タイモン・スクリーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タイモン・スクリーチ(Timon Screech、1961年 - )は、ロンドン大学アジア・アフリカ研究所(SOAS)教授。日本近世文化・美術専攻。

1985年オックスフォード大学東洋学専攻卒業、1991年ハーヴァード大学で博士号取得、以後SOAS研究員をへて教授。この間シカゴ大学客員教授、学習院大学早稲田大学で研究員を務め、現在は多摩美術大学客員教授。

早くから日本でも注目され、高山宏らによってその著作は次々と翻訳刊行されている。

日本語訳[編集]

2013年6月11日、在日本英国大使公邸に展示された「ジョン・セーリス日本航海記」のレプリカ(左)を前に日本駐箚英国特命全権大使ティモシー・ヒッチンズ(右)と
  • 『大江戸異人往来』  高山宏訳、丸善ブックス 1995/ちくま学芸文庫 2008
  • 『江戸の身体を開く』  高山宏訳  作品社 1997
  • 『大江戸視覚革命 十八世紀日本の西洋科学と民衆文化』 田中優子・高山宏訳、作品社 1998
  • 『春画 片手で読む江戸の絵』  高山宏訳、講談社選書メチエ 1998/講談社学術文庫 2010.7
  • 『江戸の思考空間』  村山和裕訳、青土社 1999
  • 『定信お見通し 寛政視覚改革の治世学』 高山宏訳、青土社 2003
  • 『江戸の英吉利熱 ロンドン橋とロンドン時計』 村山和裕訳、講談社選書メチエ 2006
  • 『江戸の大普請 徳川都市計画の詩学』  森下正昭訳、講談社 2007
  • 『人間交流の江戸美術史』  村山和裕訳、東京大学出版会 2011.6

原著[編集]

  • The Western Scientific Gaze and Popular Imagery in Later Edo Japan. Cambridge: Cambridge University Press,1996(視覚革命)
  • Sex and the Floating World: Erotic Imagery in Japan, 1720-1810. London: Reaktion Books, 1998
  • The Shogun's Painted Culture: Fear and Creativity in the Japanese States, 1760-1829. London: Reaktion Books, 2000(定信)
  • Japan Extolled and Decried: Carl Peter Thunberg and Japan. London: Routledge Curzon, 2005