永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会(えいじゅうがいこくじんのちほうさんせいけんをしんちょうにかんがえるべんきょうかい)とは、永住外国人への地方選挙権付与に反対する民主党保守国会議員による勉強会。 2008年1月30日に結成された。現在は民進党希望の党から構成されている。代表世話人は渡部恒三

概要[編集]

民主党は、永住外国人に地方選挙権を付与する法案(外国人参政権法案)1998年2000年に提出していたが、いずれも廃案となっていた。民主党は、党員資格に国籍条件を必要としておらず、外国人参政権推進を党のインデックスに加えているものの、第45回衆議院議員総選挙の際に出した民主党Manifesto2009では外国人参政権に全く触れていなかった。外国人参政権については民主党内にも反対意見が多い。 2012年12月の第46回衆議院議員総選挙2013年7月の第23回参議院議員通常選挙での民主党の惨敗により、参加者は大幅に減少した。しかし、2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では吉田は落選したが、岡本・吉良・牧の3人は返り咲き、水戸は衆院初当選を果たし政界復帰した。

参加議員一覧[編集]

参加していた元議員[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]