神原元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かんばら はじめ
神原 元
生誕 1967年????[1]
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学政治経済学部
職業 弁護士
団体 しばき隊

神原 元(かんばら はじめ)は、日本弁護士活動家自由法曹団常任幹事[1]植村隆の弁護団事務局長[2]レイシストをしばき隊の最初期のメンバー[3]

経歴[編集]

早稲田大学政治経済学部政治学科出身。2000年に弁護士登録(横浜弁護士会)、川崎合同法律事務所に入所。2010年に川崎合同法律事務所を退所し、武蔵小杉合同法律事務所を開所。人権派弁護士とも言われる[4]

活動・主張[編集]

しばき隊[編集]

関連団体の男組構成員8名の弁護人を担当している[5]。 著書にて「私も「しばき隊」の最初期のメンバーである」と述べており[3]野間易通が「しばき隊は文字通り『しばきたい人たちの集団』です」と宣言」し[6]、隊として「「在日の人びとを守る」という立場もとらなかった。」とした上で、当事者適格の概念を援用して「「在日」対「在特会」という構図を避けることができた。この意味は大きい。」と主張している[7]

外国人人権法連絡会[編集]

日本弁護士連合会第47回人権擁護大会シンポジウム(2004年10月)基調報告書「多民族・多文化の共生する社会を目指して」にある「外国人・民族的少数者の人権基本法要綱試案」[8]を叩き台に[9]、日本におけるヘイトスピーチの法規制を模索しており[10]、「リベラル原則を堅持する我々の立場からは、「日本の誇り」はヘイト・スピーチ規制法の保護法益たり得ないことを強調」している[9]

反ヘイトスピーチ・反レイシスト[編集]

  • 「正しい情報を受け取ることが表現の自由」であるとし、『ヘイト本』は、平和や人権を崩していると批判[11]。韓国・中国を批判的に記述し「扇情的なタイトルをつけ」た嫌韓本嫌中本をヘイトスピーチと結び付けてそのような本の出版社を批判する活動を行っている[12]
  • 青林堂の『日本のために 井上太郎@kaminoishi』の内容が虚偽・名誉毀損であるとして同社を提訴。和解金と謝罪文を勝ち取る[13]
  • 豊田有恒の著書『どの面下げての韓国人』の広告を出版社が朝日新聞に出したことに関し、「明らかなヘイトスピーチで、このような広告の掲載自体許されない」と主張して、朝日新聞社に抗議の内容証明郵便を送付した[14][15][16]
  • 官邸前見守り弁護団を務めている[17][18]
  • 「ヘイト・スピーチは、①属性による差別であること、②マイノリティに対するものであること③表現による暴力であること、が重要である。/私見では、③に関連し、④マイノリティ集団をその属性ゆえに社会から「排除する」意図または効果を伴う点が重要だと思う。」と主張し[19]、「属性を理由とする差別的表現」ではない単なる「罵倒」や「罵声」はヘイトスピーチではないとしている[19]

発言[編集]

  • 2004年のイラクでの日本人3人人質事件湯川遥菜後藤健二の代理人をつとめており、政府関係者が『自己責任論』を唱えたと主張し、とらわれた二人やその家族は被害者であるとと批判している[20]。政府関係者が『自己責任論』を唱えたと主張しており、とらわれた二人やその家族は被害者であると批判している[21]
  • 2006年、神奈川の県立高校教員らが県を相手に、式典での国旗国歌に対する起立・斉唱の義務はないことの確認を求める訴訟で教員側の代理人を務めた。この件について、日本共産党の機関誌「しんぶん赤旗」によると、県は校長の裁量と言いながら「水面下では学校長への圧力をより強めている。この動きを座視していられない」と記者会見で主張したという[22]
  • 植村隆の外国人記者クラブ記者会見において、被告の西岡力以外でも捏造記者等の発言をする者は順次告訴すると批判[23]
  • 清原和博が覚醒剤事件を起こしたことについて、Twitterで清原は「被害者」であるとつぶやいたことについて、覚醒剤は犯罪ではないかどうかに関する議論が起こった[4]
  • togetterに対し、「御社に対し、訴訟を

準備中です。よろしくお願いいたします」[24]「御社の事業は嫌がらせや名誉毀損の温床になっていると思料します。加えて、他人のメールを勝手に転載する法的根拠も不明です。多くの人が迷惑していると思うにですが、きちんと調査されたらいかがでしょうか?」[25]と抗議した。その後神原はtogetterを積極的に利用している。

言及[編集]

賛同者[編集]

しばき隊とデモで共闘している政治活動家の井出実は、日本共産党の機関誌「しんぶん赤旗」において、神原の書『ヘイトスピーチに抗する人びと』に対する書評の中で、カウンターのスタンスを「被害者に寄り添い支援する運動を否定するのではなく、「ヘイト・スピーチは社会的な公正さを破壊するものだから、NGなんだ」ということだ」と述べ、「それは怒りを率直に伝えるうえで、とてもシンプルで当たり前のものだ」と主張している[26]

FAX脅迫被害[編集]

植村隆の弁護を行ったことが理由で、2015年2月7日、反対者から大量のFAXが送られ、業務がとれなくなる業務妨害の被害を受けたとして「植村氏と家族への攻撃にとどまらず、代理人のなり手をなくそうとする、極めて卑劣で許し難い行為だ」と主張、偽計業務妨害の疑いで被疑者不詳のまま刑事告訴するとしている[27]

東京弁護士会は2015年2月17日声明を発表し、「今回の大量のファクシミリ送信は、いまもなお朝日新聞元記者に対する不当な人権侵害とマスメディアの表現の自由に対する不当な攻撃が続いていることを意味するだけではなく、元記者の権利擁護に尽力する弁護士をも標的として、司法への攻撃をしていることにおいて、きわめて悪質、卑劣であり、断じて看過できない。/当会は、民主主義の根幹を揺るがせる表現の自由に対する攻撃を直ちに中止させるため、関係機関に一刻も早く厳正な法的措置を求めるとともに、引き続き弁護士業務妨害の根絶のために取り組む決意である。」と抗議した[2]

著書[編集]

論文[編集]

  • 神原元、土井香苗「司法・八方・オピニオン 検事任官「女性枠」が明らかにした司法改革の盲点--研修所のリクルート機能、ジェンダーをめぐって」、『司法改革』第2巻第3号、2000年12月、 56-59頁、 NAID 40005380211
  • 神原元「権利闘争の焦点 道理が法律に勝った--池貝民事再生法・全員解雇事件--平成14.3.29横浜地裁和解成立」、『季刊労働者の権利』第245号、2002年7月、 76-79頁、 NAID 40005508085
  • 神原元「情勢学習 有事法制の危険な中身と私たちの運動 (特集 元気あふれる労働組合運動を)」、『学習の友』第599号、2003年7月、 14-17頁、 NAID 40005785851
  • 神原元「ファンケル転籍強要事件経過報告 (特集 権利闘争の焦点)」、『季刊労働者の権利』第253号、2004年1月、 35-40頁、 NAID 40006100672
  • 神原元「ヘイト・スピーチとこれに対する「カウンター」について (再び、「ヘイト・スピーチ」について考える)」、『法と民主主義』第486号、2014年2月、 49-53頁、 NAID 40020026937

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 神原 2014, p. 奥付.
  2. ^ a b 東京弁護士会 (2015年2月17日). “朝日新聞元記者の弁護団事務局長に対する業務妨害事件に関する会長声明”. 2015年8月10日閲覧。
  3. ^ a b 神原 2014, p. 42.
  4. ^ a b 「覚醒剤は犯罪ではなく、清原は被害者」 人権派弁護士のツイートが論議呼ぶ j-cast 2016/2/ 8
  5. ^ 神原 2014, p. 148.
  6. ^ 神原 2014, p. 171.
  7. ^ 神原 2014, pp. 37-39.
  8. ^ 外国人人権法連絡会 (2006年5月29日). “「外国人人権法連絡会」結成に向けて 参考資料4 外国人・民族的少数者の人権基本法要綱試案”. 2015年2月閲覧。
  9. ^ a b 神原 2014, p. 128.
  10. ^ 神原 2014, pp. 115-135.
  11. ^ Listening:<ヘイトスピーチ法規制>「暴力」からの救済か、乱用への警戒か 毎日新聞2014年11月17日
  12. ^ 書店に溢れる「ヘイト本」にNO! 「ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会」立ち上げ 雑誌『ダ・ヴィンチ』2015年1月号「出版ニュースクリップ」
  13. ^ 井上太郎氏の著作について、(株)青林堂から謝罪と賠償を勝ち取りました
  14. ^ [HATE CLIP] 豊田有恒・祥伝社・朝日新聞「こと韓国相手では、同じ地球人ではなくどこか遠い星の宇宙人だと考えたほうが、対応を誤らないだろう」”. 2014年12月閲覧。
  15. ^ ツイッターにおける神原の表明
  16. ^ 朴槿恵大統領「沈没視察パフォーマンス」日本の首相だったらどうしたか?遺族・家族の怒号渦巻く現場 2014-04-24 J-cast
  17. ^ 官邸前におけるヘイトクライムに関する要求書”. 官邸前見守り弁護団 (2015年4月15日). 2015年9月23日閲覧。
  18. ^ 抗議活動参加者への、警察官による傷害事件について、所轄警察署に告訴状を提出しました。”. 官邸前見守り弁護団 (2015年9月14日). 2015年9月23日閲覧。
  19. ^ a b 神原 2014, pp. 49-50.
  20. ^ J-CASTニュース2015年1月21日
  21. ^ 「身代金、自分で払わせれば良い」「危険承知していた」 拘束された2人にネットで吹き荒れる「自己責任論」 j-cast 2015/1/21
  22. ^ 「日の丸」「君が代」訴訟 新たに25人提訴 2006-02-15 しんぶん赤旗
  23. ^ 日刊ゲンダイ
  24. ^ 神原のツイート
  25. ^ 神原のツイート
  26. ^ 井出実「当事者として民主主義に向き合う」しんぶん赤旗2015年2月8日。
  27. ^ “元朝日記者弁護団に大量のFAX 弁護士会が非難声明”, 朝日新聞, (2015-02-17), http://digital.asahi.com/articles/ASH2K5WFKH2KUTIL043.html 

外部リンク[編集]