飯尾潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

飯尾 潤(いいお じゅん、1962年6月29日[1] - )は、日本政治学者。専門は現代日本政治論。政策研究大学院大学教授。放送大学客員教授。兵庫県神戸市生まれ。

経歴[編集]

略歴は以下のとおり[2][3][4]

学歴[編集]

職歴[編集]

現在、「新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)」の主査も務める。

人物[編集]

1990年代初頭、20代の頃より現代政治について積極的に発言を行う。ここ数年は、『中央公論』『論座』を中心とした論壇誌、『朝日新聞』『読売新聞』などの新聞で、政治状況についての寄稿、コメントなどをおこなう。『報道ステーション』などテレビにも出演している。

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『民営化の政治過程――臨調型改革の成果と限界』(東京大学出版会, 1993年)
  • 『日本の統治構造――官僚内閣制から議院内閣制へ』(中央公論新社中公新書], 2007年)
  • 『日本の現代(3)政局から政策へ――日本政治の成熟と転換』(NTT出版, 2008年)
  • 『現代日本の政策体系――政策の模倣から創造へ』(筑摩書房ちくま新書], 2013年)
  • 『現代日本の政治』(放送大学教育振興会, 2015年)

共著[編集]

  • 佐々木毅編『現代政治学の名著』(中央公論社[中公新書], 1989年)、論考を寄稿
  • 近代日本研究会編『年報・近代日本研究(15) 戦後日本の社会・経済政策』(山川出版社, 1993年)
  • 渡辺昭夫編『戦後日本の宰相たち』(中央公論社, 1995年、中公文庫, 2001年)、論考を寄稿
  • 宮川公男編『政策科学の新展開』(東洋経済新報社, 1997年)
  • 佐々木毅編『政治改革1800日の真実』(講談社, 1999年)
  • 渡邉恒雄回顧録』(中央公論新社, 2000年、中公文庫, 2007年)、伊藤隆・御厨貴と聞き手
  • 福田有広谷口将紀編『デモクラシーの政治学』(東京大学出版会, 2002年)
  • 青木昌彦・鶴光太郎編著 『日本の財政改革――「国のかたち」をどう変えるか』(東洋経済新報社, 2004年)
  • 曽根泰教・崔章集編著『変動期の日韓政治比較』(慶應義塾大学出版会, 2004年)
  • 御厨貴編著『地方自治に生きる 宮澤弘回顧録』(第一法規, 2007年)
  • 苅部直牧原出編著『政治を生きる 歴史と現代の透視図』(中央公論新社[中公叢書], 2012年)
  • 編著『歴史のなかの日本政治6 政権交代と政党政治』(中央公論新社, 2013年)、6名との共著

論文[編集]

  • 「政治的官僚と行政的政治家――現代日本の政官融合体制」日本政治学会編『年報政治学』(岩波書店, 1995年)
  • 「政治学におけるオーラル・ヒストリーの意義」日本政治学会編『年報政治学』(岩波書店, 2004年)
  • 「日本における二つの政府と政官関係」『レヴァイアサン』34号(2004年)
  • 「副大臣・政務官制度の目的と実績」『レヴァイアサン』38号(2006年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.296
  2. ^ 教員・所属研究者情報 飯尾潤政策研究大学院大学
  3. ^ 飯尾潤政策研究大学院大学
  4. ^ 飯尾潤経済産業研究所

外部リンク[編集]