清水陽平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清水 陽平(しみず ようへい、1982年[1] - )は、日本の弁護士(登録番号:35526)。東京弁護士会所属。法律事務所アルシエン共同代表パートナー。一般社団法人情報法制研究所上席研究員[2]。岩手県一関市出身[3]TwitterFacebookへの発信者情報開示請求を日本で初めて成功させた弁護士として知られ[4][5]、インターネットの誹謗中傷に詳しい弁護士として[6][7][8]多くのメディアに出演している[9]

経歴[編集]

  • 2004年3月 早稲田大学法学部卒業
  • 2006年4月 最高裁判所司法研修所入所
  • 2007年9月 最高裁判所司法研修所修了(旧司法試験60期)
  • 2007年弁護士登録
  • 2007年9月 東京都内の法律事務所でアソシエイトとして勤務
  • 2008年9月、東京都内のコンサルティング会社に弁護士としてではなく従業員として入社
  • 2010年11月 法律事務所アルシエン開設

著書[編集]

  • 『ホームページ担当者が知らないと困るネットショップ法務と手続きの常識』(ソシム 2009年)
  • 『最新 プロバイダ責任制限法判例集』(田中一哉、神田知宏 他との共著、弁護士会館ブックセンター出版部 2016年)
  • 『サイト別 ネット中傷・炎上対応マニュアル』(弘文堂 2015年)
  • 『ケース・スタディ ネット権利侵害対応の実務-発信者情報開示請求と削除請求-』(神田知宏、中澤佑一との共著 新日本法規出版 2017年)
  • 『企業を守る ネット炎上対応の実務』(学陽書房 2017年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]