朝日時代小説大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

朝日時代小説大賞(あさひじだいしょうせつたいしょう)は、株式会社朝日新聞出版の設立を記念して2009年に創設された[1]同社が主催する[2]公募の文学賞である。朝日新聞社出版部門の伝統を受け継ぎつつ、21世紀の新たな時代小説の書き手を発掘することを目的とする。「従来の枠にとらわれない時代小説の書き手を発掘する賞」をうたっている[2]。未発表の長編の時代小説が募集されている[2]。賞金として大賞受賞者には200万円が贈呈される[2]テレビ朝日が協賛しており、優秀な作品はテレビ朝日でのドラマ化が検討される[2]。入選作は『小説トリッパー』で発表される[2]。受賞作は朝日新聞出版より刊行される[2]

最終選考委員[編集]

受賞作一覧[編集]

特記がなければ、初刊は朝日新聞出版、文庫は朝日文庫刊。

回(年) 応募総数 受賞作 著者 初刊 文庫化
第1回(2009年) 381編 受賞 該当作なし
候補 「或いは躍りて淵に在り」 平野正和
「銀湾初風」 天田式
「橘の里」 浅野竜
「平賀源内でいこう!」 福田政雄
第2回(2010年) 163編 受賞 「忍び外伝」[注 1][3] 乾緑郎 2010年11月 2013年10月
候補 「島守たちの挽歌」 清村春雪
「薬種御庭番」 高田在子
第3回(2011年) 161編 受賞 「隈取絵師」[注 2][4] 平茂寛 2012年3月
候補 「凜として、雲」 小崎真也
「蟷螂の斧」 手塚歪
「樺戸監獄異聞 緋色の轍」 三笠咲
第4回(2012年) 146編 受賞 「無名の虎」 仁志耕一郎[注 3] 2012年11月
候補 「ただ君がため」 新井宏至
「西ノ岡の詐欺師」 金丸洋明
「北越潜行伝――我ラハ朝敵ニ非ズ」 三笠咲
第5回(2013年) 182編 受賞 「火男」[5] 吉来駿作 2013年12月
候補 「孤城、陥ちず」 新井宏至
「闇夜に散る紅葉と式」 今桐継
「流星の秋」 金丸洋明
「関白殿ご謀叛」 指方恭一郎
第6回(2014年) 190編 受賞 該当作なし
優秀作 「大坂誕生」 片山洋一 2015年3月
「決戦!熊本城――肥後加藤家改易始末」[注 4] 松永弘高 2015年3月
候補 「マノエル在昌」 市原麻里子
「謀りの島」 仁藤次郎
第7回(2015年) 182編 受賞 「信長の肖像」[注 5][6] 志野靖史 2015年12月
候補 「疾風、滝川一益」 佐々木興一
「西の暁」 森山光太郎
第8回(2016年) 203編 受賞 「堀に吹く風」[7] 木村忠啓
候補 「翡翠の力士」 天野行人
「約束の汀」 森裕之
「八咫烏の裔」 森山光太郎

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「忍法煙之末」を改題
  2. ^ 「隈取絵師・鍬形恵斎」を改題
  3. ^ 「西田耕二」より改名
  4. ^ 「泰平に蠢く」を改題
  5. ^ 「信長のおもかげ」を改題

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]