のりこえねっと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

のりこえねっとは、2013年に設立された日本任意団体の略称である[1]。正式名称は「ヘイトスピーチレイシズムを乗り越える国際ネットワーク」[2]。「在日外国人・留学生、国際交流、行政への改策提言」を活動分野として公表する[1]のりこえネットと表記されることもあるが、「ねっと」は正式にはひらがなである。パルシステム生協連合会専務理事の若森資朗を代表者として登録しており[3]、パルシステム生協連合会の助成団体として資金提供を受けている。[4]

概要[編集]

在日本大韓民国民団(民団)の機関紙「民団新聞」による発足記者会見レポート

2013年9月25日に、都内で開催した「キックオフ記者会見」で結成を発表[2]

在日本大韓民国民団(民団)の機関紙「民団新聞」では、共同代表の辛淑玉在日コリアン3世であると写真付きで紹介し、のりこえねっとの結成を「在日同胞主導」と表記し、辛淑玉の「売られたケンカを買う」、「敵はでかいので、広範囲に抵抗していきたい。」などの宣言とともに、結成記者会見をリポートしている[2]。民団新聞によると、「のりこえねっと」の目的は「在日特権を許さない会」などの「行動する右翼」(原文ママ)に対する「包囲網づくり」であるという[2]。そのレポートによると、辛らは「いまは闘う基盤を作るのが最優先」とし、全国で小規模な学習会を組織して賛同人を増やしつつ、共同代表は知名度を活かしてテレビに出演し、広報活動を行うとしている[2]。また、インターネットの差別表現には内容証明を送ったり悪質なものは告訴する方針であるという[2]。発足から2日で賛同人は300人を越え、辛のフェイスブックは友達リクエストが1600人以上となり、在日のアクセスが多いという[2]

活動[編集]

沖縄への「市民特派員」へ5万円支給[編集]

カンパで募った資金をもとに、本土から沖縄への交通費にあたる5万円を支給し、沖縄の現地の様子をツイートする「市民特派員」を募集した。2016年9月から12月まで16人を派遣している[5]。チラシに「往復の飛行機代相当、5万円を支援します。あとは自力でがんばってください!」と書かれている[6]

ガジェット通信によると、2016年ののりこえねっとの講演で、辛淑玉が、高江ヘリパッドの反対デモへの参加予定者に対し、「私は稼ぎます。若い者には死んでもらう。爺さん婆さん達は嫌がらせをして捕まってください。山城博治には『病気で死ぬな。米兵に殺されるな。日本の警察に殺されるな。私が殺してやるから』」などと講義している動画がアップされ、過激な内容ではないかとネットで話題になっているという[7]

女性の性グッズ専門店のウェブサイト「Love Piece Club」上で、ライターの李信恵が、5万円の支給を受けたことを明かしている[8]

ケント・ギルバートは、上記のカネは中国から出ていると主張している[9]

デモ活動[編集]

韓国メディアの聯合ニュースで、2014年の東京大行進に、有田芳生らとともに参加していることが写真つきで報じられている[10]

のりこえねっとTV[編集]

Web上で動画を配信している。のりこえねっとTV通信のメールマガジンは、随時、レイバーネット日本のウェブサイトで転載されている[11]

主張[編集]

ニューズウィーク日本版2014年6月24日号で「『反ヘイト』という名のヘイト」記事において、反ヘイトを掲げた団体が、「反差別」を「絶対的な大義」とした上で、「相手の言動に少しでも差別的な響きがあれば容赦なく身元や過去を暴き、徹底的な批判を加え、社会的生命を抹殺しようとする」活動であると批判し、反ヘイト団体が「暴力や権力」を利用することで「憎しみが消えるどころか、新たな憎悪の連鎖を生むだけだ」と報道がされた[12]。ニューズウィーク記者の深田は、在特会メンバーへの傷害容疑で執行猶予中の反ヘイト団体幹部運動員が、「逮捕上等」と発言し、「次回の暴力の可能性を示唆すると、会場が笑いと拍手に」包まれた会場に居合わせ、ヘイト団体ではなく反ヘイト団体の運動家らだったことで驚いたとし、反ヘイト団体の「正義の仮面」には「憎悪」が存在すると報じた[12]。この記事で「ヘイトデモ」参加者が「反ヘイト活動家」に殴られたと書かれ、また「ヘイトデモ参加者」が「反ヘイト団体からの暴力を恐れて」いることなどについて、のりこえねっとは、殴ったのではなく「顔を押さえた」と主張し、ニューズウィーク日本版は「嫌韓記事を掲載し、問題のある雑誌」であり、ヘイトスピーチの側に立っており、許せないなどという抗議を、2014年6月19日付けの公式サイトに掲載した[13]

騒動[編集]

沖縄・高江のヘリパッド建設工事反対デモ報道[編集]

2017年1月に放映の「ニュース女子」(東京MX系列)で、沖縄県の高江のヘリパッド建設反対デモが報道され、それについて事実と異なるなどと、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会へ人権侵害を訴えていたが、2月3日に、当事者間での話合いとするよう辛淑玉の代理人宛に連絡が届いている[14]。10日にBPOの審議入りが発表されている[15]

のりこえねっとは1月5日に「在日であるからという理由でその活動を否定的に報道することはヘイトスピーチそのものであることを、同テレビ局は深く認識すべきです」という声明を発表しており、辛淑玉は「地上波でヘイトを垂れ流した『ニュース女子』」と題し「見ていて、こみ上げる怒りを抑えるのがこれほど難しかった経験はかつてなかった。胃液があがってきて、何度も吐いた。」、「この番組は、「まつろわぬ(服従しない)者ども」を社会から抹殺するために、悪意をもって作られ、確信犯的に放送されたのだ」、「デマを流し、政権の尖兵(せんぺい)として憎悪扇動を行うこの番組を、決して許してはならない」などという文章を発表している[16]

1月12日には20人、19日には60人程度が集まり、「ニュース女子はヘイトスピーチそのものです」などと書いたプラカードを持参し、MXテレビ本社前で抗議デモが行われている。のりこえねっとの「往復の飛行機代相当、5万円を支援します。あとは自力でがんばってください![6]」と書かれたチラシなどが報じられたことについて、「市民特派員」として5万円を支給されて高江へ行った男性は、宿泊費を含めると5万円では足りなかったとし、「なぜこれが日当になるのか」などと抗議している[16]

「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」の抗議[編集]

琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」は、のりこえねっと共同代表の辛淑玉に対し、2017年2月13日付で質問状の送付と公開討論の申し入れをおこなったが、回答期限(同月24日)を過ぎても回答が無かったとしている[17][18]

質問状では、(ヘリパッド建設工事)反対派の住民・活動家が下記の行為をおこなっていると主張している[18]

  1. 反対派活動家が沖縄県東村高江地区で違法で私的な車両検問を行っている
  2. 同地区で多数の車両を縦横に放置し、地元住民の生活を脅かしている
  3. 日常的に反対派住民が職務中の防衛局、機動隊、建設作業員らに暴行したり、ヘイトスピーチを行っている
  4. 立ち入り禁止区域に不法侵入したこと
  5. 機動隊員が宿泊するホテルで、脅迫などを行っている

「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員で、沖縄県民として『ニュース女子』のインタビューに応じていた我那覇真子は、2017年2月24日におこなった記者会見の席上、『ニュース女子』の内容に対する辛のBPOへの審議申し立てについて、「辛淑玉氏らの行為は言論弾圧だ[17]」、「人権を悪用してMXテレビを弾圧し、人身攻撃をしている[17]」、「東京MXテレビへの抗議は、言論弾圧、人身攻撃だ。沖縄を分断させる反日工作活動につながっている。なぜ北朝鮮による日本人の拉致事件や人権弾圧に声をあげずに、こうしたことばかりするのか[18]」と非難した。

なお、辛淑玉はこの質問状について、2017年4月4日にさいたま市で開かれた公演会において、「読んでいません。私、忙しいから時間がない」などと述べ、公開討論には応じない意向を示した[19]

公安の情報収集[編集]

杉田水脈は、「往復の飛行機代5万円を支援します。あとは自力で頑張ってください。」と書かれたのりこえねっとが配布しているビラのコピーを、公安からもらったことを明かしている[20]公安調査庁は、沖縄における「中国に有利な世論形成を図るような動き」等について情報収集し調査結果を公表している[21]

評価[編集]

在日本大韓民国民団(民団)の機関紙「民団新聞」は、共同代表が分担執筆した『ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと』を「ヘイトスピーチ(憎悪表現)を考えるための入門書」と紹介している[22]

共同代表[編集]

※五十音順

以上ホームページによる[25]

賛同団体[編集]

以前の賛同団体[編集]

  • 朝鮮人道支援ネットワーク・ジャパン(ハンクネット)[27]

発行書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b のりこえねっと(任意団体)”. CANPAN (2014年10月24日). 2017年2月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m ヘイトスピーチに包囲網…在日同胞主導「のりこえねっと」発足 民団新聞 2013.10.9
  3. ^ 団体情報 [1]
  4. ^ パルシステム 市民活動助成基金とは[2]
  5. ^ 「ニュース女子」問題 深く反省 沖縄報道 本紙の姿勢は変わらず 東京新聞 2017年2月2日
  6. ^ a b 緊急イベント「ないちゃー大作戦! 全員集合!!」 のりこえねっと
  7. ^ 辛淑玉氏の「若者は死ね 年寄りは捕まれ」の沖縄基地反対運動について 百田尚樹氏や松井一郎・大阪府知事が語る ガジェット通信 2017.02.07
  8. ^ ニュース女子の酷さ。デマはいつかマイノリティを殺す。だから許してはいけない。 李信恵 Love Piece Club 2017.1.28
  9. ^ 米軍基地が沖縄に多く置かれていることが差別なのか「沖縄ヘイト」という言葉に隠されたもの ケント・ギルバート 正論5月号 産経デジタル 2017年4月22日
  10. ^ <일본 정치인이 전하는 혐한 시위의 살벌한 실태> 聯合ニュース 2014/11/13
  11. ^ のりこえねっとTV案内:「NO HATE TV 第8回 安田浩一×野間易通」 レイバーネット
  12. ^ a b 深田政彦「「反差別」という差別が暴走する」、ニューズウィーク日本版 (Newsweek Japan) 2014年6月24日号 p.32-35
  13. ^ ニューズウィーク日本版への抗議声明文 アーカイブ,ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク公式サイト(のりこえねっとの旧名)、2014年6月26日閲覧。 ウェイバックマシン
  14. ^ 東京MXに協議要請 のりこえねっと、ニュース女子問題で 沖縄タイムズ 2017年2月7日 08:25
  15. ^ <BPO>MX「ニュース女子」を審議入り決定毎日新聞 2017/2/10
  16. ^ a b 沖縄ヘイトの「ニュース女子」に批判 東京MXテレビ前で抗議集会 神奈川新聞 2017/01/26
  17. ^ a b c “辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場(1/2ページ)”. 産経ニュース (産経新聞). (2017年2月24日). http://www.sankei.com/affairs/news/170224/afr1702240036-n1.html 2017年2月24日閲覧。 
  18. ^ a b c “辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場(2/2ページ)”. 産経ニュース (産経新聞). (2017年2月24日). http://www.sankei.com/affairs/news/170224/afr1702240036-n2.html 2017年2月24日閲覧。 
  19. ^ 辛淑玉氏「戦争になって一番最初に殺されるのは私」 東京MXテレビ「ニュース女子」問題”. 産経新聞 (2017年4月5日). 2017年4月25日閲覧。
  20. ^ しんぶん赤旗は「ニュース女子騒動」をどう伝えたのか ironna 産経デジタル
  21. ^ 内外情勢の回顧と展望の平成29年度版
  22. ^ のりこえねっとが初出版…対ヘイトスピーチ入門書 民団新聞 2014.5.28
  23. ^ 「県民への挑戦状」 平和団体、抗議方法検討 沖縄タイムス 2012年9月20日
  24. ^ ソースはどこかと「ニュース女子」に疑問呈した沖縄紙、過去記事からブーメランではと話題に BuzzNews
  25. ^ 共同代表”. 団体概要. のりこえねっと. 2017年2月10日閲覧。
  26. ^ 反ザイトク運動が大阪でバージョンアップ! 戸田久和(連帯ユニオン近畿地本顧問・連帯ユニオン議員ネット代表)
  27. ^ ハンクネット 2015.8.31

外部リンク[編集]