日本近世文学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本近世文学会(にほんきんせいぶんがくかい、英称: The Japanese Early Modern Literature Association)は、昭和26年(1951年)12月、日本近世文学研究を促進し、その発展に資することを目的として設立された学会である。日本学術会議協力学術研究団体である[1]。会員数は約700名。

事業[編集]

  • 研究事業 - 研究発表会の開催、講演会の開催、展覧会の開催、その他
  • 出版事業 - 機関誌『近世文藝』の定期刊行、資料の刊行、その他
  • その他の事業

学会誌[編集]

  • 『近世文藝』[2] - 機関誌は当初、「日本近世文学会会報」として昭和28年(1953年)5月に第1号を発行し、同29年(1954年)10月刊行の最終第4号と同年月に『近世文藝』第1号を発刊した。以後、年度内に2回(現在は7月末と翌年1月末)刊行して今日に至る。

また、「古典籍を読み、理解し、活用する能力」や「くずし字(変体仮名)の読解能力」を「和本リテラシー」と定め、その実践記録を集積して発信する目的で、リーフレット『和本リテラシーニューズ』を刊行している[3]

学会賞[編集]

  • 日本近世文学会賞[4] - 日本近世文学研究において、優れた成果をあげた論文の著者(40歳以下の若手研究者)に、受賞者の今後の研究を奨励するとともに、日本近世文学研究全般の発展に資するために設置された。

脚注[編集]

  1. ^ 日本学術会議協力学術研究団体一覧|日本学術会議”. www.scj.go.jp. 2019年8月11日閲覧。
  2. ^ 近世文藝”. www.jstage.jst.go.jp. 2019年8月11日閲覧。
  3. ^ 和本リテラシーニューズvol.1”. www.kinseibungakukai.com. 2019年8月11日閲覧。
  4. ^ 日本近世文学会賞選考結果”. www.kinseibungakukai.com. 2019年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]