新井正則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新井 正則(あらい まさのり、1955年9月16日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(当選1回)。埼玉県所沢市出身。

概要[編集]

祖父は初代所沢市長の新井万平所沢市立富岡小学校桐朋中学校・高等学校カリフォルニア大学バークレー校語学留学を経て日本大学文理学部を卒業。1980年から1990年まで西武百貨店に勤務。

1991年所沢市議会議員選挙で初当選。1996年2000年衆議院議員総選挙自由民主党公認で立候補したが落選。2003年総選挙で初当選したが、直後に所沢市議会議員による買収疑惑が浮上。12月29日公職選挙法違反容疑で逮捕され、2004年1月15日に起訴された。他にも所沢市議ら9人も合わせて起訴された。

同年1月19日に議員を辞職。3月16日、元公設秘書の裁判で懲役2年・執行猶予5年の判決が言い渡され、控訴せず刑が確定したことに伴い連座制が起用され、埼玉県第8区からの5年間立候補禁止が確定。新井本人に対しては6月3日さいたま地裁で懲役3年・執行猶予5年、追徴金220万円の判決が言い渡された[1]。自民党からは除名された。

脚注[編集]

  1. ^ “新井正則元衆院議員に有罪 地裁「自ら主導し買収」”. 共同通信社. (2004年6月3日). http://www.47news.jp/CN/200406/CN2004060301001687.html 2010年10月8日閲覧。 

関連項目[編集]