加藤直樹 (著述家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤 直樹(かとう なおき、1967年[1] - )は、日本のフリーライター、フリー編集者[2]鹿島拾市の筆名がある[1]

東京都生まれ、法政大学中退[1]。出版社勤務を経てフリーのライター、編集者になる[2]。鹿島拾市のペンネームで『社会新報』などに近現代史上の人物論を中心に執筆している[1]

人物[編集]

新宿区大久保で生まれ育つ[3]。1986年に法政大学へ入学[4]反原発運動に取り組み、泊原発試運転開始阻止闘争のため札幌滞在中に山本夜羽(後に漫画家)と知り合い、帰京後は反天皇制全国個人共闘・秋の嵐周辺の運動に参加した[5]。1989年、秋の嵐が一時停滞していた時期に山本とグループ「馬の骨」を結成し、反原発・反管理教育反天皇制などを訴えるライブやデモを主催、天安門事件に抗議する中国人留学生のデモに参加するなどの活動を行った[6][7][8]。「馬の骨」解散後の90年6月以降、秋の嵐メンバーとなる[9]。また1993年に李英和が結成した「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク」(RENK)に参加したとされる[10]。1997年、ファシストを自称する活動家・佐藤悟志が、新宿ロフトプラスワンブント活動家に襲撃される事件が起き、常連客有志として「ロフトプラスワン襲撃を許さない共同声明」の中心メンバーの一人となる[11][12]

2013年、大久保で行われたヘイトスピーチの現場に行き、「しばき隊」とはセンスが違うが、自分なりのやり方で抗議に参加しようと、友人たちと「知らせ隊」というグループを結成[3]。ヘイトデモを罵る「しばき隊」や抗議のプラカードを掲げる「プラカ隊」の意味はわかるが、「沿道の人たちは何が起きているのか、よく分らない」ので[3]、デモに背を向けて沿道の人にビラやプラカードで状況を知らせるという抗議活動を行った[13]。ヘイトデモの問題を歴史的に掘り下げ、関東大震災時の朝鮮人が殺害されたことは単に過去の話ではないとして、ヘイトスピーチと結び付けて捉え[14][15]、2013年8月31日から10月8日にかけて書いたブログ[16]を加筆・修正し[17]、2014年3月に歴史ノンフィクションの『九月、東京の路上で』として刊行した[18][19]1923年関東大震災時での朝鮮人が殺害されたことをテーマにした『九月、東京の路上で』が初の著書だった[1][2]。同書は発売から約半年で3刷、1万部に達し[15]紀伊國屋書店が主催する紀伊國屋じんぶん大賞2015第3位に選ばれた[20]。デモへの抗議からヒントを得たとして、人を記号化するレイシズムの危険性[21]、「相手を人間として見ることを手放さないこと」を指摘している[15]

野間易通によれば、「一度だけしばき隊に参加したが、考えが合わないということで除名となった」とされる[22]

著作[編集]

単著

  • 『九月、東京の路上で――1923年関東大震災 ジェノサイドの残響』 ころから2014年

共著

訳書

その他

  • 河出書房新社編集部編 『戦争思想2015』 河出書房新社2016年
  • 香山リカ 『ヒューマンライツ――人権をめぐる旅へ 香山リカ【対談集】』 ころから、2016年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『九月、東京の路上で』著者紹介
  2. ^ a b c 加藤直樹”. ハフィントンポスト. 2016年7月19日閲覧。
  3. ^ a b c 関東大震災の朝鮮人虐殺から今のレイシズム(民族・人種差別)が見えてくる(1)<加藤直樹氏インタビュー>1ページ目”. アジアプレス・ネットワーク (2014年4月17日). 2016年7月19日閲覧。
  4. ^ 『青いムーブメント』241頁
  5. ^ 『青いムーブメント』242-243頁
  6. ^ 鹿島拾市. “「馬の骨」のころ・前編”. 山本夜羽音のサイト「DOXA(独立左派日誌)」2004年5月27日. 2016年7月19日閲覧。初出は『黒/La Nigreco』第2次第2号、2003年6月
  7. ^ 鹿島拾市. “「馬の骨」のころ・後編”. 山本夜羽音のサイト「DOXA(独立左派日誌)」2004年5月28日. 2016年7月19日閲覧。初出は『黒/La Nigreco』終刊号、2004年6月
  8. ^ 『青いムーブメント』244-254頁
  9. ^ 『青いムーブメント』300頁。
  10. ^ 外山恒一 (2015年7月). “野間易通 徹底批判”. 2016年7月19日閲覧。
  11. ^ 大田リョウ、鹿島拾市、玄田生ほか (1997年10月10日). “釈明と謝罪を求める申し入れ”. ロフトプラスワン襲撃を許さない共同声明. 2016年7月19日閲覧。
  12. ^ いいだもも蔵田計成編著『検証内ゲバ Part2――21世紀社会運動の「解体的再生」の提言』社会批評社、2003年、246-257頁
  13. ^ 関東大震災の朝鮮人虐殺から今のレイシズム(民族・人種差別)が見えてくる(1)<加藤直樹氏インタビュー>2ページ目”. アジアプレス・ネットワーク (2014年4月17日). 2016年7月19日閲覧。
  14. ^ 『九月、東京の路上で』5-7頁
  15. ^ a b c 吉野太一郎 (2014年8月26日). “「ヘイトスピーチ、起源は関東大震災」 朝鮮人虐殺描いた本が異例のヒットに”. ハフィントンポスト. 2016年7月19日閲覧。
  16. ^ 民族差別への抗議行動・知らせ隊によるブログ「9月、東京の路上で」
  17. ^ 『九月、東京の路上で』18頁
  18. ^ 九月、東京の路上で 1923年関東大震災 ジェノサイドの残響”. ころから. 2016年7月17日閲覧。
  19. ^ 関東大震災の朝鮮人虐殺から今のレイシズム(民族・人種差別)が見えてくる(2)<加藤直樹氏インタビュー>”. アジアプレス・ネットワーク (2014年4月17日). 2016年7月19日閲覧。
  20. ^ 発表!!紀伊國屋じんぶん大賞2015──読者と選ぶ人文書ベスト30”. 紀伊國屋書店 (2015年2月5日). 2016年7月19日閲覧。
  21. ^ 関東大震災の朝鮮人虐殺から今のレイシズム(民族・人種差別)が見えてくる(4終)<加藤直樹氏インタビュー>”. アジアプレス・ネットワーク (2014年4月17日). 2016年7月19日閲覧。
  22. ^ 野間易通 (2016年1月15日). “3.11後の叛乱 反原連・しばき隊・シールズ 第4回 国民なめんな”. 集英社新書WEBコラム. 2016年1月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]