朝日新聞北海道支社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朝日新聞社 > 朝日新聞東京本社 > 朝日新聞北海道支社

座標: 北緯43度03分47秒 東経141度21分20秒 / 北緯43.06306度 東経141.35556度 / 43.06306; 141.35556

朝日新聞(北海道)
HTB newbuilding.jpg
2018年5月より朝日新聞北海道支社が入居する
さっぽろ創世スクエア高層棟
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 株式会社朝日新聞社東京本社
北海道支社
本社 北海道札幌市中央区北1条西1-6
代表者 中村史郎
創刊 1959年6月1日
言語 日本語
価格 1部 朝刊150円・夕刊50円
月極 朝夕刊セット4,037円
統合版3,093円
テンプレートを表示

朝日新聞北海道支社(あさひしんぶんほっかいどうししゃ)は北海道向けの朝日新聞を印刷・発行する朝日新聞東京本社支社である。

概要[編集]

朝日新聞北海道支社ビル(2018年まで使用)

北海道全域を対象エリアとしており、通常の総局ではなく「報道センター」が置かれている。

北海道内の朝日新聞は、道内での現地印刷当初から一貫して東京本社で制作された紙面を基とした内容(かつては東京からファクシミリ送信、現在はデータ送信)となっている。1面においても毎号の発行元や地方版紙面紹介の他、北海道関連の重大ニュース、高校野球や選挙の結果によっては北海道支社で独自に差し替えることがある。

なお夕刊も発行する「セット版」は道央の上川(おおむね旭川市とその郊外以南)、空知、石狩、後志、胆振各管内のみで、それ以外は朝刊のみの「統合版」である。夕刊では1面題字横に「北海道 Evening」と表記されている。

朝日新聞デジタルの紙面ビューアー(有料のフルプラン登録者向け)では2022年5月から北海道支社版の配信が開始された。

沿革[編集]

組織[編集]

北海道支社

2018年に移転した現社屋には、系列民放テレビ・北海道テレビ(HTB)も同年9月に豊平区平岸から低層棟へ移転している。

対象エリア
社員数
  • 合計: 79人
印刷工場

番組表[編集]

最終面[編集]

以上各放送局は2009年3月29日までは全部中面に載せていたが、3月30日以後最終面に移設した。

中面[編集]

ラジオの周波数については「ラジオ・テレビ」と書かれたコーナータイトル(左端)にまとめて掲載してある。なお、2009年3月から4月ぐらいは周波数の掲載が省略されていたが読者からの不評を買っていた(北海道版と同じく東京版を現地印刷する名古屋版でも同様)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 朝日新聞百年史編修委員会 『朝日新聞社史 昭和戦後編』朝日新聞社、1994年、257頁。 
  2. ^ 朝日新聞百年史編修委員会 『朝日新聞社史 昭和戦後編』朝日新聞社、1994年、257-259頁。 
  3. ^ 朝日新聞百年史編修委員会 『朝日新聞社史 昭和戦後編』朝日新聞社、1994年、712-713頁。 
  4. ^ 朝日新聞北海道支社あす移転2018年5月6日
  5. ^ “「創世スクエア」、只今、朝日新聞北海道支社1社入居”. 北海道リアルエコノミー. (2018年6月28日). https://hre-net.com/keizai/keizaisougou/31557/ 2022年9月5日閲覧。 
  6. ^ 地域の取材網”. 朝日新聞社. 2018年5月19日閲覧。
  7. ^ “朝日新聞北海道支社あす移転”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年5月6日). https://digital.asahi.com/articles/DA3S13481674.html/ 2018年5月19日閲覧。 
  8. ^ 朝日が北海道に印刷委託 朝刊7万部、18年春から”. 日本新聞協会 (2012年2月23日). 2018年5月19日閲覧。
  9. ^ “道新で朝日新聞の委託印刷開始”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年3月26日). https://digital.asahi.com/articles/DA3S13420497.html/ 2018年5月19日閲覧。 
  10. ^ 朝日新聞の受託印刷開始(本社工場)”. 道新総合印刷. 2018年5月19日閲覧。
  11. ^ a b 道新帯広工場に印刷委託 十勝毎日との契約満了 朝日”. 日本新聞協会 (2018年1月31日). 2018年5月19日閲覧。

外部リンク[編集]