栗栖赳夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1948年、昭電疑獄を受けて検察庁へ引致される栗栖(眼鏡の人物)

栗栖 赳夫(くるす たけお、1895年明治28年)7月21日[1]1966年昭和41年)5月10日[2])は、昭和期の政治家・銀行家。大蔵大臣経済安定本部総務長官

来歴・人物[編集]

現在の山口県岩国市に生まれる。六高を経て、1921年東京帝国大学法学部政治学科を卒業後[3]日本興業銀行へ入行する。学究肌で、1934年に著書『担保付社債信託法の研究』で法学博士号を授与されている。証券部長、総務部長などを経て、戦後の1945年に理事に昇格、1947年には総裁まで昇りつめた。一方1946年6月19日には貴族院議員に勅選され[4]同和会に所属し1947年(昭和22年)5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]

1947年4月、第1回参議院議員通常選挙に立候補し当選、緑風会に所属する。同年日本社会党民主党国民協同党の三党連立片山内閣が発足するも、蔵相の矢野庄太郎が就任後半月で病気辞任し、民主党総裁の芦田均の要請により後任として蔵相に就任した。その後民主党に入党し、翌1948年 芦田内閣が発足すると、栗栖は経済安定本部総務長官として続けて入閣した。

同年に昭和電工疑獄が発覚し、蔵相時代に復興金融金庫融資委員長として昭和電工から現金を受け取った疑いで9月30日に現役閣僚ながら逮捕される[5]。現役閣僚の訴追には日本国憲法第75条で首相の同意が必要であるが、東京地裁は「訴追は、逮捕・勾留とは関係ない」との判断を下して、栗栖に逮捕令状を交付している。10月2日、経済安定本部総務長官を辞任した。

1953年3月26日には参議院議員を辞職。1962年11月、最高裁で栗栖に懲役8ヶ月、執行猶予1年の刑が確定された。晩年は破産状態だったと伝えられている。1966年5月10日死去した。享年71。

逸話[編集]

事務官として大蔵省に入省した三島由紀夫は文章力を期待され、国民貯蓄振興大会での栗栖の演説原稿を書く仕事を任された。

しかし三島はその冒頭文に、〈…淡谷のり子さんや笠置シズ子さんのたのしいアトラクションの前に、私如きハゲ頭のオヤジがまかり出まして、

御挨拶を申上げるのは野暮の骨頂でありますが…〉と書き、課長に怒られて赤鉛筆でバッサリと削られ読まれることはなかった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 栗栖赳夫コトバンク
  2. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』119頁。
  3. ^ 『日本人物情報大系:憲政編』皓星社、64ページ
  4. ^ 『官報』第5831号、昭和21年6月24日。
  5. ^ 毎日新聞1948年09月30日

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


公職
先代:
和田博雄
日本の旗 経済安定本部総務長官
第5代:1948年
次代:
泉山三六
先代:
矢野庄太郎
日本の旗 大蔵大臣
第52代:1947年 - 1948年
次代:
北村徳太郎
ビジネス
先代:
伊藤謙二
日本興業銀行総裁
第10代 : 1947年
次代:
岸喜二雄