五野井郁夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五野井 郁夫(ごのい いくお、1979年 - )は、日本政治学者高千穂大学経営学部教授。専門は政治学国際関係論、民主主義論。

略歴[編集]

東京都生まれ。2002年上智大学法学部卒。2010年東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了、「世界政治と規範変容 重債務貧困国の債務救済における国際規範形成をめぐって」で博士(学術)。2010年立教大学法学部助教、2012年高千穂大学准教授を経て、2016年から現職、駒澤大学教授[1]日本政治学会日本国際政治学会所属。

ヘイトスピーチ」が2013ユーキャン新語・流行語大賞トップテンに選ばれた際、顕彰を受けた[2]

しばき隊首都圏反原発連合の活動に同行している[3]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『「デモ」とは何か――変貌する直接民主主義』、NHK出版、2012年

編著[編集]

共著[編集]

  • 東浩紀編『開かれる国家――境界なき時代の法と政治』、KADOKAWA、2015年
  • 山崎望・山本圭編『ポスト代表制の政治学 ―デモクラシーの危機に抗して』、ナカニシヤ出版、2015年
  • 上村雄彦編『グローバル協力論入門:地球政治経済論からの接近』、法律文化社、2014年

訳書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]