美土路昌一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1953年

美土路 昌一(みどろ ますいち、1886年7月16日 - 1973年5月11日)は、日本ジャーナリスト実業家全日本空輸初代社長朝日新聞社社長を歴任したことで知られている。号は春泥。

来歴・人物[編集]

岡山県苫田郡一宮村(現・津山市)に生まれる。津山中学校(現岡山県立津山高等学校)を卒業後、1907年3月に早稲田大学英文科を卒業し、翌1908年1月東京朝日新聞社に入社して社会部員となる。1914年8月に日本が第一次世界大戦に参戦すると、従軍記者として青島攻囲軍に参加。同年12月社会部次長、1918年1月上海特派員、同年11月大阪朝日新聞社に移って社会部員、1919年1月社会部副部長、同年9月ニューヨーク特派員、1921年7月東京朝日新聞社に戻って通信部長、同年11月計画部次長兼務、1923年9月社会部長兼務、翌10月整理部長兼通信部長・編集委員、1925年2月編集局主幹兼整理部長兼論説委員、1930年11月編集総務、1933年12月航空部長兼務と歴任した後、1934年4月編集局長となり、主筆緒方竹虎が対外的に活躍する中、よく編集局内部を守った。1937年には、飯沼正明操縦士、塚越賢爾機関士による「神風号」の訪欧飛行の指揮を執っている。1935年11月取締役1936年5月常務取締役1940年8月編集総長(1941年8月まで)。同じ岡山県出身の陸軍大将宇垣一成側近の一人であった。美土路に京城日報社長への転出を命じた社長村山長挙との対立[1]から1945年4月常務取締役を辞任して顧問(重役待遇)となり、岡山に戻るが、敗戦後、元朝日新聞航空部次長中野勝義とともに、航空関係者の失業救済組織「興民社」を設立し会長となった。1948年公職追放となる[2]

追放解除後の1952年、国内民間航空が再開されると日本ヘリコプター輸送株式会社を設立して社長となり、極東航空と合併して1957年12月全日空の初代社長に就任。その後1961年11月に同郷の元官僚の岡崎嘉平太に社長の座を譲り、同社会長相談役に退いていたが、朝日新聞社の内紛「村山事件1964年11月で朝日新聞社社長となる(1967年7月まで)。

1973年5月11日、86歳で死去。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[編集]

  1. ^ 山本武利『朝日新聞の中国侵略』文藝春秋、2011年、236-239頁
  2. ^ 『朝日新聞』1948年6月8日一面
先代:
村山長挙
朝日新聞社社長
(1964年~1967年)
次代:
広岡知男
先代:
-
全日本空輸社長
初代:1957年 - 1961年
次代:
岡崎嘉平太