ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旧大講堂
大学内の風景

ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン(ゲオルク・アウグストだいがくゲッティンゲン、ドイツ語: Georg-August-Universität Göttingen略称、GAU)は、ドイツニーダーザクセン州ゲッティンゲンに位置する大学。ドイツに9つあるエクセレントセンターの一つ。ハノーファー選帝侯ゲオルク・アウグスト(英国王としてはジョージ2世)によって1737年に設立された。大学名はこの創設者にちなむものである。ゲッティンゲン大学とも通称する。

校風と歴史[編集]

北ドイツ最大の州であるニーダーザクセン州を代表する大学で、南ドイツの大学がやや保守色が強いのに対して、地理的にもドイツ中央部に位置するためか、革新から中道寄りの校風である。1980年代には緑の党の拠点の一つでもあった。

創設者のゲオルク2世は、ハレ大学を見本とする科学尊重の大学として、この大学を設立したとされる。

法学哲学数学物理学において伝統的に実績を有し、特に数学に関しては19世紀の中頃から20世紀の前半にかけて、フェリックス・クラインダフィット・ヒルベルト、更にはヘルマン・ミンコフスキーをはじめとする多くの有能な数学者が集まり、世界の研究の中心としての役割を果たした。その後もヨーロッパにおける学術拠点としての機能を持ち続けたので、第二次世界大戦中はイギリスとドイツはケンブリッジとゲッティンゲンをお互いに爆撃しないという紳士協定を結んでいた。

ニーダーザクセン州立兼大学図書館ゲッティンゲン
10マルク紙幣の表面(1993年発行)

現在までドイツ最大の45名のノーベル賞受賞者を輩出している。また、大学設立に先立つ1734年に設立された大学図書館は約350万冊の蔵書を誇り、世界に4冊しか現存していないグーテンベルク聖書グリム兄弟の草稿、ヒルベルトの書簡など世界的に貴重な資料を保存している。

1989年から発行されたドイツ連邦共和国のマルク紙幣第4シリーズの10マルク紙幣の表面には、カール・フリードリヒ・ガウスの肖像画の背景に本大学の校舎が描かれていた。

1837年にハノーファー王エルンスト・アウグストの政策に異議を唱えた7人の教授が追放ないし免職となった事件は「ゲッティンゲン七教授事件」(ゲッティンガー・ジーベン)として知られ、大学の自治権の歴史の中で特記すべきものである。7人の教授の中にはグリム兄弟や物理学者ヴィルヘルム・ヴェーバーも含まれ、その後、兄弟はベルリン大学に、ヴェーバーはライプツィヒ大学に移ることになる。その後ヴェーバーは1849年に復職した。

後にこれにちなんで、1960年代末のアメリカ合衆国の大学でベトナム反戦運動の中でリーダー的存在となったトム・ヘイドンアビー・ホフマンジェリー・ルービンらが「シカゴ・セブン」と呼ばれた。

ガチョウ娘リーゼルの像。
花は博士号取得者が贈ったもの

本大学で博士号を取得した人物は(男性も女性も)ゲッティンゲン市庁舎前にあるガチョウ娘リーゼル (Gänseliesel) の銅像にキスを贈るという風習がある。この風習は1926年にこれを禁止する条例が制定されたが、現在では伝統的行事として取り締まりは行われていない。2004年の放火事件によりリーゼル像は大きく破損したが、現在は元の姿に戻っている。

出身者[編集]

上述のヴェーバー、グリム兄弟の他にも、数学ではガウス、ベルンハルト・リーマンクラインの壺で知られるクライン、ヒルベルト、ゲルハルト・ゲンツェンヘルムート・ハッセヘルマン・ワイル、哲学ではエドムント・フッサール、社会学ではヘルムート・プレスナー、物理学ではヴェルナー・ハイゼンベルクマックス・プランク、法学ではルドルフ・フォン・イェーリング、神学ではカール・バルトといった著名な学者がここで教鞭を執った。

また、ロベルト・コッホフリードリヒ・フレーベルアルトゥル・ショーペンハウアーハインリヒ・ハイネ、アメリカの物理学者ロバート・オッペンハイマーアレクサンダー・フォン・フンボルトユルゲン・ハーバーマスなどもこの地で学んだ。数学者のクラインが同大学の教授時代、ヒルベルトを招聘したことでも知られる。

ドイツの有力政治家も数多く輩出している。鉄血宰相オットー・フォン・ビスマルク、第7代連邦首相ゲアハルト・シュレーダー、第6代連邦大統領リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカーも本大学で学問を修めた。

日本人では仁科芳雄本多光太郎高木貞治などが在籍していた。

札幌農学校初代教頭ウィリアム・スミス・クラークもここに留学しており、明治時代の日本人留学生はゲッティンゲンに「月沈原」という漢字を当てた。

主な出身者、教職員一覧[編集]

主な出身者および教鞭を執った人物をアルファベット順に並べています。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]