石原洋三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
石原 洋三郎
いしはら ようざぶろう
Yozaburo Ishihara cropped Yozaburo Ishihara and John Roos 20120309.jpg
生年月日 (1973-03-22) 1973年3月22日(45歳)
出生地 日本の旗 福島県福島市
出身校 慶應義塾大学経済学部卒業
前職 明電舎従業員
所属政党民主党→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
みんなの党→)
無所属→)
民進党
称号 経済学士(慶應義塾大学)
親族 井上孝哉(曾祖父)
石原幹市郎(祖父)
石原健太郎(父)
石原信市郎(兄)

選挙区 福島1区
当選回数 1回
在任期間 2009年 - 2012年

当選回数 3回
在任期間 2005年 - 2009年
2015年 -
テンプレートを表示

石原 洋三郎(いしはら ようざぶろう、1973年3月22日 - )は、日本政治家福島県福島市議会議員(3期)。学位経済学士慶應義塾大学)。

衆議院議員(1期)、衆議院東日本大震災復興特別委員会理事などを歴任。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

石原健太郎の三男として、1973年3月誕生。幼少期は酪農業を営む父とともに農場で生活を送る。福島県立福島高等学校在学中には応援団に所属、生徒会の役員などを務めた。慶應義塾大学経済学部在学中は学生寮ですごす。

福島市議会[編集]

卒業後、株式会社明電舎勤務を経て2005年11月の福島市議会議員補欠選挙に民主党公認で立候補。46357票を格闘し初当選。1年半後の福島市議会議員通常選挙においては、元県議会議員・元福島市議会副議長の伴場忠彦の後継者として認知され、福島市政史上最高の8134票を獲得しトップ当選。

福島市議会議員2期目なかばに、党支部並びに党本部からの要請により、民主党福島県第1区総支部長を受ける。

国政へ[編集]

2009年第45回衆議院議員総選挙にて福島1区より出馬、亀岡偉民を破り初当選。民主党は世襲政治家の問題点から、2009年衆院選を前に3親等以内の親族の政治家が選挙区から連続して立候補することを禁止しており、石原は父の石原健太郎と選挙区が同一であるが、2003年の父引退から6年間の空白期間があるため民主党候補として立候補できた。なお、2003年衆院選2005年衆院選は兄の石原信市郎が民主党候補として立候補(2回とも落選)している。


民主党では農林水産委員会に所属。2011年6月2日の衆議院本会議で行われた菅内閣不信任決議案の採決では、党の反対方針に反して棄権した[1][2][3][4]。民主党は6月13日の役員会で厳重注意処分とする方針を決定し[5][6]、6月25日の常任幹事会で正式決定した[7]

2012年消費増税をめぐる政局では、野田内閣による消費増税法案の閣議決定に抗議して広報副委員長の辞表を提出し、4月23日の党役員会で受理された[8]。6月26日の衆議院本会議で行われた消費増税法案の採決では、党の賛成方針に反して反対票を投じた[9][10]。7月2日には山岡賢次らを介して離党届が提出された[11][12][13]。民主党は7月3日の常任幹事会で離党届を受理せず除籍処分とする方針を決定し[14][15][16][17][18]、7月9日の常任幹事会で正式決定した[19][20][21]

同年7月11日、国民の生活が第一結党に参加した[22]。同年8月、国民の生活が第一が福島県総支部連合会を発足させると、その幹事長に就任した[23]。12月16日の第46回衆議院議員総選挙では日本未来の党公認で出馬するも落選。

衆議院選挙落選後[編集]

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙にて、福島1区公認候補としてみんなの党より内定が出ていた。しかしみんなの党が解党。石原は参議院福島県選挙区で落選し福島1区で出馬予定の民主党金子恵美支援を表明、立候補を見送った[24]

2015年7月12日投開票の福島市議会議員選挙に無所属で立候補し、7389票を獲得しトップ当選[25]。その後、民進党に入党(復党)[26]

主な著書[編集]

  • 石那坂 平成29年8月(国立国会図書館で検索可)

家族・親族[編集]

父である石原健太郎は、衆議院議員参議院議員などを務めた。母は福島市更生保護婦人会会長などを務めた。

略歴[編集]

  • 福島市立荒井小学校卒業
  • 福島市立西信中学校卒業
  • 福島県立福島高等学校卒業
  • 慶應義塾大学経済学部卒業
  • 株式会社明電舎
  • 福島市議会議員
  • 民主党福島県第1区総支部総支部長

選挙歴[編集]

  • 2005年11月 - 福島市議会議員補欠選挙 46,357票 トップ当選
  • 2007年4月 - 福島市議会議員通常選挙  8,134票 トップ当選 
  • 2009年8月 - 第45回衆議院議員総選挙 156,060票 当選
  • 2012年12月 - 第46回衆議院議員総選挙 50,141票 落選
  • 2015年7月 - 福島市議会議員通常選挙  7,389票 トップ当選

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “【内閣不信任案】賛成2人、欠席・棄権は小沢氏ら17人 民主・与党系無所属議員”. 産経新聞. (2011年6月2日). オリジナル2011年6月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110604185138/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110602/plc11060217490030-n1.htm 
  2. ^ “欠席や棄権等、田中真紀子・三宅雪子氏ら15人”. 読売新聞. (2011年6月2日). オリジナル2011年6月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110606092014/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110602-00000845-yom-pol 
  3. ^ “民主から賛成は松木・横粂氏、棄権は15人 不信任案”. 朝日新聞. (2011年6月2日). オリジナル2011年6月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110603215801/http://www.asahi.com/politics/update/0602/TKY201106020451.html 
  4. ^ “内閣不信任案:賛成、欠席・棄権した民主党議員”. 毎日新聞. (2011年6月2日). オリジナル2011年6月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110603064747/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110603k0000m010083000c.html 
  5. ^ “民主党:小沢元代表ら8人に党員資格停止3カ月”. 毎日新聞. (2011年6月13日). オリジナル2011年6月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110615074251/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110614k0000m010068000c.html 
  6. ^ “小沢氏も党員資格停止3カ月 不信任欠席で民主・役員会”. 産経新聞. (2011年6月14日). オリジナル2011年6月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110617172814/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110614/stt11061408040004-n1.htm 
  7. ^ “小沢氏は「おとがめなし」 民主、造反議員を処分”. 朝日新聞. (2011年6月24日). オリジナル2011年6月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110624222956/http://www.asahi.com/politics/update/0624/TKY201106240610.html 
  8. ^ “<民主党>「小沢系」の辞表受理”. 毎日新聞. (2012年4月23日). オリジナル2012年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120426085016/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000110-mai-pol 
  9. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  10. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  11. ^ “【民主分裂】谷亮子氏、姫井由美子氏、青木愛氏…山岡賢次民主副代表提出の離党届議員 一部は離党否定”. 産経新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120702121257/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120702/stt12070213160009-n1.htm 
  12. ^ “<民主分裂>小沢元代表ら50人離党届 階、辻氏は離党せず”. 毎日新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704082643/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000030-mai-pol 
  13. ^ “離党届を提出した衆参議員一覧…小沢ガールズも”. 読売新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705002041/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000620-yom-pol 
  14. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  15. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  16. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  17. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  18. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナル2013年4月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/FdGKU 
  19. ^ “鳩山氏は資格停止3カ月=小沢氏らの除籍決定―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120712005450/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000114-jij-pol 
  20. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 
  21. ^ “民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年8月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120807002014/http://mainichi.jp/select/news/20120710k0000m010062000c.html 
  22. ^ 新党の参加議員 - 時事ドットコム 2012年7月11日
  23. ^ 「小沢新党が福島県連設立、代表に太田和美議員」『小沢新党が福島県連設立、代表に太田和美議員 : 衆院選 : 選挙 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)読売新聞2012年8月28日
  24. ^ <衆院選>反自民再結集、福島1区構図激変河北新報2015年7月13日閲覧
  25. ^ 福島市議選は定数9上回る激戦 新議員35人決定福島民友2015年7月13日閲覧
  26. ^ “石原 洋三郎 - 民進党” (プレスリリース), 民進党, (2016年3月27日), https://www.minshin.or.jp/member/2692/%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E6%B4%8B%E4%B8%89%E9%83%8E 2018年3月24日閲覧。 

関連項目[編集]