荒垣秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

荒垣 秀雄(あらがき ひでお、1903年7月19日-1989年7月8日)は、昭和期の新聞記者コラムニスト岐阜県吉城郡(現在の飛騨市)出身。

経歴[編集]

1926年、旧制斐太中学(現岐阜県立斐太高等学校)を経て早稲田大学政治経済学部卒業。東京朝日新聞に入社。満州事変の従軍記者として活躍し、1936年ジョージ6世戴冠式に特派され、文名を高めた。1939年に東京本社社会部長になる。その後、リオデジャネイロ支局長やマニラ総局長を歴任する。

太平洋戦争終結後の1945年11月論説委員となり、「天声人語」を17年半にわたって担当してその名を高め、1956年に第4回菊池寛賞受賞(「天声人語」の執筆により)。

1963年の退社後はコラムニスト・自然保護活動家として活躍、日本自然保護協会会長などを務めた。

著書[編集]

  • 北飛騨の方言 刀江書院 1932 言語誌叢刊
  • 新日本の足音 河出書房 1948
  • 戦後人物論 八雲書店 1948
  • 現代人物論 河出書房 1950
  • 民族の微苦笑 天声人語より 光文社 1950
  • 新聞の眼 河出書房 1951
  • 喜怒哀楽 赤紙の夢など 要書房 1952
  • 題名のない新聞欄 天声人語より 河出書房 1952
  • 世相の風土 要書房 1953
  • 新聞の片隅の言葉 天声人語から 暮しの手帖社 1954
  • 社会散歩 1955 河出新書
  • 世相の四季 朝日新聞・天声人語より 春陽堂書店 1957
  • ふだんぎ抄 六月社 1957
  • コラムのつぶやき 角川書店 1958
  • 世相歳時記 有紀書房 1959
  • 街路樹の独語 春秋社 1962
  • 人も世も花も 春秋社 1962
  • 人も世も花も 続 春秋社 1963
  • 自然 「天声人語」十八年の歳時記 朝日新聞社 1964
  • 飛騨 風土と民俗 細江光洋写真 朝日新聞社 1964
  • 世相のながれ 「天声人語」にみる戦後18年 恒文社 1966
  • 時の素顔 荒垣秀雄対談 週刊朝日編集部編 恒文社 1965-66
  • 季節の余白 朝日新聞社 1967
  • ゴルフ博物誌 実業之日本社 1968
  • 日本のふるさと 荒垣秀雄随筆集 原書房 1977.7
  • 国栄えて山河ほろぶ ふるさとの自然誌 どうぶつ社 1978.3
  • 森や山河や海のつぶやき 家の光協会 1979.4
  • メダカのいる川 朝日ソノラマ 1980.11
  • 花鳥ゴルフ歳時記 全国加除法令出版 1983.7 JED新書
  • 荒垣秀雄ザ・コラム 天・声・人・語の巻 1984 角川文庫
  • 花と緑のことば 講談社 1984.5
  • 老樹の青春 朝日新聞社 1985.11
  • 人・旅・自然 社会保険出版社 1986.12
  • 自然と人生 講談社 1987.10
  • 昭和-人も世も花も 騒人社 1989.3

編著[編集]

  • 朝日新聞の自画像 鱒書房 1955
  • 現代用語辞典 1956 河出新書
  • 日本のレジスタンス 河出書房新社 1964
  • 人生の恩師 私の勇気を目覚めさせたもの 大和書房 1969 銀河選書
  • 日本の四季 朝日新聞社 1976 朝日小事典
  • 四季の博物誌 1988.7 朝日文庫

参考文献[編集]

  • 有山輝雄「新垣秀雄」(『国史大辞典 15』(吉川弘文館、1996年) ISBN 978-4-642-00515-9