ウィリアム・コノリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウィリアム・コノリー(William E. Connolly、1938年1月6日 - )は、アメリカ合衆国政治学者ジョンズ・ホプキンス大学教授。専門は政治理論

ミシガン大学大学院を修了し、1965年に博士号取得。オハイオ大学(1965-1968)、マサチューセッツ大学(1968-1985)を経て、1985年から現職。学術誌Political Theory編集長(1984-1990)。

フリードリヒ・ニーチェミシェル・フーコーの思想を補助線として、これまで自明視されてきた「権力」「民主主義」といった政治学の概念を批判的に考察する作業を進める。

著書[編集]

単著[編集]

  • Political Science & Ideology, (Atherton Press, 1967).
  • The Terms of Political Discourse, (Blackwell, 1974, 2nd ed., 1983, 3rd ed., 1993).
  • Appearance and Reality in Politics, (Cambridge University Press, 1981).
  • Politics and Ambiguity, (University of Wisconsin Press, 1987).
  • Political Theory and Modernity, (Blackwell, 1988).
金田耕一栗栖聡的射場敬一山田正行訳『政治理論とモダニティー』(昭和堂, 1993年)
  • Identity\Difference: Democratic Negotiations of Political Paradox, (Cornell University Press, 1991).
杉田敦齋藤純一権左武志訳『アイデンティティ\差異――他者性の政治』(岩波書店, 1998年)
  • The Augustinian Imperative: A Reflection on the Politics of Morality, (Sage, 1993).
  • The Ethos of Pluralization, (University of Minnesota Press, 1995).
  • Why I am not a Secularist, (University of Minnesota Press, 1999).
  • Neuropolitics: Thinking, Culture, Speed, (University of Minnesota Press, 2002).
  • Pluralism, (Duke University Press, 2005).
杉田敦・鵜飼健史乙部延剛五野井郁夫訳『プルーラリズム』(岩波書店, 2008年)
  • Capitalism and Christianity, American Style, (Duke University Press, 2008).

共著[編集]

  • The Politicized Economy, with Michael H. Best, (Heath, 1976).

編著[編集]

  • The Bias of Pluralism, (Atherton Press, 1969).
  • Legitimacy and the State, (Blackwell, 1984).

共編著[編集]

  • Social Structure and Political Theory, co-edited with Glen Gordon, (Heath, 1974).
  • Democracy and Vision: Sheldon Wolin and the Vicissitudes of the Political, co-edited wtih Aryeh Botwinick, (Princeton University Press, 2001).

関連項目[編集]