のまネコ問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

のまネコ問題(のまネコもんだい)は、エイベックスのグループ会社が「のまネコ」などの著作権表示をつけた商品を販売したことなどに対して、ネット上で抗議が発生し、殺害予告が書き込まれるなどの社会的問題にも発展した一連の事件である。本騒動は後のパソコン遠隔操作事件の遠因となったと指摘されている[1]

事実経過[編集]

発端[編集]

2005年8月22日O-Zone(オゾン)の「DiscO-Zone(邦題恋のマイアヒ)」がオリコン・アルバムチャート総合1位の大ヒットを記録し、日本にマイアヒ旋風を起こす社会現象になった。日本人に馴染みの薄いルーマニア語の歌を大ヒットに導いたのが、日本語の面白おかしい空耳歌詞を付けたPVである。元々3月に発売されたアルバムである。

このPVは、元々は個人サイトで公開されたフラッシュ動画で、2004年頃、2ちゃんねるで書き込まれた「恋のマイアヒ」の空耳歌詞とそれをもとにしたフラッシュ動画が多数製作されていた時期に製作されたものの一つであり、「モナー」や「モララー」、「おにぎり」などのアスキーアートのキャラクターを基にしたキャラクターたちが、空耳歌詞に合わせて楽しそうに踊る、という内容のものであった。これに目をつけたエイベックスが、内容を修正した上で、オフィシャルなPVとして採用した。この時点までは、2ちゃんねる内でもこれといった反発はなく、「『モナー』もメジャーになった」という程度の認識だったようである。

9月1日、エイベックスの子会社であるエイベックスネットワークが、このPVのキャラクターを基に商用キャラクターを作成。グッズではこのキャラクターを「のまネコ」とし、「(c) のまネコ製作委員会」という著作権表示をしていた。このことから「長年インターネットの共有財産として愛されてきた『モナー』を改竄、私物化して金儲けをしようとしている」という非難の声が上がり、以下祭りと呼ばれる騒動が2ちゃんねるやブログなどで始まった。

また、フラッシュの作者が空耳歌詞を自分が考案したと発言したことに対し、空耳歌詞の初出は2ちゃんねるのスレッドであるとして、反発も起こった。しかしながら、2ちゃんねるのスレッドに書き込まれた空耳歌詞の内、確認できる最も古い物が2004年10月9日なのに対し、フラッシュが発表されたのは2004年9月30日であるため、フラッシュの作者が自分で考案したという主張が正しい可能性は否定できない。

キャラクターに対する翻案は「モナー」との類似を避けるためと思われるが、その結果としてサンリオの「シナモロール」や、ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE) の「どこでもいっしょ」の「トロ」との類似性を指摘されるという珍事も起こっている。またモナー自体があめぞうの著作物を誰かが2chに無断で流用したものに過ぎない。

マイアヒフラッシュが大々的に知られるきっかけとなったpya!でのマイアヒフラッシュがこの頃削除された。

公開質問状[編集]

9月8日、エイベックスネットワークは自社ウェブサイトにて以下のような見解を発表した。

  • 「のまネコ」の著作権は有限会社ZENが管理しており、当社は商品化契約を締結して使用している。
  • 「のまネコ」は、インターネット掲示板において親しまれてきた「モナー」等のアスキーアートにインスパイヤ(創作意欲を刺激される、等の意味)されて映像化され、当社と有限会社ZENが今回の商品化にあたって新たなオリジナリティを加えてキャラクター化したもの。
  • 「モナー」等の既存のAAキャラクターの使用を制限する意図はない(この際のエイベックス側の表現が上から見下ろしているようにも取れた為、さらに火に油を注ぐ事になった)。

9月8日、のまネコ問題は東京スポーツや、Yahoo! JAPANなどのIT系情報配信サイトに掲載された。

9月22日特許電子図書館にて、有限会社ZENの商標登録申請が公開された。

  • 文字商標として「のまネコ」の名称を出願(商願2005-69971)
  • 図形商標として「のまネコ」の図案を出願(商願2005-69972)…検索キーワード「米酒」

商標登録断念[編集]

9月30日、エイベックスは“いわゆる「のまネコ」問題についての当グループの考え方”として、「のまネコ」の商標登録断念とCDに録画されているフラッシュ動画の削除を表明した。同時に同日に立てられたエイベックス社員に対する殺人予告について、被害届を出すことを表明した。またNHKなど多数のマスメディアがこの問題について報道を行った。だが、出願を取り下げたのは「のまネコ」のロゴ文字のみで、モナーのキャラクターの図案「米酒」は取り下げておらず、結局は問題が解決していないのではないかとしてエイベックスへの非難の声は止まらなかった。

10月1日松浦勝人宅に対する放火を仄めかす文章が2ちゃんねる内掲示板に書き込まれる。エイベックスは被害届を出すことを表明。このような犯行予告が以後も連続することにより、ワイドショーを中心にメディアで取り上げられる。

10月3日、松浦の妻に濃硫酸を浴びせるという内容の書き込みが確認される。エイベックス本社の所轄である赤坂署が松浦の相談を受けて脅迫容疑で捜査を開始。また、有限会社ZENがモナーのキャラクターの図案「米酒」の商標を取り下げ、エイベックスも当該のフラッシュ動画を収録したCDを廃盤として回収する旨を各販売店に通達した。

10月4日、2ちゃんねるの管理者・西村博之がコメントを発表、その中で「2件目に関しては、エイベックス社のグループ会社の会員回線からの犯罪予告でした」という内容が掲載、情報提供を求めることになった。但し、飽くまでも“グループ企業の回線”(今回はUCOMの回線)であり、例えばYahoo!BBのユーザの書き込みを「ソフトバンクの回線からのもの」と主張するのと同じことである。だが、Yahooとでは回線普及規模が段違いであり、同一視はできない。この犯行予告に関しては、投稿した男性が12月5日に逮捕されている。

また、西村は「“被害届”がなければ、警察は捜査をして犯人を逮捕することができません」ともコメントし、併せて読むとエイベックスの自作自演を一層強く仄めかせている。無論、脅迫罪は西村のコメントに該当する親告罪ではないが、実際には「親告」がなされなければ警察側は事件の存在を知ることも立件することもできない。10月5日、前日の西村のコメントを受けて一部メディアが報道をする。

10月7日、O-Zoneがテレビ朝日音楽番組ミュージックステーションに出演した際に「恋のマイアヒ」を熱唱した。だがそこにはflashは掲載されていなかったものの(ディズニー映画チキン・リトル」の映像が代替映像として流れた)、空耳で日本語化された歌詞のテロップが出てきた為「空耳化した日本語歌詞を無許可で使用するな」という抗議が20件近くあった。

10月12日、エイベックスはぬいぐるみなどの「のまネコ」グッズについて、同社が受け取る契約になっているキャラクター使用料を一切受け取らないと発表した。また、回収されていたO-Zoneのアルバムもこの日フラッシュを削除した形で再発売された。これに対し西村が「盗作を事実的に認めたもの」との見解を発表したことや、犯行予告がエイベックスの自作自演であることを仄めかすような発言を受け、騒動の焦点がシフトしていった。西村博之はのまネコグッズを制作したライセンシーに対し「エイベックスが放棄したロイヤリティを被災地等に寄付すればよいのではないか」と牽制する発言を行っているが、ライセンシーはライセンス契約は生きていると主張しており、10月12日の発表後にも「のまネコ」グッズが制作・販売されては抗議を受けて中止するということが繰り返された。

10月中旬以降、『週刊アスキー』等の活字媒体で「のまネコ騒動」が著作権と絡めて取り上げられた。

殺害予告事件[編集]

11月1日、仙台市内の小学校の児童を殺害すると2ちゃんねるに書き込みして逮捕された男(2ちゃんねるの歴史2005年10月20日参照)が、エイベックス社員を殺害する予告などの書き込みも行ったと供述。強要未遂の疑いで22日に再逮捕。

12月5日、上述で再逮捕された男が、松浦宅に対する放火(西村の言う「avex社のグループ会社の会員回線からの犯罪予告」)を行ったとして再逮捕される。

2006年1月20日、上述の犯行予告を行った男が、松浦に「暴力団と深く関係があるのは間違いない」と書き込んだとして、親告罪である名誉毀損の疑いで追送検される。投稿文には「(一連の犯行予告は)社長から直接指示されてやりました」等とも含むもので、ブログ等で取り上げられ、犯行予告の自作自演の可能性が指摘されていた。

2月3日、東京地裁で犯行予告を行った男の初公判がされる。世間を騒がせるのが目的で、脅迫に関する殺意等は無かったと主張した。

3月2日、東京地裁で犯行予告を行った男の第2回公判がされる。弁護人は被告の回避性人格障害を主張。懲役3年を求刑される。

著作権問題[編集]

原著作物「モナー」に関する既知と不知[編集]

エイベックスネットワークが、「のまネコ」の製作販売に当たり、それ以前に存在していた「モナー」に関して既知であることを、自ら認めていることである。通常、著作権に関する争いでは、侵害を主張された側は、原著作物の存在を不知として防御するものであり、既知であったという証拠は、著作権侵害を訴える側が挙げるものである。

しかし、今回の問題の場合、エイベックスネットワークは「モナー」を既知であることをあっさりと認めており、この点での争いは生じない。つまり、エイベックスネットワークは「のまネコ」を制作するまで「モナー」を不知であり、「のまネコ」が「モナー」に類似したのは偶然であるというような、過去の著作権問題でよくあった主張は、既にできなくなっている。

そこで、ある著作物にならって作られた類似の著作物に対する権利がどう保護されるかが、問題の中心となる。議論の流れによっては「モナーの作者」と主張するヤクバハイルがエイベックスネットワークに対し、著作権侵害を訴えることも可能である。

二次的著作物と原著作物の著作権者の権利[編集]

しかし、エイベックスネットワークの主張どおり、「のまネコ」が「モナー」に「オリジナリティ」を加えて作ったキャラクターであったとしても、すでにある著作物を変形・脚色などして利用する場合には、著作権法二次的著作物という扱い(俗に二次創作物と呼ばれることもある)になり、原著作物の著作者の権利は依然として保護されている(著作権法第2条、第18条、第19条、第28条など。改竄権、同一性保持権)。つまり、オリジナリティを加えたからといって原キャラクターを無断で利用してよいわけではない。さらに、著作権表示には原著作権者の氏名も必要になるという点で「のまネコ」の著作権表示「(c) のまネコ製作委員会」は、著作権法第19条に定める氏名表示権の侵害である可能性がある。

特にエイベックスは今まで自身が権利を有する著作物と酷似した音源や著作物そのものを違法に使う者らに対し厳しく取り締まったり、コピー防止としてコピーコントロールCDを積極的に取り入れていたのに対し、今回の著作権問題に対し企業内で著作権のあり方、特にエイベックスが2005年4月11日に発表したエイベックスグループ・コンプライアンスポリシーと矛盾しているとの批判が強まっている。

ただし、モナーそのものが他のキャラ(俗に初代、もしくは丸耳モナーと言われる)に「オリジナリティ」を加えて作ったキャラクターとも言えるという問題も孕む。

著作者が不詳な場合の著作権侵害と、民事・刑事上の問題[編集]

一般論として、著作権侵害に対して、民事上の法的措置(たとえば販売の差し止めや損害賠償請求)ができるのは著作権者になるが、ネット掲示板での多数の書き込みで進化したAAの場合、それが誰の著作物であるか特定するのが難しいことから、実際に法的措置をとるのは困難とみられる。なお、AAが「無名の著作物」と解釈される場合、二次利用をしたい者が文化庁に申請し、補償金の供託と引き換えに、文化庁長官が著作権者の代わりに利用の許諾を与えることで、その利用ができるという制度がある(著作権法第67条)。

ただし、この制度を無視して「無名の著作物」が無断で利用されたとしても、権利侵害による損害賠償請求ができるのは、真の著作権者だけとなり、法的措置がとりにくいことに変わりはない。

なお同法第76条、第118条および第123条には、そのような無名の著作物の発行者が、著作権者に代わり侵害差止請求、名誉回復措置請求や損害賠償請求などを行う事ができるとある。発行者はこの場合、掲示板の主催者となるが、法的措置が容易でないことには変わりない。

一方、刑事上の処罰については、著作権法違反が親告罪であることから、著作権者の告訴がない限り事態は進展しないものと考えられる。「無名の著作物」と解釈される場合でも、真の著作権者の刑事告訴が必要である(中虎連合会阪神タイガース応援歌問題もこのパターン)。

もっとも、次の規定「第121条:著作者でない者の実名又は周知の変名を著作者名として表示した著作物の複製物(原著作物の著作者でない者の実名又は周知の変名を原著作物の著作者名として表示した二次的著作物の複製物を含む)を頒布した者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。」から、著作者人格権の氏名表示権を侵害する行為については親告罪ではなく、誰でも刑事告発ができる。

自由な創作活動が剽窃されることに対抗することを想定したコピーレフトのライセンスをAAキャラクターに適用するべきだという意見もあるが、前述したように「モナー」の作者は特定できないので、ライセンスを設定できる者が存在しない。

また既存のAAキャラクターのうち「モナー」や「ギコ猫」のように2ちゃんねるのマスコットキャラクターとして2ちゃんねる内で概ねコンセンサスが成立しているものについては、2ちゃんねるの運営者である西村博之が商標権を取得することで、他者による剽窃に対抗することは可能かもしれないという意見が2ちゃんねる内にあるが、「モナー」はもともと「あめぞう本家」などで用いられていたAAキャラクターを下敷きとして改変されたAAキャラクターであり、「ギコ猫」はそのプロトタイプの作者が「あやしいわーるど」のある住人であることがほぼ特定されており、西村博之や2ちゃんねるがその商標登録を行うことは、エイベックスがやったことと同じ所業であるというのが、あやしいわーるど系とあめぞう系の掲示板住人の大方のコンセンサスである。

なお、タカラがAAキャラクターの商標登録を目論んだとき、西村はあやしいわーるど主催者「しば」のメーリングリストでAAキャラクターの著作権の共同管理を提案したが、先人側に却下されたため、これを諦めた経緯がある。

現行の法体系は「特定の人物による創作物」を保護することを想定しているのであって「不特定多数の人物による共同創作物」を保護することを想定していない以上、法律の抜け穴を埋めない限り最終的な解決は無理であり、現状では法的手段よりも企業倫理と世論に訴える方が有効であるという見方もある。

騒動の発端[編集]

のまネコFLASHの製作者であるハンドルネーム「わた」(初期は「渡辺卓巳」と名乗っていた)によれば、「私の持っていた『のまネコ』の著作権は、全て有限会社ZENに譲渡した」とあるが、この表現はいくつかの問題を含む。

まず、日本において著作権は譲渡可能だが、著作者人格権の譲渡は認められていない。これは著作権の譲渡ではないかと思われる。

次に、「のまネコ(=モナー)」は2chユーザーが共に作り上げてきた共有物であり、「わた」の著作物ではないとすれば、著作権を持たない「わた」が、勝手に第三者にのまネコを使用する権利を認めたことは、無権限者が著作権を持つ者に無断で著作権に関する代理行為を行ったことになる。

そして、最たる問題は、「わた」が「のまネコ」の著作権を自身が保持していると認識していたか否かである。もし「わた」が、のまネコとモナーがほぼ同一であり、自身には著作権がないと認識した上でZENに「著作権を譲渡した」ならば、「わた」はZENから、詐欺を働いたとして訴えられる可能性もある。逆に「わた」が、のまネコは自身の著作物であると信じていたならば、法的にはともかくとして、道徳的に2chユーザーに対して問題のある認識を持っていたということになる。

またこれだけの騒動が起きている状態になっても、「わた」はZENからのまネコの著作権(使用権)を買い戻すことをしていない、もしくはできていない(「わた」がのまネコの著作権を持っていないとすれば、「買い戻す」という表現よりも、不当利得の返還というのが正しいという意見もある)。

また逆に契約上の問題、もしくは立場的にエイベックスの損害となる発言ができなかった可能性も指摘されている。

倫理的な問題点[編集]

2005年9月「のまネコ」はイッキ飲み・アルハラを助長しているアルコール薬物問題全国市民協会にて、電話やメールで多くの批判が寄せられ、同協会は同年9月13日付けで、エイベックス本社社長宛に緊急の要望書を発送したが、返答は得ていない[2]。その結果、翌年の2006年同協会のキャンペーンにて飲まザルというキャラクターが登場した。

日本アミューズメントマシン工業協会アミューズメントマシンにおいて提供される適正景品のガイドラインに触れる項目がある(以下に引用)。のまネコの景品には「米」と書かれているが、この規定を免れるための模索であると思われる。

(2) 景品の種類

善良な風俗の保持、清浄な風俗環境の保持(中略)する観点から、ゲームセンター等における正常な商習慣に照らし適合すると認められる景品に限る。また、食品衛生法の遵守(中略)すべきである。以上の点を踏まえ、次に掲げる物品等をゲームセンター等に設置されるアミューズメントマシンにおいて提供される景品として製造・販売・流通してはならない。
  1. たばこ、喫煙器具およびこれらをモチーフにした商品
  2. 酒類、および酒をモチーフにした商品

以上の「商品」にはアニメーションも含まれる。

影響[編集]

のまネコ問題のような問題が二度と起きぬよう、アスキーアート保護協会 (AAAP) が設立されることとなっている。だがこの協会には問題点が多く存在する為、のまネコに続く新たなる問題として顕在化し始めている。

エイベックス内からも、のまネコ問題についてエイベックスに対して異論を唱える声も出た。エイベックス所属の古参アーティストである、m.o.v.et-kimuraが代表的な例であり、自身のブログで、身内であるエイベックスを痛烈に批判した。このブログの記事に対するトラックバックは695件、コメントが2215件と多くの数にのぼるが、多くがt-kimuraに対する賞賛であり、t-kimuraの批判を勇気ある行動と讃える物であった。だがその代償として「今後のm.o.v.eのプロモーションに影響が出そうだ」とエイベックスより圧力をかけられ、問題が一端の解決を見せた今でも、t-kimuraの周りには関係者が徘徊していると、その後のt-kimuraのブログには書かれている。

また、匿名掲示板2ちゃんねる掲示板であるモナー板では、のまネコ関係のスレ(たいてい虐殺関係)が乱立し、スレッドがすぐdat落ちしたり、掲示板の低俗化が危惧されている。まるで「のまネコ板」との意見もあった。現在でもこれらのスレッドは一部残っており、そのほとんどが住民のいない廃墟状態である。

東京法令出版2007年に出版した中学生用の公民資料集『見る!解く納得公民資料2007』の「新しい人権」の項には、のまネコ問題についての記述がある。

また、一連の騒動に便乗し、殺害予告を投稿した男性の刑事裁判の様子が、何冊かの裁判傍聴者による書籍に記述された。

のまネコ(米酒)、クレーンゲームの景品

脚注[編集]

  1. ^ “ちらつく過信と自己顕示欲 容疑者、現実空間に現れて墓穴?”. 産経新聞. (2013年2月10日). オリジナル2013年2月11日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0211-0756-51/sankei.jp.msn.com/affairs/news/130210/crm13021023510025-n1.htm 2013年3月16日閲覧。 
  2. ^ 参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]