小杉 (新潟市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小杉
小杉の位置(新潟市内)
小杉
小杉
小杉の位置
小杉の位置(新潟県内)
小杉
小杉
小杉の位置
北緯37度52分21.3秒 東経139度9分45.42秒 / 北緯37.872583度 東経139.1626167度 / 37.872583; 139.1626167
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Niigata Prefecture.svg 新潟県
市町村 Flag of Niigata, Niigata.svg 新潟市
江南区(大字の一部、丁目)
北区(大字の一部)
人口
2018年(平成30年)1月31日現在)[1]
 • 合計 758人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
950-0203(江南区)[2]
950-3360(北区)[3]
市外局番 025 (新潟MA)[4]
ナンバープレート 新潟

小杉(こすぎ)は、新潟県新潟市江南区並びに北区町字。現行行政地名は小杉一丁目から小杉五丁目と大字小杉。住居表示は一丁目から五丁目が実施済み区域、大字は江南区、北区共に未実施区域[5]郵便番号は江南区が950-0203[2]、北区が950-3360[3]

概要[編集]

1901年明治34年)から現在までの大字で、阿賀野川の左岸に位置する[6]。江戸時代から1901年(明治34年)まであった小杉村の区域の一部で、地名は小杉郷右衛門の采地となったことで、深田村から改称したことによる[7]

1941年(昭和16年)から1947年昭和22年)にかけて耕地整理を実施。1968年(昭和43年)に農業改善事業の一環として、ライスセンターが設置された[6]

隣接する町字[編集]

北から東回り順に、以下の町字と隣接する。

  • 笹山
  • 蔵岡
  • 横越
  • 横越東町
  • 藤山
  • 平山
  • 松山

阿賀野川を挟んで北区長戸呂、太子堂、大迎、灰塚と隣接。

歴史[編集]

分立した町字[編集]

1889年(明治22年)以後に、以下の町字が分立。

平山(ひらやま)
小杉から分立した町字。

年表[編集]

  • 1901年(明治34年)11月1日 : 合併により横越村の大字となる。
  • 1996年(平成8年)11月1日 : 横越村が町制施行したため、横越町の大字となる。
  • 2005年(平成17年)10月10日 : 合併により新潟市の大字となる。
  • 2007年(平成19年)4月1日 : 新潟市の政令指定都市移行により、江南区、北区の大字となる。

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)1月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字丁目 世帯数 人口
小杉(江南区、北区) 0世帯 0人
小杉一丁目 50世帯 132人
小杉二丁目 49世帯 177人
小杉三丁目 61世帯 190人
小杉四丁目 35世帯 112人
小杉五丁目 43世帯 147人
238世帯 758人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

大字・丁目 番地 小学校 中学校
小杉(江南区、北区) 全域 新潟市立横越小学校 新潟市立横越中学校
小杉一丁目 全域
小杉二丁目 全域
小杉三丁目 全域
小杉四丁目 全域
小杉五丁目 全域

交通[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳人口 (全市・区役所・町名別) - 町名別住民基本台帳人口”. 新潟市 (2018年2月13日). 2018年3月5日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年3月5日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年3月5日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年3月5日閲覧。
  5. ^ 町名一覧表”. 新潟市 (2017年7月20日). 2018年3月5日閲覧。
  6. ^ a b 角川地名15、p.554
  7. ^ 角川地名15、p.553
  8. ^ 通学区域一覧(町名別五十音索引)”. 新潟市 (2017年4月1日). 2018年3月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 編纂委員会『角川日本地名大辞典 15 新潟県』(株)角川書店、1989年10月8日。ISBN 4-04-001150-3

関連項目[編集]