ヒューザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ヒューザー
企業形態 非公開会社
その後 破産
設立 1982年
創業者 小嶋進
本社 東京都大田区
主要人物 小嶋進(社長)
サービス 開発業者
売上高 124億円(2004年3月)
従業員数 27(2005年7月)
テンプレートを表示

株式会社ヒューザー(HUSER Corporation)はかつて存在した不動産業者(開発業者)。分譲マンションの開発及び販売を行っていた。開発する分譲マンションの世帯あたりの平均面積が業界最大である事を特徴としていた。

創業者は小嶋進で、破産手続き開始決定まで社長。破産管財人は瀬戸英雄(第一東京弁護士会)。資本金は2億800万円(2005年)、売上高124億円(2004年3月)。

社名ヒューザーは、「Human user Company」(ヒューマン・ユーザー・カンパニー)から5文字を抜き出して名付けられた。

歴史[編集]

1982年に恒和不動産株式会社として設立し、1983年に株式会社マンション流通センターに改称する。1985年、株式会社ハウジングセンターに改称し、2001年、株式会社ヒューザーに改称。

2005年構造計算書偽造問題が発覚し、分譲したマンションの一部について非耐震性が明らかとなる。この直前にダイエーからの西神オリエンタルホテル購入が決定していたが中止。その後、営業停止状態に追い込まれる。

2006年1月31日丸の内パシフィックセンチュリープレイス丸の内の最上階から本社を撤退し、翌日東京都大田区に本社を移転。

偽装物件の確認検査において落ち度は無かったかなどを民間確認検査機関イーホームズと書面による係争が行われていたが、1月30日、18自治体に構造計算書の偽装を見逃したとして計約139億円の損害賠償を求める訴訟を、1月31日にはイーホームズと藤田東吾社長に名誉毀損で計5億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こす。

2006年2月16日に東京地裁はマンション住民の申し立てを容れ、破産手続き開始を決定。2月23日に東京都は宅地建物取引業免許を取り消した。

2011年1月24日東京地裁は破産手続き終結を宣言した(平成23年2月8日 官報号外47項にて公告)

関連項目[編集]