 江戸百夢』は、丸谷才一は「世界の中の江戸文化といふ関心は全巻にみなぎつている」「本居宣長とはまた違ふ角度からの日中文化比較論で、やまとごころを宣揚してゐる」「特価に値するのは文章がいいこと」と評した[5]
  • 江戸時代の社会・文化などの紹介を行っている。ただし、田中優子自身は、江戸時代の文学や文化を専門とする研究者が集う日本近世文学会日本学術会議協力学術研究団体)において、口頭での発表や査読論文が掲載された経験を持たない[6][7]

主張[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度に賛成。「選択的夫婦別姓案への反対意見には、『誰もが選べる、自分も選べる』という視点が抜け落ちている」「もし選択することじたいが困難で『決断』ができず、めんどうだから何でも政府が型を決めてくれた方が良いと思う人が大半なのであれば、日本に未来はない」と述べる[8]。また、「日本人の夫婦が同姓になったのは1898(明治31)年。それまでは夫婦別姓だったので、この時も日本の伝統に合わない、と反対があった。このように『伝統に合わない』という言葉は『私の意見と違う』という意味に使われる」とも述べている[9]
  • 全く歴史的根拠の無い「伝統の創造」にあたるとの批判のある江戸しぐさ[10][11]について、過去に江戸しぐさを肯定する内容の講演を行ったことがある[12]が、2015年(平成27年)6月25日放送のTBSテレビNEWS23』において、江戸しぐさを「空想である」と否定した[13]

来歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『大江戸ボランティア事情』(1996年講談社講談社文庫)共著:石川英輔
  • 『大江戸生活体験事情』(1999年、講談社→講談社文庫)共著:石川英輔
  • 浮世絵春画を読む』下(2000年、中公叢書) 共著:白倉敬彦ほか→中公文庫
  • 『江戸への新視点』(2006年新書館)共編:高階秀爾
  • 『拝啓藤沢周平様』(2008年、イースト・プレス)対談:佐高信
  • 『池波正太郎「自前」の思想』(2012年、集英社新書)対談:佐高信
  • 『降りる思想』(2012年、大月書店)対談:辻信一
  • 『日本問答』(2017年、岩波新書)対談:松岡正剛
  • 『江戸とアバター. 私たちの内なるダイバーシティ』(2020年、朝日新書)共著:池上英子
  • 『江戸問答』岩波新書 2021年(松岡正剛との対談)
  • 『最後の文人 石川淳の世界』(2021年、集英社新書)共著:鈴木貞美小林ふみ子・帆苅基生・山口俊生

翻訳[編集]

編集・監修[編集]

  • 『日本の名随筆 別巻 94 江戸』(1998年作品社)- 編集
  • 『メディア・コミュニケーション』(2005年、法政大学出版局) 共編:石坂悦男
  • 『江戸の懐古』(2006年、講談社学術文庫)- 監修
  • 『残したい日本の美201』(2006年、長崎出版)- 監修
  • 『手仕事の現在』(2007年、法政大学出版局)- 編著
  • 『日本人は日本をどうみてきたか: 江戸から見る自意識の変遷』(2015年、笠間書院) - 編著

出演[編集]

テレビ

サンデーモーニングTBSテレビ・不定期)

ラジオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 「人生の贈り物 田中優子」
  2. ^ 先住民族アイヌの権利回復を求める団体・個人署名の要請
  3. ^ 小谷野敦『江戸幻想批判 改訂新版』(新曜社)に収められた対談。
  4. ^ 五木寛之対談集『命甦る日に 生と死を考える』角川文庫、1998年(「人間のいる原風景」)
  5. ^ 丸谷才一『快楽としての読書 日本篇』ちくま文庫、2012年(「狭い江戸には住み飽きた 田中優子『江戸百夢』)
  6. ^ 日本近世文学会大会研究発表一覧”. www.kinseibungakukai.com. 2019年8月11日閲覧。
  7. ^ 『近世文藝』総目次”. www.kinseibungakukai.com. 2019年8月11日閲覧。
  8. ^ 「『選択』能力が欠けている?」、毎日新聞、2016年1月13日。
  9. ^ 「伝統」という言い訳、毎日新聞、2017年12月13日
  10. ^ 続・江戸しぐさの正体
  11. ^ 「それホンモノ? 『良き伝統』の正体」毎日新聞、2016年1月25日 東京夕刊
  12. ^ 法政大学 社会学部メディア社会学科教授 田中優子 氏が講演(2013.6.12)”. 麗澤大学. 2015年6月26日閲覧。
  13. ^ 第13回:田中優子法政大学総長の方向転換 『NEWS23』における「江戸しぐさ」報道によせて”. ジセダイ/星海社. 2016年1月25日閲覧。
  14. ^ “(語る 人生の贈りもの)田中優子:6 石川淳で見えた「江戸はロック」:朝日新聞デジタル”. (2021年7月5日). https://www.asahi.com/articles/DA3S14961613.html 
  15. ^ 法政大の次期総長に田中優子氏 日本経済新聞 2013年11月22日
  16. ^ 「女性」総長退任の辞 〜田中優子”. 文藝春秋 (2021年4月26日). 2021年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月20日閲覧。
  17. ^ [1]
  18. ^ 『カムイ伝講義』(小学館)あとがき

参考文献[編集]

  • 朝日新聞「人生の贈り物 田中優子 1-14」2021年6月28日-7月16日

外部リンク[編集]