田中優子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 優子(たなか ゆうこ、1952年1月30日 - )は、日本の江戸文化研究者、エッセイスト法政大学総長。

法政大学国際日本学インスティテュート(大学院)教授。サントリー美術館企画委員。サントリー芸術財団理事、放送文化基金評議員、大佛次郎賞選考委員。開高健ノンフィクション賞審査委員。サントリー地域文化賞選考委員。のりこえねっと (ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク)共同代表。先住民族アイヌの権利回復を求める署名呼びかけ人[1]を務める。法政大学社会学部教授、社会学部長を経て、2014年4月、法政大学総長就任。

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市出身。清泉女学院中学校・高等学校卒業。1974年、法政大学文学部日本文学科卒業。1977年、同大学院人文科学研究科修士課程修了。1980年(昭和55年)、同大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。広末保に師事した。

1980年4月、法政大学第一教養部専任講師、同助教授、教授を経て、社会学部教授。1983年(昭和58年) 法政大学第一教養部助教授。1986年(昭和61年)、北京大学交換研究員。最初の単著『江戸の想像力』により芸術選奨文部大臣新人賞受賞。それまで主に「暗く陰惨な時代」とされていた江戸時代をもっと明るい時代と考える「江戸ブーム」の一翼を担ったが、本人は、そのつもりはなかったと言っている[2]。以来、江戸時代の社会・文化などの紹介を行っている。

1991年(平成3年)、法政大学第一教養部教授。1993年(平成5年)、オックスフォード大学在外研究員。2000年『江戸百夢』でサントリー学芸賞芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2003年(平成15年)、法政大学社会学部教授。2005年紫綬褒章受勲。2007年(平成19年)、法政大学国際日本学インスティテュート教授を兼任。

2009年1月、前年に逝去した筑紫哲也の後任として『週刊金曜日編集委員に就任。2012年4月、法政大学社会学部長に就任。2014年(平成26年)4月 法政大学総長就任[3][4]

サンデーモーニング』(TBSテレビ)に不定期のコメンテーターとして出演している(和装で出演)。

主張[編集]

  • 2009年4月のサンデーモーニングにて「北朝鮮は(ミサイルを)衛星ロケットと宣言しており、仮に誤って日本本土に落ちたとしても日本に対する武力攻撃ではなく不慮の事故である。それゆえ『防災』と捉える必要がある」と発言[5]、番組に抗議が相次ぎ、番組中不適切な発言があったとTBSがお詫びをした。
  • 選択的夫婦別姓制度に賛成。「選択的夫婦別姓案への反対意見には、『誰もが選べる、自分も選べる』という視点が抜け落ちている。」「もし選択することじたいが困難で『決断』ができず、めんどうだから何でも政府が型を決めてくれた方が良いと思う人が大半なのであれば、日本に未来はない。」と述べる[6]
  • 過去には江戸しぐさを肯定する発言を行っていた[7]。だが後に態度を一変、2015年(平成27年)6月25日放送のTBSテレビNEWS23』において、江戸しぐさを「空想である」と否定した[8]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

編集・監修[編集]

  • 『日本の名随筆 別巻 94 江戸』(1998年作品社)- 編集
  • 『メディア・コミュニケーション』(2005年、法政大学出版局) 共編:石坂悦男
  • 『江戸の懐古』(2006年、講談社学術文庫)- 監修
  • 『残したい日本の美201』(2006年、長崎出版)- 監修
  • 『手仕事の現在』(2007年、法政大学出版局)- 編著
  • 『日本人は日本をどうみてきたか: 江戸から見る自意識の変遷』(2015年、笠間書院) - 編著

出演[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 先住民族アイヌの権利回復を求める団体・個人署名の要請
  2. ^ 小谷野敦『江戸幻想批判 改訂新版』(新曜社)に収められた対談。
  3. ^ 法政大学 次期総長候補者に田中優子社会学部長を選出 法政ニュースリリース 2013年11月22日掲載 2013年11月22日閲覧
  4. ^ 法大次期総長に田中優子氏、六大学初の女性学長 YOMIURI ONLINE 2013年11月22日掲載 2013年11月22日閲覧
  5. ^ 2009年4月12日放送。
  6. ^ 「『選択』能力が欠けている?」、毎日新聞、2016年1月13日。
  7. ^ 法政大学 社会学部メディア社会学科教授 田中優子 氏が講演(2013.6.12)”. 麗澤大学. 2015年6月26日閲覧。
  8. ^ 第13回:田中優子法政大学総長の方向転換 『NEWS23』における「江戸しぐさ」報道によせて”. ジセダイ/星海社. 2016年1月25日閲覧。
  9. ^ 『カムイ伝講義』(小学館)あとがき

外部リンク[編集]

先代:
増田壽男
法政大学総長
2014年 -
次代:
現職