池田克也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 克也(いけだ かつや、1937年3月9日 - )は、日本政治家。元公明党衆議院議員(4期)。

経歴[編集]

東京都出身。1964年早稲田大学第二政経学部卒。同年潮出版社に入り、月刊誌「潮」編集長を務めた。1972年の第33回衆議院議員総選挙で落選した多田時子に代わり1976年第34回衆議院議員総選挙において東京3区に公明党から衆院議員に当選した。1979年第35回衆議院議員総選挙ではトップ当選したが、1980年第36回衆議院議員総選挙で落選した。1983年第37回衆議院議員総選挙で返り咲き、1986年第38回衆議院議員総選挙で4度目の当選を果たした。1989年5月、リクルート事件で受託収賄容疑で起訴され、議員辞職、同時に離党した。1994年に懲役3年、執行猶予4年の有罪が確定した。

1990年第39回衆議院議員総選挙では公明党は東京3区で井上義久を擁立し議席を守った。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。