青木孝義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青木孝義

青木 孝義(あおき たかよし、1897年1月19日 - 1962年1月14日)は、日本の経済学者政治家経済学博士日本大学教授衆議院議員経済安定本部総務長官

来歴・人物[編集]

現在の愛知県新城市出身。1920年3月、日本大学専門部政治科を卒業。さらに1921年に同大高等専攻科を卒業。その後、日大から派遣されドイツに留学し、ベルリン大学ハイデルベルク大学ゲッティンゲン大学で、金融などを学び経済学博士の学位を取得。帰国後、日本大学の教授、経済学部長、理事を歴任。

戦後、1946年4月の第22回衆議院議員総選挙で愛知第二区に日本自由党 から出馬し初当選。その後、愛知県第5区第23回から第25回衆議院議員総選挙まで3回連続で当選。1953年4月の第26回衆議院議員総選挙には出馬せず引退した。

所属政党では、民主自由党政務調査会長、自由党総務などを務める。また、第1次吉田内閣文部政務次官第3次吉田内閣国務大臣・経済安定本部総務長官・中央経済調査庁長官・物価庁長官に就任。

1962年1月14日死去。

著訳書[編集]

著書
  • 『銀行要論』三友社、1935年。
  • 『貨幣論』日本大学出版部、1936年。
  • 『貨幣経済の理論 - 貨幣本質の理論的研究』巌松堂書店、1941年。
  • 『貨幣論新講』商工行政社、1941年。
訳書
  • ロバート・ヴイルブラント『経済思想史概論』大明堂書店、1926年。
  • グレゴリー・ビイーンシュトック『政界経済入門』邦光堂、1932年。
  • エルンスト・ワーゲマン『貨幣理論』三笠書房、1940年。

親族[編集]

  • 長男 青木顕一郎(日本大学名誉教授)
  • 三男 青木恒春(医師 医学博士 元板橋医師会会長、東京都医師会常任理事)
  • 孫 青木義男(日本大学 理工学部教授)
  • 孫 青木正孝 (著述家 音楽評論家)

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。 ISBN 9784816918056