国民の生活が第一国会議員一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国民の生活が第一 > 国民の生活が第一国会議員一覧

国民の生活が第一国会議員一覧(こくみんのせいかつがだいいちこっかいぎいんいちらん)は、2012年11月27日に国民の生活が第一が解党して日本未来の党への合流を決定した時点で同党に所属していた国会議員の一覧である。院内会派の所属議員を含む。衆議院議員48名、参議院議員12名の計60名だった[1]

北海道ブロック[編集]

北海道(空白区)

東北ブロック[編集]

青森県(衆2/参1)
小選挙区 横山北斗1区
比例区 中野渡詔子2区
選挙区 平山幸司(2007年)
岩手県(衆3/参2)
小選挙区 畑浩治2区 小沢一郎4区
比例区 菊池長右ェ門
選挙区 主濱了(2010年)
比例区 藤原良信(2007年)
宮城県(衆1/参0)
小選挙区 斎藤恭紀2区
秋田県 (衆2/参0)
小選挙区 京野公子3区
比例区 高松和夫
山形県(空白区)
福島県(衆2/参0)
小選挙区 石原洋三郎1区 太田和美2区

北関東ブロック[編集]

茨城県(衆1/参0)
比例区 石井章
栃木県(衆1/参0)
小選挙区 山岡賢次4区
群馬県(衆1/参0)
比例区 三宅雪子4区
埼玉県(衆2/参0)
小選挙区 小宮山泰子7区 松崎哲久10区

南関東ブロック[編集]

千葉県(衆6/参0)
小選挙区 黒田雄2区 岡島一正3区 内山晃7区
比例区 石田三示 金子健一11区 中後淳12区
神奈川県(衆3/参0)
小選挙区 岡本英子3区 樋高剛18区
比例区 相原史乃
山梨県(空白区)

東京ブロック[編集]

東京都(衆6/参1)
小選挙区 木内孝胤9区 青木愛12区 木村剛司14区 東祥三15区
比例区 川島智太郎 渡辺浩一郎
比例区 谷亮子(2010年)

北陸信越ブロック[編集]

新潟県(衆0/参1)
選挙区 森ゆうこ(2007年)
富山県 (衆0/参1)
比例区 広野允士(2007年)
石川県(空白区)
福井県(空白区)
長野県(衆1/参0)
小選挙区 加藤学5区

東海ブロック[編集]

岐阜県(衆1/参0)
比例区 笠原多見子
静岡県(衆1/参0)
比例区 小林正枝
愛知県(衆3/参0)
小選挙区 牧義夫4区 鈴木克昌14区
比例区 大山昌宏
三重県(衆1/参0)
比例区 三輪信昭

近畿ブロック[編集]

滋賀県(空白区)
京都府(衆1/参0)
比例区 豊田潤多郎
大阪府(衆6/参0)
小選挙区 萩原仁2区 村上史好6区 大谷啓15区 中川治18区
比例区 熊谷貞俊 渡辺義彦
兵庫県(空白区)
奈良県(衆0/参1)
選挙区 中村哲治(2007年)
和歌山県(空白区)

中国ブロック[編集]

鳥取県(空白区)
島根県(空白区)
岡山県(衆0/参2)
選挙区 姫井由美子(2007年)
比例区 はたともこ(2007年)
広島県(衆1/参1)
比例区 菅川洋1区
選挙区 佐藤公治(2007年)
山口県(空白区)

四国ブロック[編集]

徳島県(空白区)
香川県(空白区)
愛媛県(衆0/参1)
選挙区 友近聡朗(2007年)
高知県(空白区)

九州ブロック[編集]

福岡県(衆1/参0)
小選挙区 古賀敬章4区
佐賀県(空白区)
長崎県(空白区)
熊本県(衆1/参0)
小選挙区 福嶋健一郎2区
大分県(空白区)
宮崎県(衆0/参1)
選挙区 外山斎(2007年)
鹿児島県(空白区)
沖縄県(衆1/参0)
小選挙区 玉城デニー3区

院内会派に所属している国会議員[編集]

衆議院議員[編集]

無所属議員[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新党の参加議員 Archived 2012年12月4日, at Archive.is - 時事ドットコム 2012年7月11日