春名幹男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
春名 幹男
(はるな みきお)
生誕 (1946-10-14) 1946年10月14日(73歳)
日本の旗 日本京都府京都市
国籍 日本の旗 日本
別名早稲田大学政治学研究科客員教授
共同通信社論説副委員長
教育 大阪外国語大学ドイツ語学科
職業 ジャーナリスト
活動期間 1969 – 現在
代表経歴 ボーン・上田記念国際記者賞(1995年)
日本記者クラブ賞[1](2004年)

春名 幹男(はるな みきお、1946年10月14日[2] - ) は、日本の国際ジャーナリスト。元共同通信社記者、元共同通信社論説副委員長、元名古屋大学大学院特任教授、元早稲田大学客員教授。

来歴[編集]

1946年、京都府京都市生まれ。1969年大阪外国語大学ドイツ語学科卒業後の4月、共同通信社に入社。

1971年まで大阪支社社会部、1971年から京都支局、1974年から本社外信部へ異動。1979年から外信部ニューヨーク支局特派員となり、1984年に帰国。その後、再び渡米し1987年からワシントン特派員となり、1990年に帰国。1993年から再び渡米し、ワシントン支局長へ昇進。1997年に帰国し、編集委員論説委員となる。それと並行し、母校である大阪外語大の大学院言語社会研究科の非常勤講師を2004年まで務める[3]1998年から論説副委員長に昇進。2004年、共同通信が初めて「特別編集委員」制度を導入し、特別編集委員となる。2007年、共同通信社を退社し、名古屋大学大学院国際言語文化研究科教授に就任。

2009年鳩山由紀夫内閣時の外務省にて「いわゆる『密約』問題に関する有識者委員会」[4]の有識者委員に任命される。2010年、名古屋大学大学院国際言語文化研究科特任教授を担当、2012年まで勤める。平行し、2010年から、早稲田大学政治学研究科ジャーナリズムコース客員教授に就く。2017年3月、早稲田大学大学院客員教授を退任。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『核地政学入門—第三世界の核開発競争』(日刊工業新聞社、1979年)
  • 『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書、1985年)
  • 『スクリュー音が消えた』(新潮社、1993年)
  • 『秘密のファイル―CIAの対日工作』(上・下)(共同通信社、2000年/新潮文庫、2003年)
  • 『スパイはなんでも知っている』(新潮社、2001年)
  • 『米中冷戦と日本』(PHP研究所、2013年)
  • 『仮面の日米同盟』(文春新書、2015年)

共著[編集]

  • 江畑謙介ほか著『二十一世紀型の戦争ーテロリストの恐怖。日本は大丈夫か?』(角川書店、2001年)

脚注・出典[編集]

  1. ^ NSK ニュースブレチン オンライン 2004年5月
  2. ^ 『著作権台帳』
  3. ^ 名古屋大学 講師紹介
  4. ^ 外務省 いわゆる「密約」問題に関する有識者委員会 2009年11月24日

外部リンク[編集]