キャンセル・カルチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キャンセル・カルチャー英語: cancel culture[1][2][3][4])とは、主にソーシャルメディア上で人物が言動などを理由に追放される、現代における排斥の形態。多くの場合、芸能人や政治家といった著名人を対象に、過去の犯罪や不祥事、不適切な言動(未成年だった頃の喫煙・飲酒など)とその記録(写真、動画、雑誌の記事、SNSの投稿とスクリーンショットなど)を掘り起こし、大衆に拡散、炎上を誘って社会的地位を失わせる運動や、それを良しとする風潮を指す[5][6] 。2010年代中頃からアメリカ合衆国を中心に全世界に拡大した[5][7]

概要[編集]

キャンセル・カルチャーはコールアウト・カルチャーの一種で、「過ちを徹底的に糾弾する」コールアウト・カルチャーが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を中心とした電子メディアの浸透で大衆の声がより大きな力を持つようになった結果、「過ちを理由に人物の全業績を否定する」までに先鋭化したものだと考えられている。

抗議行為自体は「cancelling」(キャンセリング)と呼ばれ、抗議の対象になることは「cancelled」(キャンセルド)と呼ばれる[8]。また、キャンセルの対象は現代の著名人だけでなく、欧米では過去の戦争人種差別思想に基づいて、数十・数百年前の軍人政治家銅像記念碑に対する抗議運動まで高まっている[9][10]

一部のメディアは、失言だがツイートや投稿を消す程度で終わるのが「コールアウト・カルチャー」で[11][12]、過去の言動で解雇や契約解除になってしまうのが「キャンセル・カルチャー」であると主張した[13]。ただし、両者に明確な差はないという意見もある[14]

近年は日本韓国にも事例があるが、法整備が追いついていない[15][16]。著名人のみならず、日米では一般人が標的とされたケースもある[17][7]

大衆によるキャンセルカルチャーの推進に危機感を訴える評論家もいるが[18][19][20][21]、官公庁が率先して行うキャンセルというものもある[22]

起源[編集]

キャンセル・カルチャーというフレーズは、2019年後半から人気を博した[23]。最近では、このフレーズは、アメリカ合衆国の保守派によって、政治的に誤った表現に対する不釣り合いな反応と認識されているものを簡潔に表す言葉となっている[24]

反応[編集]

キャンセル・カルチャーという表現は、ほとんどが否定的な意味合いを持っており、表現の自由や検閲に関する議論で使用されている[24][25]

バラク・オバマアメリカ合衆国大統領は、「本当に良いことをする人も失敗することがある。あなたが戦っている人は子供を愛しているかもしれないし、あなたと特定のことを共有しているかもしれない」と述べ、ソーシャルメディアのキャンセル・カルチャーに対して警告した[26]

ドナルド・トランプ元アメリカ合衆国大統領は2020年7月4日アメリカ独立記念日を祝う式典において、キャンセル・カルチャーを非難した[9]。また、一部のメディアもキャンセル・カルチャーについて、萎縮効果を誘発しかねないと主張した[27]

教皇フランシスコは、キャンセル・カルチャーは「イデオロギーの植民地主義の一形態であり、表現の自由の余地を残さないもの」であり、「全てのアイデンティティの感覚をキャンセルすることになる」と述べた[28][29][30]

ブラック・ライヴズ・マターの共同設立者であるパトリッセ・カラーズは、社会運動はインターネットに接続したり、誰かをキャンセルするために抗議したりするだけではないと述べている[31]

ヴァイス』の記者コナー・ガレルは、キャンセル・カルチャーが「キャンセルされた人の生活と快適性に具体的または意味のある影響を与えることはほとんどない」と述べている[32]

オープンレター[編集]

USAトゥデイ』の記者ダルヴィン・ブラウンは、153人の公的人物によって署名され、ハーパーズ・マガジンに掲載された「正義と開かれた議論に関する書簡」を、キャンセル・カルチャーに関する議論の「頂点」を示すものとして説明している[24]。この書簡は、「反対意見への不寛容、公に辱めることと排斥の流行、複雑な政治問題を盲目的な道徳的確実性で解決する傾向」に反対する意見を示した[33][34][35]

アメリカ合衆国の世論[編集]

ピュー研究所が実施した調査では、10,000人のアメリカ人を対象に、キャンセル・カルチャーに関して、特にキャンセル・カルチャーという用語を誰が聞いたことがあるか、アメリカ人がキャンセル・カルチャーをどのように定義しているかについて、一連の様々な質問が行われた[36]。2020年9月、アメリカ人の44%は、このフレーズについて少なくともかなりの量を聞いたと述べている。一方、22%は多くのことを聞いており、32%は全く聞いていないと述べている[36]。18-29歳のアメリカ人の43%は、キャンセル・カルチャーについて多くのことを聞いているが、65歳以上のアメリカ人の12%だけが、多くのことを聞いた[36]。更に、同じ調査の中で、キャンセル・カルチャーについて多くのことを聞いたアメリカ人の44%に、キャンセル・カルチャーをどのように定義したかを尋ねた。それらのアメリカ人の49%は、人々が他人に説明責任を負わせるために取る行動と説明し、14%はキャンセル・カルチャーを表現や歴史の検閲として説明し、12%は他人に危害を加えるために行われる卑劣な行動としてそれを定義している[36]

2020年7月にモーニング・コンサルトが実施したアメリカの登録有権者を対象にした調査によると、「公人や企業が不快または不快と見なされることを行った、または言った後、その支持を撤回する(またはキャンセルする)慣行」とキャンセル・カルチャーを定義することが一般的だった。回答者の40%は、ソーシャルメディアを含め、公人や企業からの支持を撤回したことがあると述べている。これは、不快または不快と見なされることを行った、または述べたためであり、8%がこれに頻繁に関与したことがある。行動は年齢によって異なり、18-34歳の有権者の過半数(55%)がキャンセル・カルチャーに参加したと述べているが、65歳以上の有権者の約3分の1(32%)がソーシャルメディアでの行動に参加したと述べている[37]。実践に対する態度はまちまちで、回答者の44%がキャンセル・カルチャーを不支持、32%が支持、24%が分からないか意見はないと答えた。さらに、46%はキャンセルカルチャーが過剰だと考えており、10%だけが過剰ではないと考えていた[38]

ハーバードアメリカ政治研究センターとザ・ハリス・ポールによる2021年3月の世論調査では、回答者の64%が「キャンセル・カルチャーの成長」を自由への脅威と見なし、他の36%はそうとは見なしていないことが分かった。回答者の36%がキャンセル・カルチャーは大きな問題であり、32%は中程度の問題であり、20%は小さな問題であり、13%は問題ではないと述べている。54%は、インターネット上で意見を表明した場合、キャンセルまたは解雇されることを懸念していると述べ、他の46%は、懸念していないと述べた[39]

2021年11月のHill/HarrisXの調査によると、登録有権者の71%が、キャンセル・カルチャーが過剰だと強くまたはある程度感じており、共和党員(76%)、民主党員(70%)、無党派層(68%)がそのように答えた[40]。同じ世論調査では、登録有権者の69%が、キャンセル・カルチャーは、過去の行動や発言で人々を不当に罰すると感じていたのに対し、31%はそうではないと答えた。共和党員(79%)は、民主党員(65%)や無所属(64%)と比較して、不当だと答える割合が高かった[41]

国際連合の「先住民族の権利に関する国際連合宣言」と2019年の「国際先住民族言語年」をうけ、NFLレッドスキンズMLBインディアンズネイティブ・アメリカンに配慮してチーム名やチームロゴを変更したり、ジープ・チェロキーのブランド名を使用できなくなるなどの風潮に[42]、アメリカのアイデンティティを自己否定するものとして、行き過ぎた改称はキャンセル・カルチャーだとして反対する意見がある。

日本[編集]

日本経済新聞石鍋仁美は、20年以上前(2000年以前)の雑誌や公演での言動を理由に、東京オリンピックの演出担当者が辞任に追い込まれた事件が日本史上初のキャンセルカルチャーになったと推察している[43]。このときは、他の学生に対して「排泄物を食べさせる」「自慰行為を強要する」等のいじめを行っていたことや、「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」等とホロコーストを揶揄するセリフをコントで使用していたことが問題視された。

国際政治学者の三浦瑠麗はキャンセル・カルチャーについて、異端審問または文化大革命のときの自己批判の手法と同じで、圧力をかけて相手に差異化を放棄させることは、知性を放棄させることに等しいと主張した[44]。また海外ではキャンセルカルチャーについて、これまで当たり前とされてきた文化を否定するもの、例えば男女の区別や自国民他国民の区別などこれまでの概念を混乱させるものとして用いている面もある。

韓国[編集]

2021年3月には、韓国放送公社(KBSテレビ)の時代劇ドラマ『王女ピョンガン 月が浮かぶ川』に出演していた男優ジスが、学生時代に同級生にいじめ加害をしていたことが発覚し、降板した。この過程では、KBSの視聴者権益センターに、約5700人もの視聴者から降板要求があった。

過去のいじめ加害が原因で降板に追い込まれた点では、前述の小山田事件と類似している。ジスの事例以外でも、2020年初頭ごろの韓国では、スポーツ選手・芸能人による過去のいじめ疑惑が取りざたされる事例が相次いでいる[45]

大衆文化[編集]

アメリカのテレビアニメシリーズ『サウスパーク』は、番組の第22シーズン(2018年)を宣伝する独自の「#CancelSouthPark」キャンペーンでキャンセルカルチャーを嘲笑した[46][47][48][49]

キャンセル・カルチャーは、デイヴ・シャペルによる2019年のスタンダップコメディショー『デイヴ・シャペルのどこ吹く風』の主要なテーマだった[50]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ cancel-culture”. dictionary.cambridge.org. dictionary.cambridge.org. 2021年11月13日閲覧。
  2. ^ cancel-culture”. www.merriam-webster.com. www.merriam-webster.com. 2021年11月13日閲覧。
  3. ^ cancel-culture”. www.macmillandictionary.com. www.macmillandictionary.com. 2021年11月13日閲覧。
  4. ^ cancel-culture”. www.dictionary.com. www.dictionary.com. 2021年9月28日閲覧。
  5. ^ a b キャンセルカルチャーとは・意味 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD” (日本語). ideasforgood.jp (2020年8月27日). 2022年3月10日閲覧。
  6. ^ 忘却なき現代と「構造」のメディア:「科学を伝える言葉」は、いかにインフォデミックに抗ったのか#3”. wired.jp. wired.jp. 2021年11月18日閲覧。
  7. ^ a b 社会全体、姿勢変える契機日本経済新聞』朝刊2021年8月6日2面(2021年11月20日閲覧)
  8. ^ Have we hit peak cancel culture?”. www.cbc.ca. www.cbc.ca. 2021年8月21日閲覧。
  9. ^ a b トランプ氏、彫像の撤去など「キャンセル・カルチャー」と非難 ラシュモア山で”. www.bbc.com. BBC (2020年7月4日). 2021年8月21日閲覧。
  10. ^ マルコム・グラッドウェル「僕らは人を許し、違いを受け入れることの意味を忘れてしまった」 | キャンセル・カルチャーは馬鹿げている” (日本語). クーリエ・ジャポン (2021年5月23日). 2021年11月27日閲覧。
  11. ^ 高学歴の専業主婦がセレブバイト?大学教授のツイート炎上から学ぶ現実”. dot.asahi.com. dot.asahi.com. 2021年8月21日閲覧。
  12. ^ それとは別なのが“コールアウト・カルチャー””. www.harpersbazaar.com. www.harpersbazaar.com. 2021年9月23日閲覧。
  13. ^ 中学時代のいじめ発覚で…韓国バレー代表の姉妹選手「追放」 過去を今裁くことに問題は?夜回り先生が違和感”. www.msn.com. www.msn.com. 2021年8月21日閲覧。
  14. ^ ●キャンセルカルチャー(cancel culture)”. canaan.me.uk. canaan.me.uk. 2021年10月17日閲覧。
  15. ^ 過去の言動で立場を追われる「キャンセルカルチャー」から身を守る方法”. news.yahoo.co.jp. news.yahoo.co.jp. 2021年8月21日閲覧。
  16. ^ 作家・橘玲から若者たちへ 来たるべき「残酷な評判社会」を生き抜く術”. news.yahoo.co.jp. news.yahoo.co.jp. 2021年8月21日閲覧。
  17. ^ A Racial Slur, a Viral Video, and a Reckoning”. www.nytimes.com. www.nytimes.com. 2021年10月4日閲覧。
  18. ^ むかしは「この世界には不快な人もいる、けれど彼らとも共存していかねばならないんだ」と溜息混じりに教えるのが教育者の使命だったように思うが、いまは逆に「不快な人を見たら声を挙げよう、我慢せず排除しよう」と教えている人ばかりのように思う。でも、それじゃふつうに考えて社会滅びるぞ。”. twitter.com. twitter.com. 2021年11月18日閲覧。
  19. ^ Bromwich, Jonah Engel (2018年6月28日). “Everyone Is Canceled”. The New York Times. 2019年3月16日閲覧。
  20. ^ 【月額マガジン版】「キャンセル・カルチャー」が世界を破壊する”. note.com/terrakei07. note.com/terrakei07. 2021年8月21日閲覧。
  21. ^ 三浦瑠麗「キャンセル・カルチャーはなぜ危険なのか」”. president.jp. president.jp. 2021年8月21日閲覧。
  22. ^ これは暴走か、それとも進化の過程か? エスカレートする、世界のキャンセルカルチャー”. www.excite.co.jp/news. www.excite.co.jp/news. 2021年8月21日閲覧。
  23. ^ Google Trends”. Google Trends. 2022年4月24日閲覧。
  24. ^ a b c Brown, Dalvin. “Twitter's cancel culture: A force for good or a digital witchhunt? The answer is complicated.” (英語). https://www.usatoday.com/story/tech/2020/07/17/has-twitters-cancel-culture-gone-too-far/5445804002/ 
  25. ^ Where Did Cancel Culture Come From?” (英語). Dictionary.com. 2022年4月24日閲覧。
  26. ^ Bostock, Bill (2019年10月30日). “Obama laid into young people being 'politically woke' and 'as judgmental as possible' in a speech about call-out culture”. Business Insider. https://www.businessinsider.com/barack-obama-slams-call-out-culture-young-not-activism-2019-10 2020年7月23日閲覧。 
  27. ^ McWhorter, John (2020年9月1日). “Academics Are Really, Really Worried About Their Freedom” (英語). The Atlantic. 2021年11月27日閲覧。
  28. ^ Pope Francis (2022年1月10日). “ADDRESS OF HIS HOLINESS POPE FRANCIS TO THE MEMBERS OF THE DIPLOMATIC CORPS ACCREDITED TO THE HOLY SEE”. Vatican.va. 2022年4月24日閲覧。
  29. ^ Kington, Tom (2022年1月11日). “Cancel culture is rewriting the past, warns Pope Francis”. The Times. https://www.thetimes.co.uk/article/2c0ace6a-7271-11ec-89e9-22d3d9c31ba2?shareToken=9103cfde5abc3f5760e744db598ece7b 
  30. ^ Rocca, Francis X. (2022年1月10日). “Pope Francis Denounces 'Cancel Culture' and Antivaccine 'Ideology'”. Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/pope-francis-denounces-cancel-culture-and-antivaccine-ideology-11641814583 
  31. ^ What is Cancel Culture? Top 3 Pros and Cons” (英語). ProCon.org. 2022年3月4日閲覧。
  32. ^ Logan Paul Is Proof That Problematic People Are Never Truly Cancelled” (英語). www.vice.com. 2020年8月16日閲覧。
  33. ^ A Letter on Justice and Open Debate”. Harper's Magazine (2020年7月7日). 2022年4月24日閲覧。
  34. ^ “JK Rowling joins 150 public figures warning over free speech”. BBC. (2020年7月8日). https://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-53330105 2020年7月23日閲覧。 
  35. ^ Chiu, Allyson (2020年7月8日). “Letter signed by J.K. Rowling, Noam Chomsky warning of stifled free speech draws mixed reviews”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/nation/2020/07/08/letter-harpers-free-speech/ 2020年7月9日閲覧。 
  36. ^ a b c d Vogels, Emily A. (2021年5月19日). “Americans and ‘Cancel Culture’: Where Some See Calls for Accountability, Others See Censorship, Punishment” (英語). Pew Research Center: Internet, Science & Tech. 2022年3月3日閲覧。
  37. ^ Lizza, Ryan (2020年7月22日). “Americans tune in to 'cancel culture' — and don't like what they see” (英語). Politico. 2020年7月22日閲覧。
  38. ^ National tracking poll, July 17-19, 2020”. Politico (2020年7月). 2022年4月24日閲覧。
  39. ^ Manchester, Julia (2021年3月29日). “64 percent view 'cancel culture' as threat to freedom: poll” (英語). The Hill. https://thehill.com/homenews/campaign/545387-64-percent-say-they-view-cancel-culture-as-a-threat-to-their-freedom-poll 2021年4月27日閲覧。 
  40. ^ Schulte, Gabriela (2021年11月8日). “Poll: Overwhelming majority say cancel culture has gone too far” (英語). TheHill. 2021年11月10日閲覧。
  41. ^ Schulte, Gabriela (2021年11月9日). “Poll: 69 percent say cancel culture unfairly punishes people for past actions, statements” (英語). TheHill. 2021年11月10日閲覧。
  42. ^ 米アメフトのレッドスキンズ、チーム名変更へ 先住民差別と批判受け” (日本語). BBC (2020年7月14日). 2022年5月14日閲覧。
    MLB「インディアンズ」改名へ 差別的との批判で” (日本語). テレビ朝日 (2021年7月24日). 2022年5月14日閲覧。
    先住民侮辱や人種差別を理由に消えゆくブランド名” (日本語). 宣伝会議. 2022年5月14日閲覧。
  43. ^ 石鍋 仁美 (2021年7月29日). “過去の言動で失脚 「キャンセルカルチャー」日本にも”. 日本経済新聞 
  44. ^ 三浦瑠麗「キャンセル・カルチャーはなぜ危険なのか」 キャンセル・カルチャーは異端審問 (2ペー目)” (日本語). PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2021年1月15日). 2021年11月27日閲覧。
  45. ^ 高月靖「ナイフで脅迫、睾丸破裂…韓国芸能&スポーツ界で“いじめMeToo”が止まらないワケ」『現代ビジネス』2021年5月11日
  46. ^ Andrews, Travis M. (2018年10月17日). “How 'South Park' became the ultimate #bothsides show”. 2018年12月31日閲覧。
  47. ^ Edwards, Chris (2018年11月20日). “Post-outrage TV: how South Park is surviving the era of controversy”. 2018年12月31日閲覧。
  48. ^ Mathews, Liam (2018年10月11日). “South Park Just Trolled The Simpsons Really Hard, but Why?”. TV Guide. 2018年12月31日閲覧。
  49. ^ Joho, Jess (2018年10月12日). “Why the latest season of 'South Park' feels like a total game-changer”. Mashable. 2018年12月31日閲覧。
  50. ^ "Concerning Consent, Chappelle, and Canceling Cancel Culture". Wired (英語). ISSN 1059-1028. 2020年10月19日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]